« March 2009 | Main | May 2009 »

April 29, 2009

キャベツにアリ

ここ数年ゴールデンウィークの始めにスイカの苗を買いにいってましたので今年は今日行ってきました。(今年はいつからゴールデンウィークなの?)
ボクチンを予備校に放り込んでそのあと苗屋さんへ。
その後スーパーに寄ってから畑へ。
同行したおばあ様が枯れたキャベツの根元を掘って原因はアリの性だと判明、家にある薬を使う様指示を受けました。見る前はネキリムシ(?)かとも云ってましたけど....どちらにしても素人にはよくわかりません。(^^;
とりあえず記事にしておけば後でなんとかなるかも?

どさくさにまぎれて告知、
このゴールデンウィーク2〜6日は懲りもせず特別企画の予定。
ここをご覧の皆様に置かれましては十分連休を楽しまれ、
この企画はサラッと流していただくのが良いかと思います。(^^;

追加
午後から再度お出かけ。
ホームセンターに行くも空振り、残念。
そのあとブックオフへ。2軒目は半額セールの実施中も見るべきもの無し。
3軒目で「Ingram Family」500円でゲット、この値段なら良いんでない?

| | Comments (0)

Can't Get Enough/Sharp

Sharpsharp1989年のCD。
U.S.BlackDiskGuide#440。
ず〜と前(当時)に購入してましたが、まだ記事にしてませんでした。
どうやらファンクバンドらしいのですがリードや演奏はまずまずでこの手のグループにしては圧倒的なのがコーラス。曲もそれぞれ合格点ですが目玉が1〜2曲有れば完全に名盤クラス。
問題はジャケットかな? ちょっと地味過ぎ。

Continue reading "Can't Get Enough/Sharp"

| | Comments (2)

April 27, 2009

Think It Over/The Delfonics

The_delfonicsthink_it_over1972年のシングル盤。
「Alive & Kicking」と「Tell Me This Is A Dream」に入ってますがおそらくアルバム「Alive & Kicking」に先駆けて「Think It Over」をシングルとして出したんじゃないかな。で、裏面は前のアルバム「Tell Me This Is A Dream」からのカットで形にしたって感じ。
「Think It Over」
シングル盤とアルバムバージョンでは曲の長さが違いますね。さてさて、何処が違うんだろう。しかし、こう云ったのは苦手、ついつい曲にのめり込んで気がついたら終わってるので何回も聞かなきゃならない。で、いつも途中で疲れて終わり.....
「I'm A Man」
こちらはスリリングな所が好きです。

Continue reading "Think It Over/The Delfonics"

| | Comments (0)

April 26, 2009

お勧めソフト「DropFix」

ブログに付き物が写真だけどこれが以外に厄介だ。

Dropfix200Wiki(Golden Age Of Soul Music)では基本的にリンク先のブログから拝借してる。
「#ref(画像のURL,100)」などとすると一定のサイズにしてくれる。
(数字の部分でサイズを調整)
これがバックアップに使用しているPukiWikiではそう云った機能が無いようなので(知らないだけかも)Macファンにはおなじみのグラフィックコンバーターで55KB位に縮小していた。これがかなり面倒。
それでいろいろ探してみて「DropFix」を導入した。
設定でサイズをピクセル>119X119、ファイル名の末尾に「#」を追加して後は画像を「DropFix」のアイコンにドラッグ&ドロップするだけ。後は「ファイル名+#」を変更するだけ。
これだけで大変楽する事が出来ました、感謝。

ホームページは以下
http://san-diego.sakura.ne.jp/dropfix_latest.html
ちなみにフリーソフトです。

あと、トップページは軽めにする為にimeem等は基本的に詳細ページに載せてあります。
トップページしか見てない方もぜひ「Continue reading.....」をご覧ください。

| | Comments (0)

April 25, 2009

Dial The Love Man(634-5789)/Xavier

Xavierpoint_of_pleasure1982年のアルバム。
U.S.BlackDiskGuide#491。某所で500円、これは当たりかな。
U.S.BlackDiskGuideによると「ハッシュプロダクションの中核であるラーニ・ソングがアニー・ハリスとしてデイトンに加入する前に、かれとアーネスト・スミスを中心に作られたグループ。」
1曲目、4曲目はPファンクが参加ということでファンク系の評価が高い様ですがメローな「Dial The Love Man(634-5789)」もかなりイケます。

