« Fall In Love Again/Will Downing | Main | Leopardをどうするか »

October 28, 2007

Have Mercy/Gerald Levert

Gerald_levertgroove_on1994年のCD。
このくらいの時期だとリアルタイムで聞いていない。だから当時の評判がどうだったかは分からない。聞いてみて分かるのはやはり父親からの遺伝子。いや〜、そっくりですよ。だから下手なシンガーと違いそれなりの曲をやってればそれだけでもそこそこの出来になる。後、予想よりはニュージャックスイング色が薄かった。
それとオージェイズがマービン・ゲイの曲をやったらこんな感じになるのかと思った。

01/Groove On
「Groove Me」のフレーズがほんの一寸入ってますね。
02/Rock Me (All Nite Long)
この手の曲は苦手。
03/Let The Juices Flow
ネタはフローターズの「Float On」。途中にマービン・ゲイの名前が出て来たりして良い奴だ。
04/I'd Give Anything
あまりに普通っぽいブラコンになってます。
05/Answering Service
ウォーキングテンポのニュージャックスイング。グループ風の作りがグッド。
06/Some One
結構聞かせてくれるスロー。
07/How Many Times
やっぱりこの人の良さは声につきる気がする。
08/Can't Help Myself
おやじ(エディ・ルバート@オージェイズ)を聞いてるみたいだ。
09/Have Mercy
このムードは好みだけど.....もうひとひねり欲しいかも。途中からマービン・ゲイになってる。そういうことか。
10/Same Place, Same Time
スローだけどやはりニュージャックスイング調。
11/Nice & Wet
リズミカルなナンバー。
12/Love Street (CD Bonus Track)
スローナンバー。オージェイズみたいだ。
13/When It's Right (Bonus Track For Japan Only)
極上のブラコンだな〜。

Gerald Levert

|

« Fall In Love Again/Will Downing | Main | Leopardをどうするか »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Fall In Love Again/Will Downing | Main | Leopardをどうするか »