« November 2007 | Main | January 2008 »

December 31, 2007

634-5789/Roy C.

Roy_c6345789今年のラストは1992年の12インチ。
棚から出したらシールされたままになってた。という事は10年ほどは寝かせてたみたいだ(笑)
「I'm Still in Love With You (Vocal)」
「I'm Still in Love With You (Instrumental)」
ロイCらしいスロー。音は少し新しめですがなんと云ってもこの雰囲気が素晴らしい。後半には語りが入ります。
「634-5789」
「634-5789 (Instrumental)」
ロイCお得意のリズミカルなナンバー。エディ・フロイドの名前が作者の欄に....あのエディ・フロイドですかね?どちらにしても良かった頃のロイCですよ、これは。

| | Comments (4)

December 30, 2007

So High On Your Love/Bobby Womack

Bobby_womackresurrection1995年のCD。
久しぶりに聞きましたが濃〜いキャラクターが迫ってきます。凄い。ディープですね〜。

Continue reading "So High On Your Love/Bobby Womack"

| | Comments (0)

Apple 中毒度 78%

How_addicted_to_apple_are_youトラベラーズテイルズさん経由で知ったApple 中毒度がわかるサイト。
記事にあるBittenMac Log さんの翻訳を見ながら試してみました。
(簡単な英語なので見なくてもたいてい分かるけど)
結果、「Apple 中毒度 78%」(笑)


うっどぅんしっぷすのharurinさんもやってただろうな〜。

| | Comments (0)

December 29, 2007

Spend The Night Forever/Harvey Scales

Harvey_scalesall_in_a_nights_workなぜか制作時期の記載が無いですね〜。
『Golden Age Of Soul Music」を見てみると1991年と書いてある(笑)
内容はバラエティに富んでいます。予想に反してファンク系が多いしオーティス・レディングの曲があったりする。面白いには面白いがもう一息といったところか。中では「Spend The Night Forever」「We Got To Stop Meeting Like This」「Try A Little Tenderness」が良いかな。

Continue reading "Spend The Night Forever/Harvey Scales"

| | Comments (0)

December 28, 2007

私的「Web of The Year 2007」音楽編

MACお宝鑑定団
「12月27日発売の Yahoo! Internet Guide 2月号「Web of The Year 2007」において、コンピュータ部門で第10位に選ばれました。」
と云った話がでてました。
年末という事も有り一年間のまとめってことでお世話になったサイトの紹介をしようかと。一応音楽系限定です。

■ディスコグラフィ系
今年一番お世話になったのが「rateyourmusic」ジャケット写真も確認出来るところが吉。
マニア向けなのが「soulfulkindamusic」シングル盤が詳しい。
他には「soulwalking」と検索が効かなくなってる「musicmatch guide」。
■しっかりとした記事を読みたいなら
Sugar Pie Guyさんの「SOULOG」並のブログとは読み応えが違います。
■リンクはしてないがよく見てるサイト
超マニアックな「ONE MINUTE SOUL」容量の関係で過去の記事が消えて行っているので「Golden Age Of Soul Music」でリンク出来ないのよね〜。
二度ほど過去記事が消えた「Bottoms Up!」今確認したらまた繋がらない。
■良くコメントしていただいてる方のブログ
zoukyさんの「ザ・スーパー・ポップ宣言
masatoさんの「ロックとソウルとフライフィッシング
㊤さんの「黒いお皿大好き!」実は最近「べいべべいべべいべ奮闘記! 」の方が気に入っている。(笑)
■更新を期待している
チョリさんの「Bittersweet」繋がり難いのはhip-hopの性。
hekaさんの「Something good, something bad, something old and something new」うちのサイトのタイトルが長いがもっと長い(笑)
kazzzさんの「Sweet impressions

その他「Golden Age Of Soul Music」でリンクしているサイトのみなさま、お世話になりました。

| | Comments (1)

December 26, 2007

From Tabu Night II

検索してもまるで出てこないコンピ。ということで制作時期も不明。
日本盤のCDかなんかが元だと思うけどな〜。
という事でいつも通りカセットテープから。

Continue reading "From Tabu Night II"

| | Comments (4)

