« この冬一番の積雪 | Main | I'm So Proud/Bobby Womack »

February 10, 2008

Tryin' To Get Over You/Bobby Womack

Bobby_womackpoet_ii1984年のアルバム。
昨日の「Bobby Womack's Greatest Hits」に続いて今日は「Poet II」。実は「Poet」も有るのだが「Golden Age Of Soul Music-Wiki」との連動企画(笑)ということで紹介されてないものを中心にアップする。
じゃあ「Poet II」は違うじゃないかと云われそうだがホーム&ヒューマン・ナビのwhiteさんにオリジナルにジャケットじゃないと指摘を受けている。(ありがとうございます)これは容量と手間の問題でオリジナルの記事から拝借している。だから、再発の際にジャケットが差し替えられたためオリジナルと違うものになっている。画像が無いよりは華やかで良いと入れておいたが、指摘を受けて近いうちに差し替えますと云っておいた約束がやっと果たせる事になった。
「Golden Age Of Soul Music-Wiki」では出来る限りオリジナルの画像を使いたいものだと思っています。
この際だから「Bobby Womack スペシャル」の最後、明日は「Someday We'll Be Free」だと予告しておきます。

Side-1
01/Love Has Finally Come At Last
いつも通りの味の有るナンバーですが珍しく女性シンガーとのデュエット。これがパティ・ラベルってことで流石に安心して聞けます。
02/It Take A Lot Of Strength To Say Goodbye
流石に女性シンガーらしい歌声から始まりますがなんかクリスマスソング風に聞こえたりします。
03/Through The Eyes Of A Child
重厚感のあるサウンドとボーカルさらにはパティ・ラベルとてんこ盛り。しかしポップさには欠けます。マニアには喜ばれそうな造りですが。
04/Surprise Surprise
パティ・ラベルが以内分変に張り合わないでゆったりとした余裕の歌いっぷり。後半のハーモニカがいただけない。
05/Tryin' To Get Over You
やっぱりボビー・ウォーマックは少しポップなナンバーの方が生き生きしてるように感じるのだが....
Side-2
06/Tell Me Why
これも良い。ただしだれる部分も有ったりする。6分超えで少し長過ぎたか?
07/Who's Fooling' Who
ファンク等の影響か少しファンキーな造り。
08/I Wish I Had Someone To Go Home To
ボビー・ウォーマックらしいナンバー。しかしもう少し華が欲しい。
09/American Dream
マーチン・ルーサー・キングの名演説「I Have A Dream」から始まる味のあるナンバー。英語の意味の分からないのが残念。

Bobby Womackのディスコグラフィ

|

« この冬一番の積雪 | Main | I'm So Proud/Bobby Womack »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« この冬一番の積雪 | Main | I'm So Proud/Bobby Womack »