« October 2007 | Main | December 2007 »

November 30, 2007

This Is All I Can Say/Patience

Patiencethis_is_all_i_can_say制作時期の記載は無いようです。
「Tell Me」
プッシュホンの音(?)を模した音から始まります。早い話まるっきりのファンクナンバー。これはこれで在りかも。シングル盤では珍しく7分近い大作(単に長いだけだけど)
「This Is All I Can Say」
こちらはスローナンバー。リードが一人でがんばってますがそれでも流石にコーラスグループ(ひょっとしてファンクバンド?)っぽいコーラスも入ってます。
サビがもう少し分かり易かったらな〜。

| | Comments (0)

November 29, 2007

U.S.BDG収録アルバムのリスト-9

The 80’s Black Contemporalies / 80年代のソロ・シンガー

"551","Michael Jacksons","Off The Wall"
"552","Lionel Richie","Can't Slow Down"
"553","George Benson","While The City Sleeps"
"554","Peabo Bryson","Reaching for the Sky"
"555","Jeffrey Osborne","Stay With Me Tonight"
"556","Howard Hewett","I Commit to Love"
"557","James Ingram","It's Real"
"558","Luther Vandross","Forever, For Always, For Love"
"559","Fonzi Thornton","Pumpin'"
"560","Sadane","One Way Love Affair"
"561","James D-Train Williams","In Your Eyes"
"562","Kashif","Send Me Your Love"
"563","Howard Johnson","Keepin' Love New"
"564","Lillo Thomas","Lillo"
"565","Glenn Jones","Finesse"
"566","Freddie Jackson","Don't Let Love Slip Away"
"567","Chuck Cissel","Just For You"
"568","Curtis Hairston","Curtis Hairston"
"569","Leon Bryant","Finders Keepers"
"570","Colonel Abrams","Colonel Abrams"
"571","Chad","Love & Promises"
"572","Eugene Wilde","Eugene Wilde"
"573","Alexander O'neal","Alexander O'neal"
"574","Toney Lee","Teaser"
"575","Robert ""Goodie"" Whitfield","Called Me Goodie"
"576","O’Bryan","Be My Love"
"577","Michael Wycoff","On the Line"
"578","Gregory Abbott","Shake You Down"
"579","Randy Hall","Love You Like A Stranger"
"580","James Robinson","Guilty"
"581","Sherrick","Sherrick"
"582","Norwood","I Can't Let You Go"
"583","Chuck Stanley","The Finer Things In Life"
"584","Oran 'Juice' Jones","Juice"
"585","Tashan","On the Horizon"
"586","Giorge Pettus","Giorge Pettus"
"587","Scott White","Success...Never Ends"
"588","John White","Night People"
"589","Christopher Williams","Adventures In Paradise"
"590","Eric Gable","Caught in the Act"
"591","Tony Ronson","Ronsom"
"592","C.J. Anthony","Luv's Invitation"
"593","Tony Terry","Forever Yours"
"594","Demetrius Perry","Another World"
"595","Bobby Glover","Bad Bobby Glover"
"596","Grady Harrell","Romance Me"
"597","Will Downing","Will Downing"
"598","Bert Robinson","No More Cold Night"
"599","Alton “Workie” Stewart","Allen Our Love"
"600","Babyface","Lovers"
"601","Dr.York","New"
"602","Cliff Dawson","Never Say I Do (If You Don’t Mean It)"
"603","McFadden & Whitehead","McFadden & Whitehead"
"604","Ebo","I’d Rather Be By Myself"
"605","Oliver Cheatham","Saturday Night"
"606","Bobby Thurston","Sweetest Piece Of The Pie"
"607","Maurice Starr","Flaming Starr"
"608","Wee Gee","Hold on to Your Dreams"
"609","Philippe Wynne","Philippe Wynne"
"610","Anthony Watson","Anthony Watson"
"611","Robert Winters & Fall","L-O-V-E"
"612","Willie Collins","Where You Gonna Be Tonight?"
"613","Lenny Williams","Layin In Wait"
"614","Smokey Robinson","One Heartbeat"
"615","Ricahrd 'Dimples' Fields","Dimples"
"616","T.C. Curtis","Step By Step"
"617","Jonathan Butler","Heal Our Land"
"618","Errol Brown","That’s How Love Is"
"619","Steven Dante","Find Out"
"620","Terence Trent D'Arby","Introducing the Hardline According to Terence Trent D'Arby"
"621","Ronnie McNeir","Life & Love"
"622","Ashford & Simpson","High-Rise"
"623","Womack & Womack","Love Wars"
"624","Cheryl Lynn","Instant Love"
"625","Sharon Redd","Redd Hot"
"626","Melba Moore","What A Woman Need"
"627","Evelyn ""Champagne"" King","I'm In Love"
"628","Stephanie Mills","Stephanie"
"629","Janet Jackson","Control"
"630","Whitney Houston","Whitney Houston"
"631","Anita Baker","Rapture"
"632","La La","La La"
"633","Meli'sa Morgan","Do Me Baby"
"634","Genobia Jeter","Genobia"
"635","Shirley Murdoch","Shirley Murdoch"
"636","Karin Jones","Under The Influence Of Love"
"637","Peggie Blue","Blu Blowin'"
"638","Miki Howard","Miki Howard"
"639","Veronica Underwood","Veronica Underwood"
"640","Donna Allen","Heaven on Earth"
"641","Veneese Thomas","Vaneese Thomas"
"642","Regina Belle","All By Myself"
"643","Vesta Williams","4 U"
"644","Dee Dee Wilde","No Way Out"
"645","Karyn White","Karyn White"
"646","Rosie Gaines","Caring"
"647","Shanice","Inner Child"
"648","Ren Woods","Azz Izz"
"649","Ruby Turner","Women Hold Up Half the Sky"
"650","Rene Hayes","You Are The Answer"
"651","Shirley Jones","Allways In The Mood"
"652","Alyson Williams","Raw"
"653","Tramaine","The Search Is Over"
"654","Vanessa Bell Armstrong","Vanessa Bell Armstrong"
"655","Millie Scott","Love Me Right"
"656","Aretha Franklin","Jump To It"
"657","Patti LaBelle","The Spilit's In It"
"658","Dee Edwards","Two Hearts Are Better Than One"
"659","Rena Scott","Love Zone"
"660","Liz Hogue","Vicious & Fresh"
"661","Angela Winbush","The Real Thing"

