« Please Say It Isn't So/Lee Williams & The Cymbals | Main | A Girl From a Country Town/Lee Williams & The Cymbals »

June 10, 2007

「インディこそ原石の宝庫」〜U.S.BDG補完プロジェクトその2〜

サブタイトルの「U.S.BDG補完プロジェクトその2」は急に思いついたわけで、「その1」は「名門グループからの独立組」ってことでよろしく。
現在iTunesに取り込み済みの中から
Great Lake Orchestra/This Is The Night For Loving
The_modern_soul_story_2

もともと「Featuring Lou Ragland」って書いてある。クリーブランド出身とも書いてありますが、日本でも一時マニアに話題になってたことがありますね。内容は忘れましたが。軽快でポップなナンバーに仕上がっています。


Garfield Fleming/Don't Send Me Away
Garfield_flemingdont_send_me_away_11981年の12インチ。
「Don't Send Me Away」数有る12インチの中でもベストの1枚ですね。ミディアムテンポのリズムに載せたGarfield Flemingのボーカルが素晴らしい。曲を書いている名前の中にD.Morris Jr.と有りますがあの人かな〜。


♪Bridge/Baby Don't Hold Your Love Back
iTunesに取り込み済みですが記事にはなってないかも、テープだったかもしれない。「泣く子もだまる80年代ソウルダンスの傑作。ソウルフルなボーカル、曲の良さ、どれをとっても文句無しの12インチ」とU.S.BDG。


Reginald/Stop To Think It Over
Reginaldstop_to_think_it_over_1レコード番号かもしれませんが1983-3なんて記載が有ります。
アーチストは「Reginald」曲のライターにReggue Garnerなんて記載もありますからひょっとしたら.....。
「Grooving」ほぼ有名な曲と云う事で間違いないとは思いますがアレンジが少し違い結構楽しめますね。
「Stop To Think It Over」はスローテンポのドラマチッックな雰囲気。結構上手い作りですね。ほぼ5分と云う長丁場に飽きさせないところ等なかなか良いですね。
両面ともにライター(3人)が同じってところが少し疑問に残ります。


♪William C. Brown III/Shining
William_c_brown_iiishining12インチの取り込みの順番待ちになっている1枚。とりあえず画像だけ先にアップ。内容については後日ってことで.....

|

« Please Say It Isn't So/Lee Williams & The Cymbals | Main | A Girl From a Country Town/Lee Williams & The Cymbals »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Please Say It Isn't So/Lee Williams & The Cymbals | Main | A Girl From a Country Town/Lee Williams & The Cymbals »