« January 2008 | Main | March 2008 »

February 29, 2008

It's The Same Old Song/Andre Williams

Andre_williamsits_the_same_old_song1984年のシングル盤。
「It's The Same Old Song」
曲自体はフォートプスでおなじみの曲。女性シンガーで歌自体は大した事無いのですが元が良いのですんなりノッて楽しめます。
「More Than Enough」
こちらはスローでどうやら自作の曲みたい。低めの声でじっくり歌う様は好印象ですし曲自体もなかなか良いと思います。残念なのはアレンジで統一感に欠けるかな〜と。

| | Comments (0)

February 28, 2008

Love Is/Al Hudson

Al_hudsonlove_is
1976年のシングル盤。
「Love Is」
名義はAl Hudsonですが、バックコーラスもちゃんと入っていてこのクレジットはどうなってるの?印象には残り易いのですが....内容は悪くないスローです。
プロモ盤のため裏面も同じです。

Al Hudson & The Soul Partnersのディスコグラフィ

| | Comments (0)

February 27, 2008

Its So Hard To Say Goodbye To Yesterday (Radio Version)/Boyz II Men

Boyz_ii_mencooleyhighharmony1991年のCD。
よしきさんの「soulbounce wiki」に「「End Of The Road」大ヒット後にモータウンがあわてて編集し、93年にリリースされた出し直し盤があり....」とありますから、うちのはその出し直し盤の様です。ジャケットも違うし。
内容はグループ物にうるさい(笑)私としてはあまり評価出来ないな〜。

Continue reading "Its So Hard To Say Goodbye To Yesterday (Radio Version)/Boyz II Men"

| | Comments (0)

February 26, 2008

I Know We Can Make It/Art Wilson

Art_wilsoni_know_we_can_make_it1978年のシングル盤。MDから。
「I Know We Can Make It」
自分で曲を書いてプロデュースまでしてる才人らしい。歌は特にどうのこうのないのですが曲は良い出来。ポップで分かり易い。ブラコンのアルバムが出ててもおかしくないな〜。
「Unbelievable」
これも良く出来た曲。曲作りは巧いな〜。ゆったりした感じが何とも云えない。

| | Comments (0)

February 25, 2008

I Don't Want To Lose You/Byrd Pressley

Byrd_pressleyi_dont_want_to_lose_yo1988年の12インチ。
何者かは例によって分かりません(^^;
「I Don't Want To Lose You (7")」
「I Don't Want To Lose You (12")」
歌いっぷりはなかなか良いんですが如何せん音とイマイチしてない気がします。
もう少しスムーズで纏まりが良かったらな〜。
「Snake」
「Snake (Club Mix)」
「Snake (Street Mix)」
こちらはほとんどファンクナンバーですね。こちらの方が合ってそうな気がする。

| | Comments (0)

February 24, 2008

CDソフトケース「MEDIA PASS!」

Media_pass1先日ヤマダ電気へ行って見つけたのがこれ。
以前のエントリーで「フラッシュ・ディスク・ランチ CDソフトケース」について書いてましたがそれとほとんど同じじゃないかな〜
とりあえず20枚のものを買ってきましたが曲名がすんなり分かるのはありがたいですね〜。

Media_pass2

| | Comments (0)

Daylight/Bobby Womack

Bobby_womacksafety_zone1975年のアルバム。
ボビー・ウォーマックの中ではじみな1枚かもしれませんが出来はなかなか良いものです。残念なのはロックっぽいところが有ったり、レゲエ調になってるところ。その辺りは悪い出来では決して有りませんが私が求めているものとは少し違うってところですかね。

Continue reading "Daylight/Bobby Womack"

| | Comments (0)

February 23, 2008

You're the One that I Want/Brenda Lee

Brenda_leelegends_live1994年のCD。
いや〜、まいった「Brenda Lee Eager」のつもりだったが「Brenda Lee」だった。(^^; 
どうやらカントリーらしい。でも以外とソウルフルで思ったより聞けるから....