| | Comments (0)

I Believe I Can/Paul Kelly

Paul_kellyi_believe_i_can1974年のシングル盤。
「Get Sexy」
コミカルなナンバー。テンポも良いしノリも悪くない。「Stealin' Love On The Side」のしっとりとした雰囲気とは正反対ですがなかなか良いですね〜。
「I Believe I Can」
ステイプルシンガーズを軽くしたような感じ。落ち着きのある声は良い感じ。良い味出してるな〜。

Paul Kelly

| | Comments (0)

November 28, 2007

To the Letter/Millie Scott

Millie_scotti_can_make_it_good_for_1988年のCD。カセットテープから。
Quiet Eleganceに居た事からついついFrankie Gearingと比べちゃいますがMillie Scottの方がポップというかブラコン寄りだと思います。出来はそれなりに良いのですがインパクトは無い。中では「To the Letter」かな〜。

Continue reading "To the Letter/Millie Scott"

| | Comments (2)

November 27, 2007

Stealin' Love On The Side/Paul Kelly

Paul_kellystealin_love_on_the_side1976年のシングル盤。
「Play Me A Love Song」
いかにもシンガー&ソングライターが歌いそうな雰囲気。一度終わった感じからまた始まるという最近ではあまり見かけないタイプ。
「Stealin' Love On The Side」
こちらはマイフェイバリットなナンバー。サザンソウルに見られるスィートな味わいは素晴らしい。

Paul Kelly

| | Comments (0)

November 26, 2007

Can We Do It Again/James Robinson

James_robinsoncan_we_do_it_again1987年の12インチ。
「Can We Do It Again」
ミディアムテンポの作品でまずまずの出来。
「Feel Like Going On」
サウンドはオシャレなのですが悪くは無いのですがもっとポップな分かりやすさが欲しいですね。
「You're The One I've Been Dreaming Of」
サビはなかなか良いのですが全体的にはもうひとつかと云った出来。

以上がアルバムを紹介した時のコメント。
そう、全部アルバムに入ってるのよね(泣)
それでも一応ジャケットが有るから少しは救われてます。

James Robinson

| | Comments (0)

November 25, 2007

明日から

明日から「~ ソウル一日一枚 ~ 」にしようかと思う。
SOULOG by Sugar Pie Guyさん風に)
Golden Age Of Soul Musicに力が入り過ぎてるというのも一因。レコードのデジタル化もメドがたってきたし。
後はシングル盤をMDに録音したものだがプレイヤーを買わなきゃいけない。
付けてから1年もたってから気がついたのだがカーナビでMDが聞けるようだ。
まずはかなりの年数がたっているのでちゃんと聞けるか確かめてからになるが手が伸びないんだよな〜。