December 24, 2007

Turn Out The Lights/Oliver Cheatham & Jocelyn Brown

Oliver_cheatham_jocelyn_brownturn_o1990年の12インチ。
「Turn Out The Lights/Oliver Cheatham & Jocelyn Brown」
Jocelyn Brownはあちこちに出没するので始末が悪い(笑)rateyourmusicでもJocelyn Brownのところにはでてない12インチってことになります。デュオとしてはいかにもまともな作り。それぞれがなかなか良い雰囲気を出してますがいかんせん面白みが無い。
「Somebody Else's Guy (New Club Mix)/Jocelyn Brown」
やっぱりJocelyn Brownはこうでなくちゃってくらいガツガツいってます。ソウル界のガットゥーゾ(注.ACミランのMF)か。音はいつもにましてJB調。
「Somebody Else's Guy (1990 Version)/Jocelyn Brown」
これはライブ風の作り。と云ってもバックの声の大きさから云って小さな会場というよりはミュージシャン参加型か。でも中身はコーラスの力強さがいつも以上って感じかな。終わり方がアレッと云った感じ。

| | Comments (0)

December 23, 2007

Something Just Ain't Right/Keith Sweat

Keith_sweatmake_it_last_forever1987年のCD。
とっくに紹介してると思ったらそうでもなかったようで.....
しかし今になって思えばKeith Sweatは何処に分類されるのだろうか?
ニュージャックスイング?
以前にも書いたと思うが基本的に良いか悪いかでしか判断してこなかったから全然分からないのよね。少なくともこのCDは良いと判断した訳でそれが証拠に「I'll Give All My Love To Youl」を買ってる。

Continue reading "Something Just Ain't Right/Keith Sweat"

| | Comments (2)

December 22, 2007

Let Me Show U/Lorenzo Smith

Lorenzo_smithlet_me_show_you1990年のCD。
一度取り上げているとはいえアルバムタイトル(曲)しかあげてなく写真も無かった。内容は素晴らしく駄作は1曲も無い。ベストは「Let Me Show U」で良いと思うがどの曲を取り上げても悪くないと思う。難点をあげるなら曲名とサビが一致し難いことかな。「損はさせません」なんてうたい文句はこのCDの為に有るようだ。

Continue reading "Let Me Show U/Lorenzo Smith"

| | Comments (0)

December 21, 2007

年末年始の更新について

シングル盤のネタ切れのため21、25、27、28はお休みさせていただきます。
(ブログ初めてから初めての休みな気がする、嬉しい)
正月以降はシングル盤の代わりにMDから(元はシングル盤だけど)のエントリになります。
12/30〜1/6までは(毎日更新)会社の休みってことで気の向くまま(笑)ってことになりますのでよろしくお願いします。

| | Comments (4)

December 20, 2007

They're Playing Our Song On The Radio/Patterson Twins

Patterson_twinstheyre_playing_our_s1984年のシングル盤。
オリンピックイヤーと書いてあるところに注目(笑)
「They're Playing Our Song On The Radio (Part 1)」
とにかく軽快なテンポとリズムが素敵。中盤に電話の音や女性の声が入ったりして面白いというか楽しい、これくらいが好みなんだな〜。
「They're Playing Our Song On The Radio (Part 2)」
演奏プラスコーラスって感じかな。こちらも電話の音。早い話リードを控えた感じかな。

Patterson Twins

| | Comments (0)

December 19, 2007

Footsteps In The Dark/Body

Body1990年のCD。カセットテープから。
全体的に安定感のある歌いっぷり。ヒップホップ、ニュージャックスイング、ファンクと何でも器用に出来ちゃうタイプかな。そんな中でも「Footsteps In The Dark」は別格。これに比べちゃうと他の曲はやっぱり曲自体が弱いって印象。

Continue reading "Footsteps In The Dark/Body"

| | Comments (0)

December 18, 2007

Shame On You/Patience

Patienceshame_on_you制作時期の記載は無いようです。
「Shame On You」
ソウル系のグループとしては軽めのナンバー。白人がやってても違和感は無い感じ。でも青春まっただ中って感じで結構良い。
「This Is All I Can Say」
実はこのグループ先日紹介してるんだけど、それはSound On Solid Grounds 1001。今日のはSound On Solid Grounds 1002。同じくこの曲が入ってたんですが長さが違うんですよね。iTunesによると4;36が先日。今日のは5;08でこちらの方がお得?
以下は先日のコメント。
「こちらはスローナンバー。リードが一人でがんばってますがそれでも流石にコーラスグループ(ひょっとしてファンクバンド?)っぽいコーラスも入ってます。
サビがもう少し分かり易かったらな〜。」

| | Comments (2)

