« April 2010 | Main | June 2010 »

May 31, 2010

Heartbreaker/Dionne Warwick

Dionne_warwickheartbreaker1982年のアルバム。
ハードオフで105円。
ソウルファンにとってはちょっと頂けない人ですが、そこは流石にヒット曲が入ってるのでこの価格だったらおいしいところ。
結局、予想通りの内容でした。(笑)
正直云って初期のヒット曲辺りはベストものCDで押さえておきたいところです、どこかに転がってないかしら。

Continue reading "Heartbreaker/Dionne Warwick"

| | Comments (0)

May 30, 2010

我が家のハーブ-1

いよいよシリーズ化。(笑)
*フェンネル
写真はちょいボケ。既に実になってるので分かりにくいかも。
別名「ウイキョウ」
Photo

Continue reading "我が家のハーブ-1"

| | Comments (2)

May 29, 2010

稚アユ1600キロ臨時放流

今朝の中日新聞記事から
1


2
独立行政法人水資源機構.....分かってらっしゃらない?
今年の遡上より、昨年どれだけ河口堰を超えて下ったかだと思いますけど。

| | Comments (2)

ハーブ園って訳でもないですが

1005292
ハーブ園って訳でもないですが、我が家にはかなりの種類のハーブがあります。
ところが管理はすべておばあさまに丸投げ状態。(^^;
どこに何が植わっているかはまるっきり分からない。
と云う訳ですから以前から思ってはいたのですがそろそろ管理も引き継がねばなりません。
覚える為の一歩として写真をとろうかなと.....
まずは東岡崎のソウルバーDr.Smithオーナーが記事にしてらしたミント

Continue reading "ハーブ園って訳でもないですが"

| | Comments (0)

And I Love You/Toni Braxton

Toni_braxtonmore_than_a_woman2002年のCD。
ブックオフで250円。
SOUL FOOD, SOUL LIFEさんとこに、「1993年のデビュー以来『Toni Braxton』『The Secrets』『The Heat』という3枚のアルバムで、あまりにもR&B界において功績を残したのは事実。まっ、このアルバム以降は、落ち着いちゃったというか、失速しちゃったという印象は否めない」とありますが.....
このCDを聞くと確かに失速しちゃってると思いますね〜。

Continue reading "And I Love You/Toni Braxton"

| | Comments (2)

May 27, 2010

Just for the Night/Sheba Potts-Wright

Sheba_pottswrightbig_hand_man2006年のCD。
「Dr.Smith New Birth Night 4/7」でkondo@岡崎さんから頂いた一枚、kondoさんありがとうございます。
Sheba Potts-Wrightは既に5枚程CDを出してる様ですから既に中堅クラス?
そんなんで流石に隙がない、安定感とかだと最近ヒットを連発してる面々(Karen Wolfeとか...)よりも上じゃないかな。しかし、ポップさ辺りがちょっぴり不十分で残念。平均点は高くても印象に残らないタイプかな〜。
ジャケットからするとBlackpantherさんが取り上げて見えた「I Need A Cowboy To Ride My Pony 」が気になる。(笑)

Continue reading "Just for the Night/Sheba Potts-Wright"

| | Comments (2)

May 25, 2010

That's The Way (I Like It)/KC and The Sunshine Band

Kc_and_the_sunshine_band1975年のアルバム。
U.S.BlackDiskGuide#177、HF堂のセールで680円。
これ以前同じようなジャケットのと間違えた奴。(笑)
どれもこれも金太郎飴のお気軽サウンドですがこれで文句無しですなぁ〜。

Continue reading "That's The Way (I Like It)/KC and The Sunshine Band"

| | Comments (2)

May 24, 2010

上京

Ebisu5/22~5/23と二日間上京しておりました。とは云っても出かけたのは昼過ぎから、例によってボクチンが起きないものだから送ってもらったのは二者懇談のある塾まで.....

Continue reading "上京"

| | Comments (2)

May 23, 2010

Freaks of the Industry/Digital Underground

Hot_black_hits1990年のCD。
U.S.BlackDiskGuide#799。ハードオフで105円。
このCD実は「Hot Black Hits」と云うコンピを買ったつもりなんだが中身はU.S.BlackDiskGuide#799のDigital Underground「Sex Packets」だったと云う、得したのか損したのか?