という事で更新が今までと変わりますがよろしくお願いします。

| | Comments (2)

Long Way From Home/Roi Anthony

Roi_anthonythe_true_soul_experience2006のCD。
結構熱い歌いっぷり。ズ〜と考えていたが結局のところK-Ci & JoJoってところかな。正直なところまだラップ臭が臭過ぎる。それでもここまで聞けるのは珍しい。
今の基準で考えたら上出来だが昔の基準で考えたらメロディ的には見る影も無い。変名で良いから70年代の曲を思いっきり歌ってほしいと切実に思う。

Continue reading "Long Way From Home/Roi Anthony"

| | Comments (0)

ゴルフとタイヤの空気圧

青森県では洪水の直後大雪だそうで、異常気象そのままですね。
そんなんで今年はいつもより早めにスタッドレスタイヤに交換した。
ところが一寸問題が発生。
国産車だとドアに空気圧が書いてあるんだがゴルフには書いてなかった。
取り扱い説明書を見てもすぐには見つからない。ボクチンを送って行く都合で時間切れで帰りにスタンドで空気を入れてもらった。スタンドでもはっきり分からないのでとりあえず高めの2.4に設定してもらった。(後で空気を抜きゃ良いからね)
帰って来てからやっと取り扱い説明書の記載を見つけた。
これがなぜかガソリンの投入口に書いてあるのだと....なぜ?
ところがこれを見て更に分からなくなった。
どういう事かというと乗車人数が2人の時と5人+荷物の時で空気圧が違うのだ。
2人の時は前輪後輪ともに1.8、5人+荷物の時は高く、驚く事に後輪は3を超えてる。
困った時のインターネット。という事で見てみると。
「GOLF WAGON GT MEMO」さんの記事から
タイヤの空気圧について
そうか、自分で調整すべきなのか。
他での情報からもどうやらドイツ人はこまめに空気圧を変更してるようだ。
本当はそれが正解なんでしょうね。
念のため信頼出来るタイヤショップで聞いて来た。雪が降ったら低めの方が良いとか。
自分なりのメドとして
雪が降ったら---2.0
スタッドレスタイヤ---2.2
インチアップ---2.4
とりあえずこんなところか。後、安いコンプレッサーを考えてみようか。

| | Comments (0)

I've Got Everything I Need/Quiet Fire

Quiet_fireive_got_everything_i_need1979年のシングル盤。
「I've Got Everything I Need」
AOR風でなかなかの雰囲気。「Quiet Fire」って名前は何処かで聞いた気がするが.....「Love Explosions」ってアルバムからのカットのように書かれている。
「It's A Holiday」
こちらはファンク系。まずまずの出来。これくらいだったらアルバムが有っても不思議じゃない。

| | Comments (0)

November 24, 2007

The Situation/Bell Biv DeVoe

Bell_biv_devoehootie_mack1993年のCD。
元々ニュージャックスイングは興味がなかったわけだが、あるコンピを購入してからそれなりに注目している。「それなりに」と云うのはこの手の曲の場合で来不出来の差が激しいからなんでも手を出せば良いものでない事を意味する。
例によってブックオフで安かったから購入した訳でお勧め出来るような内容では無い。後半の方が出来は良いのだがその分黒っぽさは薄く残念。

Continue reading "The Situation/Bell Biv DeVoe"

| | Comments (0)

Friday The Thirteenth/Que Sunryse

Que_sunrysefriday_the_thirteenth1973年のシングル盤。
「Friday The Thirteenth」
サザンソウルっぽい語りが入るナンバー。Don Covay辺りを思わせます。こういったスローは良いですね。
「A Storm Brewing」
雰囲気的には「Friday The Thirteenth」をアップテンポにした感じかも。

| | Comments (0)

November 23, 2007

Hello Stranger/The Quickest Way Out

The_quickest_way_outhello_stranger1974年のシングル盤。
「Hello Stranger」
有名な曲ですね。いろいろ探してみると「Barbara Lewis」がオリジナルかな。1963年みたい。でも聞いてみると古過ぎ。よく聞いたのは誰の曲なんだろうか?
「Tick Tock Baby (It's A Quarter To Love)」
どう見ても女性がリード。「Hello Stranger」の後だと粗い、粗い。かなりファンキー。

| | Comments (0)

November 22, 2007

Betcha If You Check It Out/The Quadraphonics

The_quadraphonicsbetcha_if_you_chec1974年のシングル盤。
「Betcha If You Check It Out」
とにかく格好良いアップテンポのダンサー。途中のパーカッションも素敵。特に後半が凄い。

| | Comments (2)