December 17, 2007

忘れてた訳じゃないMD

Md長い時間をかけてデジタル化を進めていたシングル盤もいよいよ終わり。
(多分、その後整理し直すつもりだが忘れてたってのが有るかもしれない)
そんな訳で1年以上前から買うと云っていたMD(レコーダーって書いてあった)をやっと買ってきた。8千円台だったからまずまずか。(勿論ハードオフ)
見た時からひょっとしてと思っていたが以前購入しカセット(レコーダー)と同じデザインの物。一枚目のMDを入れてみたら19曲入ってるみたい。頭出しは出来るようだからカセットよりは取り扱いが楽かな。多分、年内は少しお休みをいただいて来年から始めるつもり。

| | Comments (2)

You Need Me/Joe Wilson

Joe_wilsonyou_need_me1987年の12インチ。
「Family Man」
なんと云うか非常に中途半端なナンバー。途中で女性の語りと歌が入ってなんとか救われている。
「You Need Me」
同じくミディアムスロー。こちらの方が曲の出来が良いのかもう少しでしっかりとした歌いっぷりってところ。

| | Comments (0)

December 16, 2007

Sleigh Ride/Babyface

Babyfacechristmas_with_babyface1998年のCD。
昨年のクリスマスが終わった後に購入。ほぼ1年間寝かしてたブツだが残念な事に出来がすこぶる悪い。きれいに仕上がってるが味がないしときめきも感じない。別に白人の2流シンガーがやってても大差ないと思う。ベストははっきりしてて「Sleigh Ride」巧くマッチしてて良さがでてる。でもこれだけじゃな〜。

Continue reading "Sleigh Ride/Babyface"

| | Comments (0)

December 15, 2007

New Jack Swing - Mastercuts Volume 1

New_jack_swing_mastercuts_volume_11992年のCD。
ニュージャックスイングの体験は遅かった。このCDが初めてだったかも。
基本的に70年代初期のサウンドが一番好みでどうしても判断の基準になる。新しいサウンドがでてきたとは聞いていたがだからといってホイホイと知らないレコードを買ってたら月に10万円超えてたかもしれない。80年代後半には5万円超えてた記憶が.....

Continue reading "New Jack Swing - Mastercuts Volume 1"

| | Comments (0)

livedoorのスパムチェッカーの出来が酷い

しばらく前に「Golden Age Of Soul Musicの編集不能」の記事をアップしたが、livedoorサポートから今は直っていますメールをいただいた。
そんなわけで再度スパムチェッカーを設定したがやはりダメ。結局もとに戻して正常な動作になりました。
今日になっていつもコメントをいただいているmasatoさんの「ロックとソウルとフライフィッシング」にコメントしようとすると撥ねられる。
直感的にスパムチェッカーのしわざと思った。
まあ、自分のところのWikiで更新が多いからかもしれないがスパマー(これで良かったか?)だと思われても仕方が無い気もする。
別のメールアドレスで試してみるってのも在りかな?

| | Comments (2)

December 14, 2007

Look In The Mirror Of My Eyes/Percy And Them

Look_in_the_mirror_of_my_eyes1977年のシングル盤。
「Look In The Mirror Of My Eyes」
無茶苦茶好みのナンバー。リズムとテンポ、コーラスも良いしムードも。
「Trying To Find A New Them」
こちらは少しファンキー調。出だしはかなりシャウトしてます。アップテンポで70年代らしいナンバー。70年代の素養の無い人にはこの良さは分からないかも。

| | Comments (0)

December 13, 2007

Some Guys Have All The Luck/The Persuaders

The_persuaderssome_guys_have_all_th1973年のシングル盤。
「Love Attack」
個人的にはGlass Tearの「Love Attack」を思い出すのですけど、どうやら別もの。あとJames Carrも聞き物。Spencer WigginsはJames Carrと同じ曲。あとImpact、Mighty Fire、Patti La Belleも「Love Attack」というタイトルの曲を歌ってるみたい。リズムはHotwax/Invictusっぽい、出来はイマイチ。アルバムには入ってないのかな。
「Some Guys Have All The Luck」
74年のアルバム「Best Thing That Ever Happened To Me」に入っている1曲。アルバムを紹介した際「落ち着いたボーカルで深みが有りますね。曲自体が良く出来ていると思いますし、テンポ、雰囲気も素敵です」って書いてる。ちょっぴり脱力系。

The Persuaders

| | Comments (2)

