July 12, 2004

The Railroad Song

The Fiestas/
「Old Town」というレーベルからでています。
曲の作りはおもいっきり60年代。
The Fiestasらしい感じは無くてオールディーズですね。
the_railroad_song.jpg

| | Comments (0)

July 11, 2004

I Can't Shake Your love

The Fiestas/
1975年の作品。のびのびとした歌いっぷりが気持ちよく感じます。
実力は2流でしょうが、それだけで無い何かが有るグループです。
この後もLPなんかを出すくらいですからそうでしょう。

| | Comments (0)

July 10, 2004

In My Opinion

The Vandals/
レーベルが「T Neck」ってことは、The Isley Brothersと同じ。
プロデューサーはThe Isley Brothersの面々がつとめています。
R.Isley、O.Isley & R.Isleyですね。
曲はThe Isley Brothersの「3+3」以降の音でなく、
昔のタイプになっています。
要はコーラスグループっぽい感じ。
裏面は「Part Ⅱ」になっています。
in_my_opinion.jpg

| | Comments (0)

July 01, 2004

We Got Love

Theatrics/
このグループはあのドラマティックスの片割れだった様な記憶がありますが、カッコイイんですが、致命的な弱点が..........
音がひどすぎます、カートリッジ替えてみちゃったじゃないですか。
そういえば、全部のレコードがそうだったような。
最近のCDしかきいたことが無い人だったら絶対に聞けません。
曲自体はDoramatic Experlence(綴りに自信なし)の頃の
Dramaticsの音ですね。とっても良い。

| | Comments (0)

June 30, 2004

Hey There Lonely Girl

Flakes/
かなり多くのアーチストがレコーディングしてますが、
1980年頃の曲はどれもレベル高いですね。
Eddie Hollmanのオリジナルの完成度が高いので
どれも同じ様なアレンジなんですが、演奏が良いのは七難隠す(?)
現在「iTune」に入っているのは、
Eddie Hollman
New Edition
Flakes
の3曲です。
Flakesの場合は、リードボーカルが旨く歌っていますが、
インパクトはちょっと無いかな?
後半のギターの演奏がなかなか良いものです。

| | Comments (2)

June 29, 2004

Every Thing Coming Up Love

Richmondo Extention/
Polydorの前の「Silver Blue」時代の曲です。
B面は「Girls Were Made To Love」
1974年。
古き良き時代のフィラデルフィア・サウンドなになっています。
両面ともに素晴らしい出来です。
よりグループらしいコーラスが聞けます。
やっぱり演奏が表に出たら良くないですよ。
(基本的な話で、たまに良い場合があるから難しい)

| | Comments (0)

June 26, 2004

Let's Get Into Something

Richmondo Extention/
良くも悪くもVan Macoyのサウンドです。
1975年ということですからVan Macoyが売れてきたときか?
アレンジとプロデュースをしてますから当然それっぽい音になっています。
1枚は裏表同じ曲。もう一枚は片面が「She's Every thing I Need」になっています。
Polydorから出ていますが、74年頃は「Silver Blue」からレコードを出しています。
同じVan Macoyが関わっていますが、「Silver Blue」時代の方が間違いなく良いと思います。
ちなみに録音状態は(?)良く有りません。
レコードが曲がった時の様にフワフワした様な音になっています(ワザと?)

| | Comments (0)

June 05, 2004

I Dare You

The Temprees/
1976年の作品。
古くからのグループで全盛期を過ぎた頃です。
甘茶ソウル大辞典によると、
「一時代を築いた彼らが最後に一花咲かせようともがき苦しむ断末魔.........」
元々ファルセットのグループだとか、
LPは一枚持っていましたがほとんど聞いてないな〜。
バリトンのリードですが悪くはないです。

| | Comments (0)

June 03, 2004

Go Right On

The Three Reasons/
レーベルは「Carnival」。
マニアには有名なレーベルだったはず。
いや〜、思い出せないよ。
曲はミディアムテンポで、チョッと軽め。
楽に聞けます。
go_right_on.jpg

| | Comments (2)

June 01, 2004

Sugar Forsted Love

First Of January/
Google曰く、「選択された言語のページからは該当するページが見つかりませんでした」だそうで。
案外、貴重かも?
曲は1973年の作品。
タイトルにシュガーって有りますが、本当に甘〜い曲です。
プロデューサーがPatrick Adamsですよ。
こりゃ〜悪い分けないですよ。
Patrick Adamsだったら、買っといて間違いないですね。
sugar_forted_love.jpg

| | Comments (2)