November 21, 2007

聞けばきっと欲しくなると思うんだけどな。

自分用に焼いたCDの中から「Memory/James King」をアップしてみました。
5分近い曲でもありますしテストってことで少し短くしました。
聞けばきっと欲しくなると思うんだけどな。

http://web.mac.com/muto448/iWeb/Site/Podcast/Podcast.html
から。
今週中くらいで消します。

追加/
間違えて元のデータを配信してたが修正済み。

| | Comments (0)

He Doesn't Know I'm Alive/Janet Jackson

Janet_jacksoncontrol1986年のCD。カセットテープから。
とにかくアップテンポの曲はインパクトが大きい。自分の好みとはちょっと違うがそれでも名盤には違いないでしょうね。じゃあ買うかという逆に引いちゃう

Continue reading "He Doesn't Know I'm Alive/Janet Jackson"

| | Comments (0)

What Can A Man Do/Showstoppers

Showstopperswhat_can_a_man_do1976年のシングル盤。
「Ain't Nothing But A Houseparty」
雰囲気的には60年代後半のテンプス。アップテンポのダンサブルなナンバーです。
「What Can A Man Do」
こちらの方がもっとテンプス。いや、いやフォートップスか。しかし時代錯誤なグループだなぁ。

| | Comments (0)

November 20, 2007

Open The Door To Your Heart/Sonny Munro

Sonny_munroopen_the_door_to_your_he1975年のシングル盤。
「Open The Door To Your Heart」
軽快でサザンソウルの雰囲気のナンバー。本来のB面は「(Tears) Can Only Makes The Problems Wet」らしいのですが残念ながら私のはセイムフェイス。
「Golden Age Of Soul Music」によると「Soul On誌 No.149 1985-6」に記事が有るようだ。

Sonny Munro

| | Comments (5)

November 19, 2007

「Golden Age Of Soul Music」の編集権限を変更

Golden Age Of Soul Music」のトップページのリンク先を勝手に替えられましたので編集権限をlivedoorID保持者のみからメンバーに変更しました。
いったい何なのかな〜?

| | Comments (2)

Ain't No Way I'm Giving Up/Kenny Young

Kenny_youngaint_no_way_im_giving_up1990年の12インチ。
「Ain't No Way I'm Giving Up」
よくわからないジャンルにモダンソウルってのが有りますがまさにそんな感じかな。サウンドはモダンな感じでブラコン風?女性コーラスも良いけど何よりもリードが良い感じ。

| | Comments (0)

Just Like She Said She Would/Soul Ambassadors

Soul_ambassadorsjust_like_she_said_制作時期の記載は有りません。
「I've Got The Feeling」
アレンジ的にはJBのスローのアレンジを取り入れてるっぽい感じ。リズムは早めなんですが歌はミディアムテンポ。まずまずの出来。
「Just Like She Said She Would」
「Soul Summit」というアルバムを出しているAmbassadorsとは別物かな。サビは印象的で何処かで聞いた覚えがある。調べてみるとコンピの「Soul Bag Vol.1」に入ってるようだ。鈴木啓志氏による解説も有り。

| | Comments (0)

November 18, 2007

The Feelings That I Have/The Fabulous Waller Family

The_fabulous_waller_familylove_mood1980年の作品最近のCDを購入。
マニアの評判はかなり良いんですが「それほど?」って感じ。というか、極上のB級グループみたい。聞き方としては音量上げて繰り返し聞くと満足感を得られそう。一気に引き込むって感じじゃなくてじわじわと味わえるタイプみたい。

Continue reading "The Feelings That I Have/The Fabulous Waller Family"

| | Comments (0)

This Is Soul

This_is_soul制作時期は不明(探しても見つからない)
ブックオフで250円。全部で25曲。これで有名どころがはいってるからお買い得。

Continue reading "This Is Soul"

| | Comments (0)

November 17, 2007

AirMac Extremeベースステーション+無線LAN USBアダプタ 再び

先月取り付けた「AirMac Extremeベースステーション+無線LAN USBアダプタ」。
最初は良さげだったのですが、ボクチンから頻繁に接続が切れると云った苦情が.....
試してみると接続しても断続的に切れまくりほとんど実用に絶えず。
そんな訳でもとの有線LANを復活させようとそれなりの電気屋に行ったのですが売り場が縮小され肝心のものが手に入らない状態。ネットでも見つからない。
そして今日、まず怪しいUSBをUSBカードを取り付けてみましたが症状は変わらず。そういえばネットで情報を見てなかったな〜と思い調べてみると有りました。
結局ドライバーが古いようで新しくダウンロードしてみるとこれが正解。切れなくなりました。
ただしアメリカのサイトからのダウンロード。日本のページにはいっさい出てませんでした。これだからダメなんだ。日本のサイトは信用出来ない。
PLANEXのGW-US54GXSドライバー

| | Comments (0)

