« Go Right On/Three Reasons | Main | 昨日の努力はいったい »

April 25, 2007

I'm Only Wonnded/Four Tops

Four_topsindestructible1988年のCD、カセットテープから。
相変わらずの歌いっぷりですが、何故かイマイチのめり込めない。新しめのサウンドの性かも知れないがリーヴァイ・スタッブスの歌声に力が無い気がするところも見受けられる。メンバー変更もなしにやって行けば衰えがいつかは出て来ますからね。でも気持ちが若いのは良く分かります。

01/Indestructible
いつもの声が聞けて安心しました。雰囲気も変わってないな〜。
02/Change Of Heart
演奏の方が軽い気はするが、しょうがないかな。ここでもいつも通りのフォートップスです。
03/If Ever A Love There Was (Duet with Aretha Franklin)
アレサの声に比べるとリーヴァイ・スタッブスの力が落ちて来てるのが分かるな〜。寂しい。歌がブラコン調な性かな?
04/The Sun Ain't Gonna Shine
ここではリーヴァイ・スタッブスがかなりがんばってますね。
05/Next Time
やはり音が軽過ぎるのかな。
06/Loco In Acapulco
ちょっぴりラテン風の味付け。能天気なサウンドがフォートップスらしくて良い。
07/Are You With Me
モータウン時代を思わせる曲。
08/I'm Only Wonnded
これも中々良い感じの曲勢いの有る時期にやってればヒット間違い無しだと思うけど。
09/When You Dance
新しめの音。イマイチ合わない気がします。
10/Let's Jam
これもまずまずの出来。

Four Tops

|

« Go Right On/Three Reasons | Main | 昨日の努力はいったい »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Go Right On/Three Reasons | Main | 昨日の努力はいったい »