Continue reading "Dial The Love Man(634-5789)/Xavier"

| | Comments (3)

April 24, 2009

携帯のアンテナ

以前に書いてるかもしれないが
私の職場は携帯が繋がらない。
PHSがそうだったしauもダメだった。(今はソフトバンク)
建物の中ならまだしも建物の外でも簡単には繋がらない。(ほとんど繋がらないと云った方がよいか)

と云うのは今週始めまでの話。
一山越えた先に(直線距離で500m)アンテナが建ちました。
それで建物の外ならバッチリ。普通の携帯なら建物の中もほぼ大丈夫。
しかしiPhoneだと建物の中はちょっと不安定。
結局前と同じく電源は落としておく事に.....(機内モードだけど)
それでも電話をかけたい時にチャンと電話出来るってのはありがたいですね。

実はドコモの場合この新しいアンテナのすぐ近くにアンテナが有る。
位置的には僅かにソフトバンクより条件が悪いと思われる。
その為か会社の敷地内(飛び地だけど)にもっと小型のアンテナをたてる工事をしている。
繋がりやすさではやっぱりドコモかな。

| | Comments (0)

April 23, 2009

Don't Throw Your Life Away (Radio Version)/Vickie Winans

Vickie_winansthe_lady1991年のCD。
ブックオフで250円だったかな。
The Winansの兄妹ですね。rateyourmusicによるとThe WinansのメンバーはMarvin Winans, Carvin Winans, Michael Winans, Ronald Winans。
Bebe & Cece WinansはCece Winans [Priscilla Winans], BeBe Winans [Benjamin Winans]。さらにDaniel Winansって人もいるらしい。
誰もかぶってないところが凄い。(笑)
計算すると8人.....いや〜、参りました。
内容的にはまずまずかな。「Don't Throw Your Life Away」が有ればそれで良いかも....

Continue reading "Don't Throw Your Life Away (Radio Version)/Vickie Winans"

| | Comments (2)

April 21, 2009

He Don't Really Love You/The Delfonics

Delfonicshe_dont_really_love_youいよいよ「D」のMDに入ります。
まずはおなじみのDelfonicsのMoon Shot盤。not on LPですね。
制作時期の記載は有りません。
雑音が酷いのが残念。
プロデュースとアレンジが「Tommy Bell」と記載(普通に表記しただけだと思うが)されてますがバレバレですね(笑)
「He Don't Really Love You」
メジャーな存在になる前のナンバーですがそれなりの雰囲気は既に持っている。所謂ブレイク寸前って感じをはっきりと感じますね。
「Without You」
らしさは有りますがサビがイマイチ。まぁ出来としては並ってところですか。

Continue reading "He Don't Really Love You/The Delfonics"

| | Comments (0)

April 19, 2009

When the Boys Meet the Girls/Sister Sledge

Sister_sledgewhen_the_boys_meet_the1985年のアルバム。
ハイファイ堂の100円セールの一枚。
名前はしっかり記憶に有るのに曲が全然思い出せない。で、久しぶりに三浦憲著「ソウル」を引っ張りだしてみた。
「もともとアトランティックレコードにスカウトされたが中央アフリカのキンシャサで行われたミュージックフェステバルに出演した後、スピナーズのバックアップを得て本格的に活動を始めた」(要約)そうだ。
それから以前取り上げた「Thank You For Today@Super Disco Hits Vol.1」を聞いてみると確かにスピナーズっぽいところが有りますね〜。
じゃあこのアルバムはどうかと云うとそんな印象は少しも無い。時代に合わせて替えていけるところがこのグループの強みなのかな?

Continue reading "When the Boys Meet the Girls/Sister Sledge"

| | Comments (1)

April 18, 2009

久しぶりのブックオフ

年初に油漏れ(滲んでるだけ?)を発見したゴルフ、そろそろ部品交換しなきゃな〜と思い今日車を持ち込んだ。
時間は1時間見ておけばOKってことで10分程歩いて近くのブックオフへ。そう云えば2ヶ月程行ってなかったような気がする。
市内のブックオフは同一グループなんですがここだけ違う。品揃えは私的にはイマイチなんですが、今回驚いたのは新しめのR&Bの安いのがかなり入ってたこと。
Dynastyの「Out of Control」500円と迷ったんだが、新しめのR&B250円X2を選択した。
もうすぐゴールデンウィークってことで半額セールを期待してますからね、今回は安く抑えたい。(笑)

| | Comments (0)