Fresh/Kool & The Gang

Kool_the_gangemergency1974年のCD。
昔のイメージは全然無くて別物って云って良いんじゃ無いかな。どうやらロック系の音を取り入れているとかでつまらない出来。良い方にでる事も無い事は無いがまずダメでしょ。

Continue reading "Fresh/Kool & The Gang"

| | Comments (0)

Carry On, Turn Me On/Space

Spacecarry_on_turn_me_on
1977年のシングル盤。
「Carry On, Turn Me On」
stereo/mono
早い話ディスコ系ですね。ただしディスコ、ディスコしたタイプじゃない。ドナサマーをもっとムーディにした感じ。出来はまずまず。たまにはこんなのも良いかな。

| | Comments (0)

November 16, 2007

Hey You/Symba

Symbahey_you1979年のシングル盤。
LPもでていて以前に紹介済み。「Body Bait」がアルバムタイトル。
「Go Away Sad Memory」
女性がリードを努めますが良く出来てると云うか、面白みには欠けるな。味わいの有る歌い方じゃないってことに尽きるかも。白人が歌ってもあまり変わらないんじゃないかな。
「Hey You」
スローナンバー。途中に語りも入りなかなかの出来、もうひとひねり有れば最高評価だったのに残念。サックス等の音も甘茶ファンの好みだと思う。

| | Comments (0)

November 15, 2007

Signed, Sealed, Delivered, I'm Yours/Stevie Wonder

Stevie_wondersigned_sealed_delivere1970年のシングル盤。
「Signed, Sealed, Delivered, I'm Yours」
リアルタイムで聞いて非常に印象的だった。当時の日本の音楽からすると別次元の音を感じたんだろうな。スティービー・ワンダーはこの後ヒット曲を連発するのだがサウンドが聞き易くなっただけな気もする。そんな訳で私的には彼のベスト。
「I'm More Than Happy (I'm Satisfied)」
スティービー・ワンダーの初期らしいサウンド。この後劇的に変化しますがそれでもある程度予想出来そうな感じ。

Stevie Wonder

| | Comments (0)

November 14, 2007

Don't Make Me Late/Johnnie Taylor

Johnnie_taylorlover_boy1987年のCD。カセットテープから。
いわゆるサザンソウルの範疇ですが1976年の「Disco Lady」のヒット以来少しあか抜けてちょうど聞き易く味がある感じになって来た。アルバムもコンスタントに発表しているがさすがに田舎では手に入りにくい。それが田舎のレンタル屋で手に取れたのだからびっくりした(当時)
内容はバラエティに富んでいて出来も当然悪くはないのだが好みなのは1曲目。中途半端って言い方も出来るから大枚はたいてCDを買うまでは至らなかったと思う。

Continue reading "Don't Make Me Late/Johnnie Taylor"

| | Comments (4)

I Forgot/Soul Attractions

Soul_attractionsi_forgot制作時期の記載は有りません。
「I Never Knew What Love Was Like」
いかにも垢抜けしない雰囲気の曲。所々アレッと思うところは有るんだけどな〜。
「I Forgot」
曲はこちらの方が遥かに良い。甘茶認定には今ひとつと云ったところかもしれませんが後半はかなりスィートで良い雰囲気がでてます。

| | Comments (2)

November 13, 2007

伊那市の現場がトラブり課題が見つかる。

伊那市の現場から電話が入り機械が動かないとの事。
一定の圧力になると機械が停止するのだがその後動かないという。
操作盤のサーマルリレーの復旧を試してほしいと云ったのだがあまり分からないみたいだった。ところがこれが幸いした。
電気屋さんを呼んでみてもらったのだ。ところが線が1本切れているようだと云って帰って行ったのだとか。
これっておかしい訳で単相運転だったら電気屋さんで簡単に直せる訳でそれをしないで帰ったという。機械の内部的には断線するようなところは無い。
機械のメーカーの取扱説明書には書いてないがモーターがブレーキ付きという特殊なものでブレーキが効いた後解放しないと単相運転に似た症状になる。
おそらくこの辺りが電気屋さんには分からなかったのだろう。
こうなるとメーカーでの調整しか無理なのでさっさと交換。
普通に動いていた後突然に動かなくなったという事等大変為になりました。
今までのトラブルは纏めてあるのだがトラブルシューティングの方には追加してなかった。このところサーマルリレーの復旧が分からない現場も増えている事からもっと適切に回答出来るよう纏めて行く必要を痛感しました。

| | Comments (0)