Continue reading "You're the One that I Want/Brenda Lee"

| | Comments (6)

February 22, 2008

Yes, My Goodness, Yes/Al Perkins

Al_perkinsyes_my_goodness_yes制作時期の記載は有りません。
「Yes, My Goodness, Yes」
リズミカルでギターの刻みが記憶に残りますね。クレジットを見るとボビー・ウォーマックが曲作りに参加してるみたい。ソウルファンには有名な曲な筈。
「I Stand Accused」
Charles Brimmerの熱唱が記憶に残ってるのでなんですが、ゆったりとした雰囲気で悪く有りません。結構サザンソウルしてます

| | Comments (2)

February 21, 2008

Do You Still Love Me/Amuzement Park

Amuzement_parkdo_you_still_love_me1982年のシングル盤。
「Do You Still Love Me」
以前紹介したアルバム「Amuzement Park」にも含まれていますが長さが1分ほど短いようです。それでも素晴らしいスローナンバーです。
「Games」
こちらもアルバムに含まれていますがアルバムバージョンと同じかな。一寸ポップなファンクナンバー。

Amuzement Parkのディスコグラフィ

| | Comments (2)

February 20, 2008

A Baby's Born/James Ingram

James_ingramalways_you1993年のCD。
個人的にはZingraに参加してたりしてセッション系に強いアーチストって印象。裏を返せばソロで出してるのは意外に印象が薄いってこと。
声なんかはまさにブラコン向けだったりしますがこれも個性が無いと言い換えれたりします。

Continue reading "A Baby's Born/James Ingram"

| | Comments (0)

February 19, 2008

Slipped Away/Allspice

Allspiceslipped_away1977年のシングル盤。MDから。
「Slipped Away」
女性がリードの曲。基本的にリズミカルですが一部になじめないところが有ったりします。聞き所はミニーリパートンばりの高音。
「I Don't Know」
ホーンの音が素敵なナンバー。モロにフュージョンって音です。リードノ声からすると少なくとも3人以上で男女の混成グループの模様。ネットで調べてみるとジャケット写真から男3女2の5人組。

Allspiceのディスコグラフィ

| | Comments (0)

February 18, 2008

Juicy/Cortez

Cortezjuicy1984年の12インチ。
「Tonight」
グループかソロか良く分からないな〜。アレンジがCortez Harrisとありますからこの人が少なくとも中心人物のようです。曲自体はふつうのファンクナンバー。というか2流グループらしい雰囲気です。ただし音は思ったよりしっかりとした印象です。
「Juicy」
一転してファルセット。中盤と後半には語りと甘茶ファンには堪えられない作り。

| | Comments (6)

February 17, 2008

冬痩せ

土曜日は月一の通院。
もう少しすると花粉症だけど病気自体の状態は悪くない。
まあ花粉症もアレルギー系だから気を付けるべきでしょうね。
私の病気の場合、薬の副作用に対応するため診察は欠かせない。
そんなときたまに聞かれるのが体重。
世間では夏痩せと云われ夏は痩せ、冬は太るみたいだが私の場合はなぜか逆。
夏に比べ2〜3キロ痩せてる。
ひょっとして夏は水太りかもしれない。

| | Comments (0)

Don't Hang Up/Bar-Kays

Barkayscontagious1987年のアルバム。
以前紹介した81年のアルバムはイマイチ自分の好みに合わなかったのですがこちらはなかなか良い。一番なのはリードの声というか歌い方。これが素晴らしい。
ブラックミュージック"Soul Flava"さんの「流行りの音を自己解釈し、手を加えることでバーケーズなりの....」ってことですと1枚や2枚でBar-Kaysがどうのこうのといえないみたいですね〜。

Continue reading "Don't Hang Up/Bar-Kays"

| | Comments (0)

February 16, 2008

Faith In Love/Eternal

Eternalpower_of_a_woman1995年のCD。
実はU.S.Black Disk Guideに出ていた「Always and Forever」と間違えて買ったみたい。確か105円だったからまあ良いか。

Continue reading "Faith In Love/Eternal"

| | Comments (0)

