« December 2006 | Main | February 2007 »

January 31, 2007

Call Me/Paul Kelly

Paul_kellycall_me1989年の12インチ。
「Change To Me」昔の雰囲気は有りますが出来はイマイチかな〜。90年代のアーチストがいかにも歌いそうな気もして残念。
「Call Me」彼らしいテンポの作品。出来自体はなかなか良いのだがCall Me、Call Meと何度もうるさい位なのが玉にきず。

Paul Kelly

| | Comments (0)

Through The Eyes Of The World/The Mighty Passions

The_mighty_passionsthrough_the_eyes_of_t1986年のシングル盤。
「Through The Eyes Of The World」かなり良く出来た作品。中盤には語りも入ると云ったムーディな作りです。もう少しで化けそうな雰囲気は有りますね。
曲を書いて、アレンジを担当しているのがFelton Pilate。一時期Con Funk Shunにいた事が有る人で以前教えていただいたホームページは
http://www.feltonpilate.com/
残念ながらこのホームページにはThe Mighty Passionsの記載は無い様で残念。

| | Comments (2)

January 30, 2007

毎年恒例の伊勢参り

そんな訳で昨年は
伊勢参りメモ/その1
伊勢参りメモ/その2
今年は27日土曜日のにお参り。
斎宮歴史博物館は昨年云ったのでパスするつもりでしたが、ボクチンが学校で十二単の勉強してるのでぜひ行きたいってことで、一回りした後にへんば餅〜斎宮歴史博物館のコース。
今年の目玉は伊勢湾岸自動車道〜湾岸長島ICの後。
湾岸長島ICは長島温泉に隣接してるわけで、アウトレットのジャズドリーム長島も隣接。よくよく考えれば大好きな矢場とんも有るじゃないですか。
そんな訳で足湯〜ミソカツのコースでした。
矢場とんはあと銀座店だけだな〜。

| | Comments (0)

Didn't You Know/Amuzement Park Band

Amuzement_park_bandall_points_bulletin1984年のアルバム。
Googleで検索してみても出て来ませんが、先日紹介したAmuzement Parkが改名したんでしょうね。

Continue reading "Didn't You Know/Amuzement Park Band"

| | Comments (0)

Be My Girl/Michael Henderson

Michael_hendersonbe_my_girl1976年のシングル盤。
「Be My Girl」ドラマチックスでおなじみの曲ですがそもそもこの曲をプロデュースしていたのはこのレコードの人物であるMichael Henderson。
更に曲を書いているのも彼ってこと。時期は同じですからどちらがどうってことは無しで良いですね。こちらはゆったりとしたテンポでドラマチックスの様な抑揚は無しで印象は弱くなりますね。おそらくドラマチックスの様に歌えない事は十分分かってるんじゃないかな。

| | Comments (0)

January 29, 2007

Hang On/Alexander O'Neal

Alexander_onealall_true_man1991年のCD。
最初の方は弱ったと思ったが後半はなかなか良い感じで全体的にはポップさが足らないかなといった印象。しかしいろいろなBlogをみてみると結構高い評価がされてますね。

Continue reading "Hang On/Alexander O'Neal"

| | Comments (0)

森本@ガゼッタ

Morimotogazzetta
good job !!

森本@ガゼッタ

| | Comments (0)

Is It Wrong/Magnetic Force

Magnetic_forceis_it_wrong1978年のシングル盤。
「Is It Wrong」軽めですがリズミカルでポップなナンバー。ソウルとか云わないでポップなナンバーとしてだったら結構イケます。特にサビの辺り。
「Through The Pain」女性コーラスの後に男性の声が....A面では全然聞こえなかったのにな〜。そのあとはA面のリードの声。更に男性の声が二度程入りますが僅かな確率でひょっとして女性かもと思うようになりました。聞き直したのですが素直に聞いたら男性ですよね。いやはや私の耳ではこれ以上無理。
しかしそれよりMagnetic TouchとかMagnetic Force、The Magic Touch....
間違えやすいですね〜。ひょっとして間違えて買ったかも。

| | Comments (0)

January 28, 2007

Sip The Wine Of Love/The Prolific's

The_prolificssip_the_wine_of_love制作時期の記載はありません。
一時期マニアには少し話題になったのかな〜?
「Sip The Wine Of Love」ベースシンガーも含めてちゃんとした構成のグループの用でリードも何人かで交代出来る程の上手さは有る様です。しかし個人的な印象では器用貧乏というか今ひとつまとまりに欠ける印象です。
「After The Sip」A面の続きみたいですが最初にベースシンガーによる語り入りで憎い所をついて来ますね。更に女性のアエギ系の声入り。グループとしてはバックコーラスのみです。

| | Comments (0)