Hey, Did You Give Some Love Today?/Street Christians

Street_christianshey_did_you_give_s制作時期の記載は有りません。
「Hey, Did You Give Some Love Today?」
どうやら女性グループ。取り立てて特徴は無いがHotwax/Invictusをあか抜けなくした感じ。
「Great Day In The Morning」
リズミカルなナンバー。あまり黒人っぽくは感じられない。

| | Comments (0)

November 12, 2007

We Got To Stop Meeting Like This/Harvey Scales

Harvey_scaleswe_got_to_stop_meeti_21991年の12インチ。
「All In A Night's Work」
91年のCD「All In A Night's Work」のタイトル曲ですね。CDの方はまだ紹介してなかった。ドラマチックな作品に仕上げたかったと思うのですが個人的にはもう一つと云ったところ。「Golden Age Of Soul Music」には画像だけ上げてましたから参考にどうぞ。
「We Got To Stop Meeting Like This」
こちらもCDに入っています。曲自体が素直な作りで個人的にこちらの方が好みです。後半には女性の声も....

Harvey Scales

| | Comments (0)

Got To Find A Way/The Seven Souls

The_seven_soulsgot_to_find_a_way制作時期の記載は有りません。
「Groove In」
英語はよくわからないので何を歌ってるかは分かりませんが、地名を並べる曲は結構多い。少なくともある程度聞き取れるとそれなりに嬉しかった。
「Got To Find A Way」
60年の後半に(多分)多いファンキーなタイプの曲。出来はそれほどでもない。

| | Comments (0)

November 11, 2007

青少年育成大会ほか

昨年は運良く大会が開かれませんでしたが、今回は開催。
例によっていろいろな方の挨拶から始まり、中学生の合唱、講師の講演って形でした。
女性の高い声には感心しましたが合唱となるとこんな感じしか出来ないのよね。
遠くから呼んだ講師の講演は正直つまらなかった。もっとプレゼンを勉強した方が良いと思う。
昼頃には終わって喫茶店で休憩。ここでの雑談の方が為になる。
昼過ぎに帰宅した後は休憩した後に畑。
今日はネギに肥料を与えて里芋の間の草引き。来週辺りは芋掘りかも。

夕方になってETCカードが届いてる事に気づいた。聞いてみると午前中に届いたのだとか。
ETC本体も昨日に取り付け完了してますから、来週あたり高速にのってみなくちゃ。

| | Comments (3)

Talk To The Rain

Talk_to_the_rain2007年のCD。
しばらく前に名古屋に行った際にタワーレコードで購入。
正直言って手持ちのレコードとかなりかぶるのだがそれでもプチプチ音が無いのが嬉しい。
未聴で素晴らしかったのは「Look To Me Baby/Spring」

Continue reading "Talk To The Rain"

| | Comments (0)

Praying For A Miracle/Soul Generation

Soul_generationpraying_for_a_miracl1974年のシングル盤。
「In Your Way」
ゆったりとしたテンポで余裕も感じる歌いっぷり。途中の語りもまずまず。取り立てて目立つ曲では有りませんがじわじわ来ますね。
「Praying For A Miracle」
曲を書いているのは「Van McCoy」。それっぽい印象ですがミディアム〜アップテンポとしてなかなかの出来。早い話ポップってことですね。味わいはちょっぴり大味って感じかも。

Soul Generation

| | Comments (0)

November 10, 2007

One More Night/Bobby Brown

Bobby_brownremixes_in_the_key_of_b1993年のCD。
個人的にはニュージャックスイングの印象が強くて聞き流すような聞き方ならともかく私のようなものには一寸合わないかと思っていた。
特にニュージャックスイングの場合曲の出来に影響される部分が多く、歌の実力とは別物って印象。
だからポップさをうまく出せるかどうかなんだが結果的に特別なナンバーは無かったということ。でも3曲ほどはまずまずって所だった。

Continue reading "One More Night/Bobby Brown"

| | Comments (0)

That's The Way It's Got To Be(Body & Soul)/Soul Generation

Thats_the_way_its_got_to_bebody_sou制作時期の記載は有りません。
どうやら1972年みたいですね。
「That's The Way It's Got To Be(Body & Soul)」
「Paul Kyser」のプロデュース&アレンジです。流石の出来。かなり「Paul Kyser」の影響を感じます。
「Mandigo Woman」
珍しい(?)アップテンポのナンバー。イメージが違うんですけど...やっぱりごめんなさい。