February 15, 2008

Another Love/The Ambers

The_ambersanother_love制作時期の記載は有りません。MDからの1枚。
Wikiを見たらディスコグラフィは作ってた(^^;
1967年の作品。Smashではこの1枚かな?
「Another Love」
とにかく気持ちのよいアップテンポ。ムードの良いし好きな曲ですね。
「Potion Of Love」
一般的にはこちらの方が有名なのかな?コーラスとかも良いしサビもこちらの方が上なんですがいかんせんタイトルが分かり難い。自分の耳が悪いとも云う。

The Ambersのディスコグラフィ

| | Comments (0)

February 14, 2008

Tighter, Tighter/Alive And Kicking

Alive_and_kickingtighter_tighter制作時期の記載は有りません。記憶では70年代前半のヒット曲。
「Tighter, Tighter」
ソウルミュージックではエンデバーズでおなじみですがヒットしていたのはこちら。先日iTunesで購入しましたが買うまでもなかったようです。(泣)
時代に即したポップなサウンドで泣けます。エンデバーズの方もMDに入ってるかな?
「Sunday Morning」
明らかに白人グループと分かるナンバー。当然つまらない出来。

| | Comments (0)

February 13, 2008

Any Day Now (Remix)/Gerald Alston

Gerald_alstonalways_in_the_mood1992年のCD。
今日はバレンタインデイに合わせてムードのある曲を得意とするGerald Alstonを未聴のCDの中からチョイス。
ところがブラコンを求める方には良いかもしれないが甘茶ソウルからのアプローチとなる私には少し辛い。でも流石に後半には持ち直して一安心。やっぱりグループの方が良いですよ。Gerald Alston様。
そうそう、忘れるところだった。アメリカ盤と異なり、ボーナストラックとして5曲が追加されたヨーロッパ盤が元になった日本盤です。

Continue reading "Any Day Now (Remix)/Gerald Alston"

| | Comments (0)

February 12, 2008

誕生日

Birthday今日は52歳の誕生日。
個人的には一区切りだと感じております。
それは私の父親が52歳で亡くなった事から、当時これからの世代は長生き出来ないかもしれないと考えておりました。
実際、難病を患ったりしていると90歳近くまで生きた祖父母のようにはいかないと思っていたりします。
そんな事からず〜と52歳を一つの目標にしてきました。もう少し細かく見るなら3月末ってことになりますが.....次は定年が目標ですかね。

一区切りのお祝いということで今日紹介したHow Come/Allisonを語りの部分までアップ。しばらくしたら削除しますのでよろしく。

| | Comments (4)

How Come/Allison

Allisonhow_come1973年のシングル盤。MDから。
いつもながら何者かは分かってないのですが....
「How Come」
出だしの音からしてムードたっぷりです。歌も良いですがバックのコーラスがまた良い。後半に入ると語りも入って素晴らしい。売っちゃって失敗だな〜。
「Who's #1, Who's #2」
ミディアムテンポでリズムが良い。サビも妙に魅力が有る。そうそう、このリードはかなりディープです。

| | Comments (0)

February 11, 2008

I'm So Proud/Bobby Womack

Bobby_womacksomeday_well_be_free1985年のアルバム。
『ポエト(詩人)三部作』と云われるBeverly Glenでの3枚目。内容の濃さでは一目を置くべきアルバムですね。というか歌いっぷりが熱い。これが分からないようでしたらソウルファンじゃないと云っても言い過ぎじゃないくらい。
しかしその割にはネット上での記事が少ない気がする。なんでだろう?

Continue reading "I'm So Proud/Bobby Womack"

| | Comments (6)

February 10, 2008

Tryin' To Get Over You/Bobby Womack

Bobby_womackpoet_ii1984年のアルバム。
昨日の「Bobby Womack's Greatest Hits」に続いて今日は「Poet II」。実は「Poet」も有るのだが「Golden Age Of Soul Music-Wiki」との連動企画(笑)ということで紹介されてないものを中心にアップする。
じゃあ「Poet II」は違うじゃないかと云われそうだがホーム&ヒューマン・ナビのwhiteさんにオリジナルにジャケットじゃないと指摘を受けている。(ありがとうございます)これは容量と手間の問題でオリジナルの記事から拝借している。だから、再発の際にジャケットが差し替えられたためオリジナルと違うものになっている。画像が無いよりは華やかで良いと入れておいたが、指摘を受けて近いうちに差し替えますと云っておいた約束がやっと果たせる事になった。
「Golden Age Of Soul Music-Wiki」では出来る限りオリジナルの画像を使いたいものだと思っています。
この際だから「Bobby Womack スペシャル」の最後、明日は「Someday We'll Be Free」だと予告しておきます。