April 17, 2009

Good Love/Klymaxx

Klymaxxmaxx_is_back1990年のCD。
ブックオフで500円の値札が着いていた、多分250円かそこらだろう(もう忘れた)。
84年の「Meeting in the Ladies Room」は持ってた筈なんだがiTunesに入れてない事からまだ取り上げてないのは確実みたい。
当時のジャケットには6人のメンバーが映っている。それがこのCDでは3人になっている。ライナーにはこの辺りもしっかり書かれてますね。脱退したメンバーの二人(Bernadette Cooper & Joyce "Fenderella" Irby)もアルバムを出してる模様。

Continue reading "Good Love/Klymaxx"

| | Comments (0)

April 16, 2009

ジャガイモの芽が出た

090416種芋を植えてからかなり日数が経ちますがなかなか芽が出ませんでした。
これは晴天続きが理由と思ってたのですが
やっと火曜日に雨が降ったので今日仕事から帰った後、畑を見に行ってきました。
結果は写真の通りやっと芽が出て安心しました。
後はスイカの植える場所の確認。もうすぐゴールデンウィークですからね。

| | Comments (0)

April 15, 2009

Spec-ial Moments/Clyde Timothy Guidry

Clyde_timothy_guidryspecial_moments1986年のシングル盤。
「Spec-ial Moments」
スローでムードの有るナンバー。こう云ったのってB面な事が多いのですが珍しくA面です。曲自体は大した事の無い曲だと思いますが甘茶ファンなら結構聞けるんじゃない?
「Sassy, Classy, Lady」
アップテンポで結構インパクトのあるナンバーで出来はまずまずか。

Continue reading "Spec-ial Moments/Clyde Timothy Guidry"

| | Comments (7)

April 13, 2009

I Wanna Be Your Love /Mass Order

Mass_ordermaybe_one_day1992年のアルバム。
U.S.BlackDiskGuide#919。某所で500円ですがやっぱり音は酷い。
イマイチ捕らえ所の無いところは90年代らしいかな。中では「I Wanna Be Your Love」と「Runaway Love」が気になるところ。
U.S.BlackDiskGuideにもプロデュースのbasement boysに言及が有るんですけど、こう云った方々の場合シンガー等を軽視する傾向にある。ちょっと違うと思うんだけどな〜。

Continue reading "I Wanna Be Your Love /Mass Order"

| | Comments (0)

April 12, 2009

畑仕事のカテゴリー

畑仕事のカテゴリーを追加しました。(笑)

我が家のおばあ様がもう畑仕事は出来ないってことで私がやる事に。
本当は雑草の処理をしたいだけなんだがここ2〜3年の経験で野菜を作った方が楽と思いました。
そんな訳で後々を考えて記録に残しておいた方が良いんじゃないかと。
今日の仕事は雑草の処理の他に

Continue reading "畑仕事のカテゴリー"

| | Comments (0)

April 11, 2009

お土産?

Apple_store_bunお土産はこれくらいか?
.....
アップルストア〜バンクーバーらしい。

Continue reading "お土産?"

| | Comments (0)

Heaven Knows/Lalah Hathaway

Lalah_hathawaylalah_hathaway1990年のCD。
Lalah Hathawayと云う名前からも想像出来る通りDonny Hathaway の娘。解説によると姉がいて同じくシンガーということだ。
Donny Hathawayについては70年代に一時代を築いた事になっているが私の印象はそれほどでもない。おそらくその原因は黒人らしさが欠けてる事によるものだと思う。
じゃあ娘のLalah Hathawayはどうかと云うと同様に(?)イマイチハッキリしない。まぁ黒っぽさが足りないのは確かだが1990年頃になるとそれも普通になってきている。トータルでの出来はまずまずだと思うがもう少し強力な曲が欲しかった。
中では「Heaven Knows」と「I Gotta Move On」辺りがお勧めかな〜。

Continue reading "Heaven Knows/Lalah Hathaway"

| | Comments (2)