Soul Generation

| | Comments (0)

November 09, 2007

Come Back With Love -Part2/Special Delivery

Special_deliverycome_back_with_love1976年のシングル盤。
「Come Back With Love -Part1」
「Come Back With Love -Part2」
テリー・ハフが抜けたメンバーってことですがスリリングさでは及ばないかもしれませんが個人的にはこちらも捨てがたい。
特にPart2の方のコーラスと云ったら本当に極上ですよ。正確にはリードとコーラスの絡みかな。

Special Delivery

| | Comments (0)

November 08, 2007

CDを売る気があるのか?プリンス

いつも不思議に思うのが著作権。
「Computer U Relax」さんのところの「プリンスのファンサイト攻撃にファンが反撃」の記事に曰く
「プリンスは複数の弁護士を立て、自分のファンサイトに対し、著作権侵害を理由に、写真、似顔絵、歌詞、アルバムジャケットなどの使用を一切やめるよう通告した。」
確かに著作権をそのまま守るならそういった事もあり得るのだろうが
CDの購入者は何を参考にして購入するのだろうか?
新譜だったら各メディアで知る事も出来るだろうが、古いものだったらiTunesとか云った系統のものしか考えられない。(ファンサイトの他に)
CDショップなんかに行っても何を頼りに選ぶのだろうか。
私の場合ソウル系だったら「Golden Age Of Soul Music」でアーチストを検索してリンク先の評判を見てみてから決めるのだが(ひょっとして自画自賛?)
この場合ジャケット写真を覚えておくのだが(そんなことするなと云ってるんだよな)

そんな訳でこの記事を見てプリンスを買う気はすっかり失せた。(買わない事を勧める)
「Golden Age Of Soul Music」から丸ごと削除しようかとも思ったがとりあえず画像のみ削除した。
大人だから(笑)

| | Comments (2)

Talk To The Rain/Spring

Springtalk_to_the_rain1973年のシングル盤。
「Talk To The Rain」
コンピのタイトルにもなっておなじみのナンバー。とにかく素晴らしいムード。一度聞いたら忘れないんじゃないかな。
「You're So Hard To Forget」
甘茶らしい甘茶ナンバー。これを聞くと素晴らしいのはリードだけじゃなくコーラスもってことがよく分かります。

| | Comments (0)

November 07, 2007

ETCカードの申し込み

10月の頭にセントレアに行った際、名古屋の都市高速を走った時にETCの必要性を痛感しました。
だってETCが無いと車線の変更を余儀なくされて非常に危険と感じたから。
さらにWoodenshipsさんのお通夜に行った際、関〜郡上が550円。帰りは時間外で郡上〜美濃が850円。時間によっては思ってたより安くなるみたい。

そんなことから、
ひょっとすると月末に遠出の可能性もあるのでカーナビに連動させるタイプのETC機材を発注。更にネットからETCカードを申し込みました。
クレジットカードは増やしたくないのと審査が面倒なので(電話が嫌いとも云う)現在使っているUFJのものに。
電子マネーEdyがついてる「NEXCO中日本」は2枚のカードが送られてくるそうな。まさにこの理由で諦めた。
あと出光の「出光カードまいどプラス」は近場で出光のスタンドを思いつかなかった。

| | Comments (0)

My,My,My,/Johnny Gill

Johnny_gilljohnny_gill19901990年のCD。カセットテープから。
Johnny Gillのアルバムの中では定評のあるアルバムのようです。
確かに出来は良い方だと思います。でも個人的には「My,My,My,」1曲ではちと辛い。
アップテンポでスペシャルなのが欲しかった(贅沢か?)

Continue reading "My,My,My,/Johnny Gill"

| | Comments (2)

Stop Following Me/Satisfactions

Satisfactionsstop_following_me1966年のシングル盤。
「Give Me Your Love」
この時代らしいファンキーさを兼ね備えた雰囲気。ひょとして彼らの最初のシングル盤?
「Stop Following Me」
リードがシャウト気味のところなんかはやっぱり60年代って感じ。甘茶的な感覚からはちときついかも。

Satisfactions

| | Comments (0)

November 06, 2007

Wonder What She's Doin'/Soul Generation

Soul_generationi_wonder_what_shes_d1974年のシングル盤。
「Key To Your Heart」
アップテンポのナンバー。一寸変わってる感じ。
「I Wonder What She's Doin'」
こちらはSoul Generationらしいナンバー。なんと云っても素晴らしい雰囲気。リードボーカルによるところが大きいと思います。

