« 精密検査 | Main | You Blew My Mind/CWCP »

September 05, 2008

Just In The Nick Of Time/The Chocolate Syrup

Chocolate_syrupjust_in_the_nick_of_1974年のシングル盤。
L. J. Reynoldsが居たことで有名なThe Chocolate Syrupですが聞いてもイマイチ分からない。(^^;
「Just In The Nick Of Time」
何を褒めるべきかと云えば間違いなくアレンジでしょうね。ファルセットを絡めたリードを始めとしてバラエティなコーラスを聴かせてくれます。その後にくるサビが素晴らしい。おそらくそういった作りにしてると思います。やけに力の入ったリードとムーディなアレンジが印象的。
「You've Got A Lot To Give」
リードは女性かと思えるような声。アップテンポだけどコーラスがイカしてる。サビがイマイチ分かり難いのが難点だけどそれでも良い出来。
両面ともBert DeCoteauxのアレンジ。この人はなかなか良い仕事をしてる印象を持っている。

Just In The Nick Of Time - Chocolate Syrup

Chocolate Syrupのディスコグラフィ

|

« 精密検査 | Main | You Blew My Mind/CWCP »

Comments

ファルセットリードと表声リードとバックコーラスとのスリリングな展開が◎ですよね。

Posted by: Masato | September 05, 2008 at 08:34 AM

言い換えると、この曲ってサビが素晴らしいんだけどそこに至るまでの展開が巧く作られてるってこと。
Masatoさんが云われるのはその通りなんですけど「スリリング」でイメージするよりはちょっと派手さが無いように思います。そのかわり妙に力が入ってたりします(笑)

後、書き忘れたんですがコンピの「Talk To The Rain」に入ってますね。
裏面の「You've Got A Lot To Give」の方をアップした方が良かったかと後悔してます。

Posted by: adhista | September 05, 2008 at 08:03 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 精密検査 | Main | You Blew My Mind/CWCP »