Continue reading "Tryin' To Get Over You/Bobby Womack"

| | Comments (0)

February 09, 2008

この冬一番の積雪

20080209_3

昼前から予報通り降ってきました。
お昼のニュースでは市街地で2センチとか。
PTA総会やらでこの後もお出かけ予定snow

| | Comments (2)

Bobby Womack's Greatest Hits/Bobby Womack

Bobby_womacks_greatest_hits三連休ってことで今回は「Bobby Womack スペシャル」これも例によって行方不明(そんなに大げさなものじゃないけど)だったのが見つかったので一部ですけど先にレビューしておきます。(後は後日)
1975年の日本盤ベスト。オリジナルは多分1974年のU.A. 346かな。
自分にとって初めてのBobby WomackのLPでした。とにかく中身の濃さでは郡を抜いてると思います。正直云って「The Poet」以降でベストアルバムを作ってもこちらの方が上でしょう。ポップさで遥かに上回ってますから。

Continue reading "Bobby Womack's Greatest Hits/Bobby Womack"

| | Comments (2)

February 08, 2008

Love Is Never Wrong/Anacostia

Anacostialove_is_never_wrong制作時期の記載は有りません。
一応「not on LP」って事みたいです。
「Love Is Never Wrong」
ムードのあるスローバラード。コーラスが無ければ白人もやりそうな雰囲気が少し気になるがそれでも出来は良いと思う。「SOUL CITY NETWORK 誌 No.12」によると「Van McCoyを失ってしまった後」とありますね。
「Wild Funky Weekend」
こちらはアップテンポのディスコナンバー。ディスコナンバーなんて手がけてたかなと見てみるとちゃんとやってるんですね。出来は大した事無いです。

Anacostiaのディスコグラフィ

| | Comments (0)

February 07, 2008

The Lines (Tell A Story)/A Tint Of Darkness

A_tint_of_darknessthe_lines_tell_a_制作時期の記載は有りません。
レコード番号からすると80年以降のようですね。

「Hey Mr, Sunshine」
ん〜、タイトルで検索してみると日本の曲が出てきちゃう。おそらくタイトル違いでシンガー&ソングライター系であった筈。...思い出して確認したら Elton Johnの「Your Song」っぽい。しかしA Tint Of Darknessの選曲って理解できん。あっ、一応アカペラです。
「The Lines (Tell A Story)」
出だしは凄くムーディです。出来は悪くないのですがサビが一寸弱いかな。サウンド的には良く出来てると思うんですがね〜。

A Tint Of Darknessのディスコグラフィ

| | Comments (0)

February 06, 2008

Do Anything/Aaron Hall

Aaron_hallthe_truth1993年のCD。
U.S.Black Disk Guide#932という事で購入。「Guyでおなじみの声」ってライナーに有りますが売れなかったんですね。確かに聞いてみると判る気がする。早い話、面白くない。ニュー・ジャック・スウィングを期待する向きにはブラコン調も多いし、ブラコン自体食傷気味だったんじゃないかな?でも内容はそんなに悪くないと思います。

Continue reading "Do Anything/Aaron Hall"

| | Comments (0)

February 05, 2008

CDの整理

虹色の林檎はどんな味?」さんのところにCD関連の記事が有りました。

-「フラッシュ・ディスク・ランチ CDソフトケース」を使って CD 再整理
-続「フラッシュ・ディスク・ランチ CDソフトケース」を使って CD 再整理
-「Delicious Library」を使って CD のデータベース化

