« Pain/Puff Daddy & The Family | Main | iPhone3Gの復元でバッチリ »

July 21, 2008

Got To Be Real '95/Cheryl Lynn

Cheryl_lynngood_time1995年の日本盤CD。
1曲目を聴いて「こんなに良かったのか?」と驚いたのだが、これは逆に90年代に失ったものの大きさを示してると考えると落ち込むな〜。

Got To Be Real - Cheryl Lynn
01/Don't Wanna Be Mistreated
唐突な始まり方は「?」だが気持ち良い歌いっぷりはビックリ。Cheryl Lynnってこんなに良かったの?
02/Good Time
これも気持ち良いダンサー。
03/Ain't Gonna Worry Me
1、2曲目がニュージャックスイングで有名なテディ・ライリーのプロデュースなのだがCheryl Lynn本人のプロデュースのこの曲の方がニュージャックスイングっぽい事が面白い。
04/If You Feel
ブラコン風の歌いっぷりだがリズムが聴いていて心地良い。
05/Take Me For A Ride
スローナンバー。まずまず。
06/Guarantee For My Heart
アップテンポで格好良い出来。これはテディ・ライリーのプロデュース。
07/All My Loving
これはふつうかな?
08/So Sweet
出だしはちょっとなんだが....その後はリズミカルでそれなりに聴けます。後半になるともっと良い。
09/I Forgot
前の曲の後半を引きずってる。
10/Never Thought It Would Rain
女性シンガーらしい高音で勝負。リズムがしっかりしてるから女性シンガーが苦手な私でもなんとか聴ける。
11/Got To Be Real '95
あ〜、これは聞き覚えのある曲。Cheryl Lynnがやってたのか....ほとんどEW&F風。
12/Renegade
これもリズミカルなナンバー。

Cheryl Lynnのディスコグラフィ

|

« Pain/Puff Daddy & The Family | Main | iPhone3Gの復元でバッチリ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Pain/Puff Daddy & The Family | Main | iPhone3Gの復元でバッチリ »