« One Last Memory/Smallwood Brothers | Main | It's Hard to Make It/Richard C. »

August 25, 2007

Heart Breaker/John McLean

John_mcleanbowled_over1989年のCD。
これもブラザーから貰ったもの。解説にはラバーズ・ロックとか有りましたがこれがそうなのですかね。レゲエというと垢抜けしないというのが一番の印象でしたが、これは全然違う。聞いていて非常に気持ちよいものでした。それで良いかというと.....全然記憶に残ってない。

01/Truly Bowled Over
早い話、優しげなレゲエと云ったところか。まずまず聞けます。
02/Midnight Train
グラディス・ナイトでおなじみのナンバー。軽すぎ。
03/Say You
歌はどうでも良い感じ。リズムだよな。おしゃれ。
04/Heart Breaker
ちょっぴりポップなところが良いかな。
05/You've Changed
落ち着いた雰囲気の曲。
06/If I Give My Heart To You
コミカルな音が楽しい。
07/Starliner
「ウーワワワワー」と云ったコーラスが素敵。
08/Chin Up
ちょっぴり早口。
09/Cheat And Lie
普通にレゲエ。
10/And Now You're Gone
最後まで優しいレゲエでした。

|

« One Last Memory/Smallwood Brothers | Main | It's Hard to Make It/Richard C. »

Comments

いわゆるアリワ・ラヴァーズロックで私の大好物です。6はヒット曲で10がベストかな。2も良い。普段こういうのを聴かれない方には、そういうふうに聴こえるんだあ、、、と参考になりました(笑)。

Posted by: zouky | August 25, 2007 at 10:28 PM

ソウルファンにとっての聞き所ってのはたいてい決まってて、
サザンソウル系だとリードボーカルの熱っぽさであったり、バックの演奏だったり。甘茶系だと甘かったりスリリングだったりするボーカルにアレンジ。ファンク系だったりするとサウンドのノリだったり、それに対するボーカルの絡み等々。
そんなところだと思うんですが
じゃあ、この場合どうかというと「非常に気持ちよい」サウンドと.....何?
この場合リードボーカルに求める訳にいかないみたいだし、曲自体の出来かな〜。
そんなところで一番ポップなHeart Breakerを一押しって所に選んだんですけど。

なんかやってる時のバックに流すには最適なんですけど聞くときに弱いかなってことで個人的にはもうひとひねりは欲しいなって所です。

Posted by: adhista | August 26, 2007 at 11:34 AM

>>じゃあ、この場合どうかというと「非常に気持ちよい」サウンドと.....何?

このアリワというのはラヴァーズのなかでも特殊なサウンドの味わいがあるのですけど、一般に、「何?」の部分は音の振幅を体感することにあります。だもんで、レゲエ好きは大口径ウーハーが必須アイテムだったりします。もち単なるBGMとして使ってもオッケー。

Posted by: zouky | August 26, 2007 at 10:55 PM

>一般に、「何?」の部分は音の振幅を体感することにあります。

なるほど、そうなのか。
じゃあ、うちじゃ全然無理だわ。
20年ほど前にはJBLのウーハー使ってたんですがなぜかBOSEに替えちゃった。今はさらに、ヘッドフォン使用ですからね。
後は車で試してみるしかないかな。

Posted by: adhista | August 27, 2007 at 06:01 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« One Last Memory/Smallwood Brothers | Main | It's Hard to Make It/Richard C. »