December 12, 2007

Someday We'll All Be Free/James Ingram

James_ingramits_real1989年のCD。カセットテープから。
流石に巧いし、出来もかなり良いと思う。ただしこの人イマイチ自分の好みと合わない。良く云えば穴が無い、悪く云えば歌に入り込みにくい。そういえばSOULOGのSugar Pie Guyさんが「ソウルは破綻してるのが特徴」みたいな事を書いてみえたが私の勘違いかもしれないがこういう事を云うのかな?
声を掛けにくい優等生と云った方が分かり易いか。

Continue reading "Someday We'll All Be Free/James Ingram"

| | Comments (2)

December 11, 2007

I'm Gonna Make This World A Better Place/Patches

Patchesim_gonna_make_this_world_a_b1982年のシングル盤。
「I'm Gonna Make This World A Better Place」
B面はインストルメンタル。
リズムはDelegationのWhere Is the Love (We Used To Know)かな。声からすると男女の混合グループ。リードはなかなか熱っぽい歌いっぷりです。

| | Comments (0)

December 10, 2007

Who's Talking You Home/Jeri-Q

Jeriqwhos_talking_you_home1979年の12インチ。
「Who's Talking You Home」
ストリングスから入ってテディ・ペンダーグラスばりの低音でのシャウト。完全にディスコなアレンジも問題無し。プロデュースは「Jerome Q. Jones」これが本名みたい。
「It's The Law (You Gotta Dance)」
完全にディスコ調。歌いっぷりはテディ・ペンダーグラス調。ディスコ調のリズムの上ではかなり歌っている。この辺りは好感がもてます。

| | Comments (0)

December 09, 2007

クリスマスソングCD

Christmas_songs_2007今年のクリスマスソングCD(自分用)例によってラベルも作成。
サンタさんを始めクリスマス系のネタを探したのだが納得出来るものが見つからず思いついたのがクリスマスケーキ。
これまたイメージに合うのがなかなか見つからず結局、三越(名古屋)のページで見つけたケーキを使用。
内容は以下の通り。
■Alexander O'Neal
Sleigh Ride / My Gift To You
Thank You For A Good Year / My Gift To You
■Babyface
Sleigh Ride / Christmas With Babyface [Japan]
■Bigg Robb
Can I Jingle Your Bell / Merry Christmas From The Bigg Man
■Clyde McPhatter & The Drifters
White Christmas / Atlantic Rhythm & Blues 1947-1974 Volume2
■Ebonys
Christmas Ain't Christmas, New Years Ain't New Years Pt1 (Vocal) / The Ebonys Golden Philly Classics The Ebonys
■Emulations
My Christmas Tree
■Kenny Williams
Old Fashion Christmas Part1 / Ben Mor 1001
■Marvin Gaye
I Want to Come Home for Christmas / A Motown Christmas
■Randy Brown
At Christmas Time / The Rough Edge - The Best Of Contemporary Deep Soul
■The Temptations
Everything for Christmas / Give Love At Christmas Day
Give Love On Christmas Day / Give Love At Christmas Day
Love Come With Christmas / Give Love At Christmas Day
This Christmas / Give Love At Christmas Day
■Whispers
White Christmas / Happy Holidays to You
Funky Christmas / Happy Holidays to You
This Time Of The Year / Happy Holidays to You

クリスマスプレゼント/Old Fashion Christmas Part1

| | Comments (4)

腰にきた

12月となると冬ってことで空気が乾燥する>火事>防火の神様>秋葉神社の祭り>掃除。
先週婦人会が掃除してましたから、主に庭木の手入れと拝殿の掃除がメイン。メンバーの中では2番目くらいの若手ってことで拝殿の外側の窓拭きをしました。
ワゴン車等の屋根拭きに使えるはしごをもって行って登った訳ですが緊張感が有って多分痩せたと思う。
しかしそれが腰にもきたようで右側だけが痛い。いや〜、歳を感じました。
で、昼から秋葉神社の祭り。

| | Comments (0)

December 08, 2007

Have You Had Your Love Today ?/The O'Jays

The_ojaysserious1989年のCD。
遥か昔に購入していた1枚。とっくに紹介してたと思ったらまだだった。この手のCDは結構有りますから少しずつ記事にして行く予定。
出来はまずまずと云ったところか?流石にO'Jaysらしさを感じさせてくれますが曲自体の仕上がりがイマイチ。そう考えるとブレイクした頃が懐かしい。

Continue reading "Have You Had Your Love Today ?/The O'Jays"

| | Comments (0)

December 07, 2007

Golden Age Of Soul Musicの編集不能

どうやらlivedoor Wikiは大幅な変更をしたみたい。
Firefoxでサブカテゴリーを変更出来なかったり、まるでリンクをはれない状態になってたりということで編集不能になっております。
リンクをはれないとディスコグラフィとリンク集であるGolden Age Of Soul Musicは意味をなさない訳で.....どうしたものか?
問い合わせのフォームも一つ送ったら二つ目は送れない有様。
そんな訳でしばらくは更新を停止する事になりそうです。
他のWikiに移ろうかしら?