April 09, 2009

I Know What Love Is/Clay Hammond

Clay_hammondi_know_what_love_is1988年のシングル盤。
先日に引き続き2枚目。
「I Know What Love Is」
語りから入りますがなかなか良い雰囲気。これくらいだったら甘茶ファンにもいけるかも。
「License To Steal」
こちらの方がサザンソウルらしい作りで一般受け(?)するんじゃないかな。それが証拠に89年のシングル盤にもカップリングされてる。

Continue reading "I Know What Love Is/Clay Hammond"

| | Comments (2)

April 07, 2009

Back Together Again/Roberta Flack & Peabo Bryson

Roberta_flack_peabo_brysonlive_more1980年のアルバム。
ハイファイ堂の100円セールの一枚。これが2枚組だった。
初めてロバータ・フラックを聞いた時からず〜と自分の好みじゃないと思っている。今回このアルバムを聴いてもそれが変わる事はなかった。
ところがコメントを書いてると以外と悪い印象は無いのよね.これはやっぱり歌がうまいってことなんでしょうね。
じゃあピーボ・ブライソンはどうかと云うと,これまた歌がうまいシンガーって印象しかない。
そう,上手けりゃ良いって訳じゃないのよ,ソウルミュージックは。

Continue reading "Back Together Again/Roberta Flack & Peabo Bryson"

| | Comments (0)

April 05, 2009

Somebody Gotta Be On Top/Joe

Joemy_name_is_joe2000年のCD。
せっかく良い声を持ってるのだから普通に歌ってくれれば良いと思うのだが.....どうもそんな気は無いようで.....惜しいな〜。
でも何度か聞いてるうちに聞き方が分かってきた気がする。要は好きな曲だけCDに焼いて車の中で流しっぱなしってのが一番合うと思う。
正面切った聞き方ではアラばかり目立ちゃうからな。
yoshiki@soulbounce wikiさん、曰く「ここは素直に彼の歌声に身をまかせるのが正解といった気もしますが…。」
.....同じ結論に至りました。(笑)

Continue reading "Somebody Gotta Be On Top/Joe"

| | Comments (0)

April 03, 2009

Dance Little Girl/Clay Hammond

え〜と、レギュラープログラムの準備(?)が出来てないのでもう一枚シングル盤を続けます。
(注.レギュラープログラム=奇数日更新、LP、CD、シングル盤を順繰りにレビュー)

Clay_hammonddance_little_girl1965年のシングル盤。(らしい)
1988年10月号のソウルオン誌の記事には「Little Johnny Taylorの出世作『Part Time Love』の作者として有名」とあります。まぁ,そう云ったタイプのシンガーと思ってもらえば良いのかな。要は古いタイプのシンガーってこと。
「Shotgun Wedding」
ロイ.Cに同名の曲が有りますがそれとは違うみたい。完全にブルースのスタイル。B.B.キングなんかを思い浮かべてもらえばよいかと。
「Dance Little Girl」
アップテンポでリズムが良く格好良いナンバー。2分を切る短さが残念。

Continue reading "Dance Little Girl/Clay Hammond"

| | Comments (0)

April 01, 2009

一ヶ月のご無沙汰でした

ボクチンのホームステイは一ヶ月間。
と云う事で,今日はお迎え。
例によって東海環状線経由だったのですが、夕日がまぶしくて標識が見えずに行き過ぎて酷い目に.....30分くらい損しちゃった。
なんとかETC割引の範囲内で事なきを得ましたが...危ない,危ない。
ボクチン自身は例によってセントレアに着いても友達とのおしゃべりが終わらずなかなか帰れない。帰ったら帰ったでこたつに潜り込んで寝にかかってしまう。
これからまた振り回される日々が続くんでしょうね.....

| | Comments (0)

Seventeen Days Of Loving/Carl Sims

Carl_simsseventeen_days_of_loving1988年のシングル盤。
「Seventeen Days Of Loving」
「Seventeen Days Of Loving (Instrumental)」
1989年に出されたCD(コンピ)「The Rough Edge - The Best Of Contemporary Deep Soul」にも入ってましたが曲の長さが違う。どちらが良いかは微妙だな。
それよりInstrumentalが変に脱力する。
内容自体はもう素晴らし過ぎる。これがダメだったらソウルは聴かなくて良いかも。まぁ,それくらいの出来だと.....


Seventeen Days Of Loving - Carl Sims

Continue reading "Seventeen Days Of Loving/Carl Sims"

| | Comments (5)

« March 2009 | Main | May 2009 »