« Chicago Sound Vol.II | Main | Secret Wish/Right Choice »

November 11, 2009

Good Times/Rosie Gaines

Rosie_gainescaring1985年のアルバム。
U.S.BlackDiskGuide#646。「中古レコード・CD市 名古屋ミーティング2009」で525円。
スキマFUNKさんの記事のようにプリンスとセットで語られる事が多いらしい。U.S.BlackDiskGuideでも前半はプリンス関係に言及がある。そして内容について触れられた後半にはうなずく事が多い。やっぱりU.S.BlackDiskGuideはソウルファンは必携ですね。
個人的には技の面白さに目がいきます。
面白いのは4、1、6、7って所ですね。


Good Times - Rosie Gaines

1/Dance All Night Long
所謂打ち込み系の音になってて微妙。ただしその割には落ち着いたところを感じる。後半は面白い。結局、楽器のマネしてるのか?
2/I've Gone Too Far
ムードのあるスロー。落ち着いた歌い方が印象的。
3/Skool-Ology
アップテンポのナンバー。この時代らしいファンク系で途中のサックスのソロがイカしてます。
4/Caring
これもスロー。コーラスが入る辺りが最高です。
5/Frustration
これはリズムだよな。
6/Wake Up
リズムがどこかレゲエ調でボーカルはジャズ。でもこれが妙に良い。面白い人ですね〜。
7/Good Times
ここでもフュジョン系のボーカルを聞かせますがこれも面白い。
8/What Are Coming To
これはロック調。出来は残念。
9/Innocent Girl
アップテンポのナンバー。ロック系のギターが目立つけど出来は普通かな。

Rosie Gainesのディスコグラフィ

|

« Chicago Sound Vol.II | Main | Secret Wish/Right Choice »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Chicago Sound Vol.II | Main | Secret Wish/Right Choice »