« Coming Home/SWV | Main | Row Your Love/Stylistics »

May 10, 2008

神の(紙の)ブラウザ

このブログでは「Golden Age Of Soul Music」からライブドアのWikiはおなじみでしょう。
他にも「Golden Age Of Soul Music」のバックアップ用にPukiWikiをローカルで使用してますし、会社に持ち込んでいるMacMiniでもマニュアルや機材カタログにPukiWikiを使っている。
今回は仕事絡みのお話。
Printdialogue1(注)Safariのダイアログ


会社で古いパソコンを新しいものに置き換えた際、PHPを新たに規制していることで便利なPukiWikiが使えない。
しかし持ち込んでいるMacMiniでは問題ない事から更新はMacでして必要な部分だけpdfに落とす事にした。
ところがそれで問題が発覚した。
FireFoxやIEではA4サイズで出力した際、運が悪いと画像が途中で切れてしまうのでこれは論外。
Safariでは場合によって文字が小さくなってします。これは印刷のダイアログに用紙の幅を規定する項目が無い事による。
特に記事の名前が日本語だとURLが長くなり本文を短く揃えても印刷された文字が小さくなってしまう。
それで会社では一旦諦めて自宅で他のブラウザを確認してみた。
まずはSafariの互換ブラウザ、所謂「Web Kit」を使ったシイラ(SHIIRA) 、これはSafariと同じだった。
つぎにCamino、MozillaのレンダリングエンジンであるGeckoエンジンを採用したウェブブラウザ。印刷のダイアログを見るとちゃんと横幅を指定出来る。
試していると画像も途中で切れないみたいだ。
Operaも一応試してみたけどもう記憶に無い(笑)
そんな訳で仕事ではCaminoを使う事に決定した。
Printdialogue2(注)Caminoのダイアログ

|

« Coming Home/SWV | Main | Row Your Love/Stylistics »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Coming Home/SWV | Main | Row Your Love/Stylistics »