Soul Generation

| | Comments (0)

November 05, 2007

Have You Seen Her/M.C. Hammer

Mc_hammerhave_you_seen_her1990年の12インチ。
「Have You Seen Her」
「Have You Seen Her (Instrumental)」
語りは普通通りに語りだけど本来が歌の部分とのつながりが面白い。正直言ってラップというよりは語りっぽい気もするがこれはこれで良し。
オリジナルのシャイライツと比べちゃ聞けるものでもない気もしますが下手に歌われるより遥かにマシ。

| | Comments (0)

Since I Don't Have You/Spellbinders

Spellbinderssince_i_dont_have_you1967年のシングル盤。
「I Believe」
年代が年代ですからイマイチ甘さは感じないがそれでもなかなか良い雰囲気。
「Since I Don't Have You」
これはおなじみのナンバー。これもなかなかの出来。分かり易さからはこちらの方が当然上。
アルバム「The Magic Of Spellbinders」が66年という事でこのシングルはnot on LPってことになりますね。

The Spellbinders

| | Comments (0)

November 04, 2007

The Greatest 90s Dance Hitsその2

The_greatest_90s_dance1996年のCD。
2CDでこの2枚目mp20曲も入っている。90年代のダンスヒットという事で私の場合ほぼ知らないアーチストばかり。ブックオフで250円でしたから勉強のために購入。2枚目のCD。

Continue reading "The Greatest 90s Dance Hitsその2"

| | Comments (0)

収穫の秋

収穫の秋とはよく云うのですが先週が雨のため土曜日に芋掘りを決行しました。
今年はおばあさまが倒れてからは畑の手入れが出来なくて全然期待出来ず。
それでも草刈りだけは少ししていたのだが。
枝豆は収穫時期を過ぎ大豆にすることにしてサツマイモを取る事に。
里芋はもしばらくそのままにする事にした(よその畑に比べて小さいのよね)
わずか3畝なのだが結構腰にくる。
おばあさまも少し備中を使ったのだがすぐに薬のご厄介になった。
(家に帰った頃には良くなってたが)
やはり例年に比べてかなり小さいのだがなんとかそれなりの収穫だった。

しっかりと昼寝をした後、肩にに違和感は残ってるが疲れがでるのは月曜日かも。

| | Comments (0)

The Greatest 90s Dance Hitsその1

The_greatest_90s_dance1996年のCD。
2CDでこの1枚目は20曲も入っている。90年代のダンスヒットという事で私の場合ほぼ知らないアーチストばかり。ブックオフで250円でしたから勉強のために購入。

Continue reading "The Greatest 90s Dance Hitsその1"

| | Comments (2)

November 03, 2007

Crucial/New Edition

New_editionheartbreak1988年のCD。
名曲のカバーアルバム「Under The Blue Moon 」(このブログではまだ、紹介してなかった)の出来が良くて、その後のアルバムってことで期待したのですが、正直言って期待はずれ。
やっぱり曲自体の出来も大きいのかと改めて感じました。後、昔の歌の方が素直ですね。無理に作った歌は何回も聞けないな〜。

Continue reading "Crucial/New Edition"

| | Comments (2)

I Don't Know Why/Storm

Stormi_dont_know_why制作時期の記載は有りません。
「I Don't Know Why」
甘茶界隈ではおなじみの曲。「なんでも鑑定団」に出てくる名画みたいなもので濃淡やバランス等すべてに完璧。当然、語りも入ります。やっぱりプロデュースはPaul L. Kyser。
「She's Comes Up」
リズミカルなナンバー。まあ、こんなもんでしょう。当然悪くはない。

Storm

| | Comments (0)

November 02, 2007

Keep On Trying/The Satisfactions

The_satisfactionskeep_on_trying制作時期の記載は有りません。
「Keep On Trying」
60年代の音かな〜。並な出来。バン・マッコイの曲。
「Use Me」
アイザック・ヘイズとD.ポーターの曲。イマイチ。

Satisfactions

| | Comments (0)

November 01, 2007

How Could You Love Him/Shades Of Brown

Shades_of_brownhow_could_you_love_h制作時期の記載は有りません。
「He Ain't Heavy」
誰がオリジナルかは忘れましたが、これは有名な曲ですね。出来はまずまずですがベースシンガーが良い味を出しています。
「How Could You Love Him」
こちらはリードが良い味を出している。コーラスは控えめかも。テンポは早足くらいか?このテンポとリードの醸し出すムードが心地良さを生み出している。

Shades Of Brown

| | Comments (0)

« October 2007 | Main | December 2007 »