Continue reading "Freaks of the Industry/Digital Underground"

| | Comments (0)

May 21, 2010

Deepa/Troop

Troopdeepa1992年のCD。
HF堂の250円棚?から。
前作「Attitude」がU.S.BlackDiskGuideの選ばれてたグループですが今回もなかなかの出来(以下のコメントは厳しめかもしれませんが)
これはって曲は無いのですがダメってほどの曲も無い。ただ途中からどんどんマイケル・ジャクソンっぽい感じになってくるのが.....

Continue reading "Deepa/Troop"

| | Comments (4)

May 19, 2010

I'm Gonna Hang My Head And Cry/Darrell Banks

Darrell_banksdarrell_banks_is_here1967年のアルバム。
U.S.BlackDiskGuide#056、HF堂のセールで680円。
正直云って60年代のサウンドはちょっとキツイ。だから70年代からどっぷりハマったとも云えるんだけど。
そんな60年代の中で好みなのがアーサー・コンレイのようなタイプ。ジャケット写真からするともっとシャウトしてるかと思ったらさにあらず、結構好みでした。

Continue reading "I'm Gonna Hang My Head And Cry/Darrell Banks"

| | Comments (2)

May 17, 2010

Rhythm Country and Blues

Rhythm_country_and_blues1994年のコンピ。
HF堂の250円棚?から。
どうやらソウルとカントリーがガチンコ勝負?
って勝負にならないな〜。だって本音と偽善が勝負したって無理っしょ。
ところが.....

Continue reading "Rhythm Country and Blues"

| | Comments (2)

May 15, 2010

You Got Away With Love/Percy Sledge

Percy_sledgeblue_night1994年のCD。
HF堂の250円棚?から。買った時はベスト盤かなんかだと思ってたら新録だったみたい。
Percy Sledgeは「When A Man Loves A Woman」は別格として、一番記憶に残ってるのはDJ&評論家の八木誠氏がFM番組でかけた「Take Time To Know Her」、これは72年頃かなぁ〜。アルバムが68年ですから結構新しい曲をかけてたのね。
肝心のこのアルバム、後半の方はそんな60年代後半を思わせます。けど気に入ったのは前半の新しめの曲だった。

Continue reading "You Got Away With Love/Percy Sledge"

| | Comments (0)

May 13, 2010

Don't Let the Green Grass Fool You/Spinners

Spinnersspinners1972年のアルバム。
U.S.BlackDiskGuide#265、HF堂のセールで680円。
とにかくヒット曲のオンパレード、それも知った曲ばかりで急いで買う理由は無かった。それで今更。
ところがもう少しバランス良く曲が配置されてるかと思いきやB面に集中ってことが一番驚いた。今回の一押しは決めあぐねて結局「Don't Let the Green Grass Fool You」。(笑)

Continue reading "Don't Let the Green Grass Fool You/Spinners"

| | Comments (0)

May 11, 2010

Finally/Eternal

Eternalbefore_the_rain1997年のCD。
ゲオで100円。チェックしてみたらジャケ違いでほぼ同じ物を持ってるじゃないですか(泣)でもこれどうなってるの?
以前の記事はこちら

Continue reading "Finally/Eternal"

| | Comments (0)

May 09, 2010

Another Lover /Pasadenas

Pasadenaselevate1990年のCD。
U.S.BlackDiskGuide#837、ゲオのセールで100円。
1988年の「To Whom It May Concern」がなかなか良かっただけに期待したのだが...曲が多過ぎ。これはマイナス評価だ。(笑)
前回はさほど感じなかったんだが、コーラス・グループやボーカル・グループよりボーカル・ユニットと云った印象を受けた、実際のところはどうなの?

Continue reading "Another Lover /Pasadenas"

| | Comments (4)

May 07, 2010

You've Got the Flavor/James "J.T." Taylor

James_22jt22_taylorbaby_im_back1993年の日本盤CD。
ライナーに依るとKool & The Gangのオーディションで選ばれて「Ladies Night」から参加。88年初めからソロ活動を始めたとの事。
経歴から想像出来る様に安心して聞いてられます。

Continue reading "You've Got the Flavor/James "J.T." Taylor"

| | Comments (0)

May 05, 2010

Rock and Roller Coaster/Linda Lewis

Linda_lewisrock_and_roller_coaster連休恒例の特集の2曲目、これがラストです。
ソウルシンガーとしてはそれなりの評価が有る様に思いますが、最初にこんなの聞いたらどうしても拒否感が.....
「Rock and Roller Coaster」
ソウルシンガーと云いながらこの声と歌いっぷりはジャクソン・ファイブのマイケルを若くしてハチャメチャにした感じ。しかしこの高音はなぁ〜。
「The Seaside Song」
良く分からないんだけどミュージカルっぽい印象を受けた。どこにもソウルの雰囲気は受けないんだが....

