« Love Bizarre/Sheila E. | Main | 後一年 »

February 27, 2010

Hunger/Vesta Williams

Vesta_williamsvesta_4_u1988年のCD。
U.S.BlackDiskGuide#643。解説に依るとチャカ・カーンのバックで歌っていたとか.....なるほどそれらしい歌い方です。1〜5がAttala Zane Giles、6〜8がDavid Crawford、9〜10がTena Clarkのプロデュース。U.S.BlackDiskGuideではAttala Zane Gilesの評価が高い様ですが私はDavid Crawfordのプロデュースも好きです。

01/Here/Say
男女のやり取りから始まりますが何云ってるのかさっぱり....歌の方は結構ハードな歌いっぷり。
02/All On You
出だしのラララ...でしょう。
03/4 U
こちらは出だしの子供の声でしょう。リズムの聴いたナンバー。
04/Sweet, Sweet Love - Vesta Williams & Gerald Albright
Gerald Albrightってどこ?
05/How You Feel
かなりダンサブルなナンバー。
06/Best I Ever Had
ギターの音が古くて良い(笑)
07/Hunger
これが意外に良い。
08/Congratulations
ホイットニー・ヒューストン辺りの雰囲気。
09/Running Into Memories
曲の性か白っぽく感じてしまう。
10/Make It With You
この曲自体は好きなんだけど黒人がやる必要があるのか? まぁ、このアルバムを象徴しているとは云えますけど。

Vesta Williamsのディスコグラフィ

|

« Love Bizarre/Sheila E. | Main | 後一年 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Love Bizarre/Sheila E. | Main | 後一年 »