うちの部屋の中は使ってないMacを始めとして足の踏み場も無い状態に近いのでは有りますが(通路は確保してるところが自慢、笑)
CDに関しては会社に適当な段ボールが転がってる事からさほど苦労してないのであります。
それでも車は別でカセットのケースは場所を取ることからパソコンショップで買ってきたソフトケースを使っています。ただナビにCDを入れると曲名が判らない欠点が有り(ナビに問題有り)困ってましたが、このケースだとCDジャケットも入れられる模様。
リンク先からタワーレコードに有るらしいので今度行った時にでも探してみましょうか。rvcar

| | Comments (0)

紛失していたMD

紛失していたMDをめでたく発見しました。happy01
という事でA Tint Of Darknessの3曲。

A Vowed To Love You
出だしの低音のピアノが印象的なナンバー。とにかく独特の雰囲気を持っています。
I'm Leaving
結構巧くなっている印象。ベースシンガーやファルセットが良い味を出しています。サビがもう少し良かったらな〜。
Don't Ever Take Your Love Away
流石にこの辺りになると歌もうまいしアレンジも良くなってる。元々曲はリードのL.C. Conwayが書いて事が多いのですがここではアレンジもしています。

とりあえず纏めてみましたが元記事を変更しておこうか思案中。

| | Comments (0)

February 04, 2008

Forgive Me/Cheryl Patterson

Cheryl_pattersonforgive_me1988年の12インチ。
「Forgive Me」
語り(?)の途中からプッシュホーンの音。ゆったりとしたテンポでなかなか良いムードが有ります。中盤では男性との掛け合い(?)
「He's A Stallion」
馬の足音と鳴き声。とは云うものの明らかに作りもの。早い話ファンクナンバーですがこれがいかにも2流。笑っちゃうくらいの出来。

| | Comments (0)

February 03, 2008

We've Only Just Begun/Glenn Jones

Glenn_jonesglenn_jones1987年のアルバム。
マニア好みのアーチストとしては代表的な部類に入るんじゃないかと思います。ただ私の場合はもうひとつピンとこない印象を持ってます。何事もさらっと出来ちゃうんでファインプレイだと見えなくて損をしてるのかも。後は曲自体が弱い気がする。選曲が下手なのかしら?

Continue reading "We've Only Just Begun/Glenn Jones"

| | Comments (2)

私立高校の入試

どうやら今日は県下一斉に私立高校の入試らしい。
ボクチンは例によって嵐を呼ぶ男(法律上は女らしい)で朝には久しぶりに雪が積もってる上に雨が降っている。
さらに金曜日の夜から歯が痛いという事で土曜日の夜には結構腫れている。まあ、いつものごとく昼過ぎまで寝ていて他の医者で行ってて私が知ったのは夜だったりするから何ともなりません。(昼から別行動だったし)
行きつけの歯医者だと2週間待ちらしいがさっさと休日診療所に行けば良かったと思う。
そんな訳で夕方には休日診療所に連れて行くつもりだが本当は入試の前に行くべきだよな〜。(ボクチンは友達と遊ぶ約束までしてる)
肝心の試験がなぜか3教科に作文って少なすぎない?

| | Comments (2)

February 02, 2008

My Baby/David Sea

David_seasearchin_for_love1991年のCD。
以前のエントリで「David Sea/Searching For Loveが350円」とお知らせしておいたCD。なかなかまとまった出来ですがスケール感はイマイチかも。でももう少し聞き込んだ方が良いかもしれません。

Continue reading "My Baby/David Sea"

| | Comments (0)

February 01, 2008

To You Yoko-Tribute To John/A Tint Of Darkness

A_tint_of_darknessto_you_yokotribut制作時期の記載は有りません。
「To You Yoko-Tribute To John」
セイムフェイスですね。もうタイトルから判るでしょうがジョン・レノンの追悼ソング。曲自体は「Let It Be」の替え歌風。内容的には大した事無い。

A Tint Of Darknessのディスコグラフィ

| | Comments (0)

お気軽な受験生

今度の日曜日がボクチンの受験日。
いちおうエスカレーター式なので問題ないとは思いますがいかにも緊迫感がなさ過ぎ。
一昨日は私が家に帰るとテレビゲームの真っ最中でしたし、今日は受験の後のお遊びの話をしてますし.....

| | Comments (0)

« January 2008 | Main | March 2008 »