YouTubeはここ

Linda Lewisのディスコグラフィ

| | Comments (4)

I Don't Want to Cry/Eddie Floyd

Eddie_floydknock_on_wood1967年のアルバム。
U.S.BlackDiskGuide#087、HF堂のセールで680円。
うちのiTunesでは4曲目(4回目?)なのが「Knock on Wood」、やっぱりって感じですね〜。

Continue reading "I Don't Want to Cry/Eddie Floyd"

| | Comments (0)

May 04, 2010

Home Alone/Bell Biv DeVoe

Bell_biv_devoebbd2001年のCD。
ニュー・エディションからソロ組を除いた残党、三人組。
一作目はU.S.BlackDiskGuide#884に選ばれているが二作目は以前記事にも取り上げてるが散々な出来。それに比べるとこの三作目はだいぶ良くなってる。
今回何が一番嬉しいかと云うと日本盤で解説が有った事、だってしばらく聞いてなかった辺りの動向が掴めたから。(と、書いておけば今後引っ張りだせるかな)

Continue reading "Home Alone/Bell Biv DeVoe"

| | Comments (2)

May 03, 2010

畑仕事も一段落

ゴールデンウィークに入ってから連日畑仕事をしてましたがやっと一段落。
今回は畑仕事の内容を必殺箇条書き。

Continue reading "畑仕事も一段落"

| | Comments (2)

イッツ・トゥ・レイト/キャロル・キング

Carole_kingits_too_late連休恒例の特集の2曲目。
あまりに有名な「イッツ・トゥ・レイト/It's Too Late」の日本盤。
これも1971年ってことで、この頃はまだシンガー&ソングライターも聞けたんだとしみじみ思う。
なんたって当時はまだ歌詞に興味を持って聞いてたからこの分かり易い曲が気に入ったのも良く分かる。ディラン絡みで詩人にも興味が有ったほどだから。
ほどなくして詩やシンガー&ソングライターは聞かなくなった、今になってみると理由が良く分かる。
裏面は「ウィル・ユー・ラブ・ミー・トゥモロー/Will You Love Me Tomorrow?」
オリジナルは「I Feel the Earth Move」だが61年のシュレルズのNo.1ヒット、この曲キャロル・キングとジェリー・ゴーフィンの作品、そんなところからの選曲でしょう。

| | Comments (2)

May 02, 2010

タイム・アンド・ラブ/バーバラ・ストライザンド

連休恒例の特集ってことで
よしひき@ソウル芝田(町)さんがディオンヌ・ワーウィックを取り上げてられる事から女性ものの日本盤シングルを蔵出し.....とは云うもののたった3枚、多分これで終了かと。

Barbra_streisandtime_and_love一枚目はバーバラ・ストライザンドの「タイム・アンド・ラブ」1971年の作品。
裏面は「ノー・イージー・ウェイ・ダウン」。当時アメリカのチャートで大ヒットした曲の次だったかな? 前作がそんなだから飛びついた....結果はもう一つって所でした。(笑)
「Time And Love」
曲はローラ・ニーロの作品でフィフス・ディメンションも歌ってるとか。悪くは無いんだけどヒット狙いにはちょっとまともすぎるかと....まぁ自分には合わないと判断した。
「No Easy Way Down」
こちらの方がバーバラ・ストライザンドらしい歌いっぷりかな。曲はキャロルキングの作品との事。

YouTubeでLaura Nyro版を発見、バーバラ・ストライザンドの方が落ち着いてて好きかな。

| | Comments (2)

May 01, 2010

How Many Licks?/Lil' Kim

Lil_kimhow_many_licks2000年の12インチ。
ハードオフで50円。
rateyourmusicによるとPuff Daddy & the Familyのメンバー。アレッ、女性って居たかな?甘茶ソウル百科事典にも出てる訳で試しに買ってみた。

Continue reading "How Many Licks?/Lil' Kim"

| | Comments (2)

« April 2010 | Main | June 2010 »