« バックアップ | Main | Do It To Death/George Guess »

March 06, 2007

Magic/Phil Perry

Phil_perrymagic2001年のCD。
CDをMacminiに入れると自動的にデータをひろって来てくれるのですが、ジャンル「ジャズ」ってのは何なのよ。ムーディな曲が得意なタイプですが流石にソウルファンが望むような力は失われて来てるかなと云った印象。それでも先日聞いたWill Downingに比べたらどんなに良い事か。

01/Magic
ん〜、オシャレなサウンドですね。明らかに経験に裏打ちされた良さってのを感じますね。
02/Sprit Of Love
本当にブランドショップ辺りにピッタリだと思うな。
03/Living For The Love Of You
アイズレー・ブラザースでおなじみの曲。違いを出す為かちょっぴりジャズ風の味付けですね。
04/Keep Reminding Me
サウンド的にはフュージョン風かな。ソロになってからは多少そんな雰囲気も感じられたからな。
05/Groove With You
これもアイズレー・ブラザースの曲と云うのは丸分かり。これもなかなか雰囲気が有って良いですね。
06/I Can't Wait ((Til Morning Comes)
これもムードの有る曲。途中に入るハーモニカの音が中々良い。
07/More Of Your Sweet Love
ズーとスローな曲ばかりで、昔程でないかな。70年代から歌ってるわけで、アップテンポなんかは苦しいのかも。
08/All Of My Days
09/You'll Never Know
10/Perfect Island
どれもムーディでまずまず。只、特徴は無いかも。
11/In The Morning (Father's Lullaby)
リー・リトナー作の曲だとかでギターとかは確かに印象的ですが歌にはイマイチ合って無い気がしますね。
12/I'm Thankful
この曲だけ雰囲気が違うな。リズミカルな曲ですがつかみ所が無いかも。

Phil Perry

|

« バックアップ | Main | Do It To Death/George Guess »

Comments

はじめまして!
先月このCDをAmazonから買いました。
Phil Perryはほんと歌うまいですよねぇ。

もともとは20年くらい前にLee Ritenourのライヴなどで参加していたところから彼の存在を知りました。Mgic以前のCDを2枚(The Heart of the Man、Pure Pleasure)持っていましたが、この「Magic」の内容が結構いいということとラストの曲が私の好きなブラジルのコンポーザーIvan Lins作の曲だということを聞いて久しぶりにPhilのCDをゲットしました。

こういういぶし銀の裏方的な実力者がもっと注目を浴びて評価されるといいんと思うんですけどね。

※実はオチがあってラストの曲「I'm Thankful」は日本盤のみの収録で輸入盤を買ってしまった私は聴けていません(T_T)

Posted by: gachopin | October 28, 2008 at 10:32 PM

gachopinさん、はじめまして

>ラストの曲「I'm Thankful」は日本盤のみの収録

オォ〜、そうなんだ〜?
老眼のため日本盤を買っても解説はほとんど読んでません。(^^;
「この曲だけ雰囲気が違うな」と書いたのは正解だったようで嬉しい。

Phil Perryは1972年にMontclairsとして名盤「Dreaming Out Of Season」を発表。
80年夏にPerry & Sanlinとしてカムバック。「For Those Who Love」はマストです。
最近ネットで調べてみると、その後クロスオーバー/フュージョン系のアルバムに出ていたようでそれがソロデビューに繋がるみたいですね。

90年代中頃から10年近く音楽を聞いてなかった私は最近のCDを聞いてないので残りのものもいずれ手に入れたいと思っています。

Phil Perryのディスコグラフィとリンク集を作ってありますのでご参考にどうぞ。
http://wiki.livedoor.jp/golden_age_of_soul/d/Phil%20Perry

Posted by: adhista | October 29, 2008 at 06:40 AM

ラストの曲「I'm Thankful」を聴けてないので確かなことは言えないですけど、ブラジルのアーティスト作曲ですからきっと違う感じはあるだろうと思います(あ~、聴いてみたい^_^;)。

「Dreaming Out Of Season」。「For Those Who Love」というアルバム聴いてみたいです。私はどうやらその後クロスオーバー/フュージョン系というところからの接点からなので。

それはともかく、ヴォーカリストとしてはジャンルにくくらなくても優秀な人だと私は思います。

Posted by: gachopin | October 29, 2008 at 11:21 PM

>あ~、聴いてみたい^_^;

いつものimeemにアップ出来ないようのでPodcastにアップしてみました。
http://web.mac.com/muto448/iWeb/Site/Podcast/Podcast.html

>ヴォーカリストとしてはジャンルにくくらなくても優秀な人だと私は思います。

これは確かに。

Posted by: adhista | October 30, 2008 at 06:23 AM

おー、ありがとうございます。
聴かせていただきました。
確か原題はLua Soberanaという曲です。
やはり曲調としてはこのアルバムの中では
ちょっと浮きますかね。
でも聴けてよかった。感謝です。

Posted by: gachopin | October 31, 2008 at 08:57 AM

「Dreaming Out Of Season」、「For Those Who Love」はいつか....

Posted by: adhista | October 31, 2008 at 12:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« バックアップ | Main | Do It To Death/George Guess »