12/8追加-原因判明

<<[お知らせ] スパム、荒らし対策用にスパムチェッカーを用意しました。
設定はスパム、荒らし対策の設定で行えます。>>

が原因だった模様。チェックを外したら普通に変更出来る。
早い話、スパムチェッカーの出来が悪いの一言につきます。
Wikiのオーナーまで更新出来ないとは.......

| | Comments (0)

I Just Can't Say Goodbye/Philly Devotions

Philly_devotionsi_just_cant_say_goo
I Just Can't Say Goodbye(Columbia盤)/Philly Devotions

1974年のシングル盤。
以前のエントリ「I Just Can't Say Goodbye/Philly Devotions」で紹介した時に

「どうやらこちらがオリジナルでColumbiaが買い取ったって感じですね。Columbia盤はB面がインストルメンタルになってる様...」

と書いてますが、そのColumbia盤でB面がインストルメンタル。

Philly Devotions

| | Comments (0)

December 06, 2007

Speaking Of You/The Premiers

The_premiersspeaking_of_you制作時期の記載は有りません。
先日のJust A Penalty/The Premiersと同じグループかは分からない。
「Speaking Of You」
王道と云っても良いくらいバラードらしいナンバー。甘茶系の曲ほど甘くない事から60年代かな〜。
「Funky-Monkey」
1970年前後の雰囲気のファンキーなナンバー。ほとんどかけ声以外は演奏で単にインストルメンタルだと思う。でも結構面白い。

| | Comments (0)

December 05, 2007

Burn You Up/Jesse Johnson

Jesse_johnsonshockadelica1986年のCD。カセットテープから。
すっかり忘れちゃってて全然覚えが無かった。聞いてみてやっと思い出した。覚えてない理由も。だって好みの音じゃないんですもの。

Continue reading "Burn You Up/Jesse Johnson"

| | Comments (2)

December 04, 2007

Just A Penalty/The Premiers

The_premiersjust_a_penalty制作時期の記載は有りません。
「Just A Penalty」
無茶苦茶甘いナンバー。同じAvcoのスタイリスティックスよりはソウルファンには喜ばれそう。
「Take My Hand」
サビはもう一つと云ったところだがリズミカルでなかなかの出来。
本当にサビが分かり易ければ素晴らしいの一言になりそうだが一般向けにはちと厳しい気もする。

| | Comments (0)

December 03, 2007

Sharing Your Love/Joe Valentine

Joe_valentineone_night_stand1988年のミニLP?
全然知らないアーチストですがレコード会社はオースチン、テキサスだそうで...
写真からすると結構若そう。時や場所を考えれば良くやってる方か?

Continue reading "Sharing Your Love/Joe Valentine"

| | Comments (0)

December 02, 2007

Rain In My Life/Prophecy

Prophecyrain_in_my_life1972年のシングル盤。
「Let Me Keep On Walking」
コーラスグループっぽい作りだけどなんか違う。1972年という事で甘茶的にはイマイチあか抜けないサウンド。リードが一寸変わった歌い方もしてるし.....それでもなかなか良い雰囲気。
「Rain In My Life」
サビはイマイチ分かりにくいのが難点だが息使いが聞こえるような歌いっぷりとサウンドがマッチしていてなかなか良い出来。そういえばコーラスが入ってない気がする。本当はソロなのかな〜。

| | Comments (2)

December 01, 2007

Thank You For A Good Year/Alexander O'Neal

Alexander_onealmy_gift_to_you1988年のCD。カセットテープから。
かなり前にMP3化してたのですが12月まで待ってた1枚。巷ではクリスマスアルバムとしての評価が高いようだがそこまで良いかはちょっぴり疑問。
個人的には「Thank You For A Good Year」が一番の収穫。次点がソウルファンには定番の「This Christmas」

Continue reading "Thank You For A Good Year/Alexander O'Neal"

| | Comments (2)

« November 2007 | Main | January 2008 »