がっちりマンデー!!/マイクロソフト

TBS|がっちりマンデー!!
マイクロソフト/WindowsVista
一部の機能とかを見せてました。

笑った。
OSの起動スピードが早くなった/遅かったからな〜。
デスクトップをいくつか表示/ネタ元がバレバレ。

厳しく突っ込んだら番組が終わっちゃう気もするな〜。
(さすがにそこまでは無いか)
そう言えば最近Windowsのトラブルはハードメーカーがソフトをいろいろ云えるのが原因と云ってましたね〜。
それでサポートをしない/他人の性/ウイルスにやられる....のパターンになっちゃうな〜。

| | Comments (0)

All I Really Care About/The Montclairs

The_montclairsall_i_really_care_about制作時期の記載は有りません。
「All I Really Care About」「P-Vine」から出されたベスト盤のようなアルバムにともにはいっています。以前は「他の曲とは多少雰囲気が違うかも。スリリングでは有るのですが何処か違う。」なんて書いてますけど。他の曲に比べて尖った印象ですかね。
「Is This For Real (Or Is It A Dream)」速めのテンポ。こう云った曲はそれほど上手くないな〜。

The Montclairs

| | Comments (0)

January 27, 2007

Do You Still Love Me/Amuzement Park

Amuzement_park1982年のアルバム。
ボーカル&インストルメンタル・グループらしいのですが名前からしてセンス無いな〜。そこそこ力は有りそうなのですが完成度はもう少しと云った所。

Continue reading "Do You Still Love Me/Amuzement Park"

| | Comments (0)

Merry Go Round/Monday After

Monday_aftermerry_go_round_pt1以前に2度程紹介してました
「Soul From The Vault~Rare Sweet Dynmite Vol.7」ほぼ3分
 ♪Merry-Go- Round/Monday After
 フィリータイプのダンサー。
「The Modern Soul Story 3」5;40程
 ♪Merry Go Round/Monday After
 これもシングル持ってますね。正にフィリーダンサー。悪い訳無し。
時間に注目してください。長い方は後半に間奏が入ってたりしますがシングル盤を見てみると一目瞭然。どうやらパート1とパート2の違いみたいですね。短い方がパート1で長い方がパート2。サラッと聞き流してたら分からない所だったな〜。

| | Comments (0)

January 26, 2007

早さに驚き!!! Sound it! 5.0 for Macintosh

Sound_it_50_for_macintoshSound it! 5.0 for Macintoshが発売された。
従来私が使って来たバージョンはSound it! 3.0LEをアップデータしたもので元々はオーディオ・インターフェースについて来たもの。
そんな訳で新しい製品に変えたらバージョンが上がる事を期待してたのだが最近発売された機種も前のままのようだ。
今回バージョンアップのお知らせが来たので導入を決意しました。
現在使っているパソコンはMacminiのIntelプロセッサ版。今回はこれもクリアしていた。
実際に使ってみると保存が無茶苦茶早いではないか。従来の5分の一、いやいや10分の一?それくらいは早いですよ。
これだけでも十分満足なお買い物でした。

| | Comments (2)

Rhythm Of Love/Anita Baker

Anita_bakerrhythm_of_love1994年のCD。
アルバム「Rapture」でブレイクした訳ですがそれから3作でこんなんなちゃうんですかね。全然黒人が歌う必要ないって印象で正直つまらん。個人的印象ってことでご理解を...

Continue reading "Rhythm Of Love/Anita Baker"

| | Comments (0)

A Touch Of Funk/Magnum Force

Magnum_forcea_touch_of_funk制作時期の記載は有りません。
A面は「A Touch Of Funk」おそらく82〜83と思いますからよく有るパターンですね。そんなんでしょうもない出来かと思えば差に有らず,結構まとまったサウンドを聞かせてくれます。
「Share My Love」KELLI-ARTS盤に比べると1分半程長い訳でこれは一度じっくり聞かなきゃなりませんね。当然曲は同じ曲です。

| | Comments (0)

January 25, 2007

Show You My Love/Goldie Alexander

Goldie_alexandershow_you_my_love1981年の12インチ。
A面B面ともに「Show You My Love」mono、stereoの違いですが珍しいのはA面がmonoでB面がstereo。曲自体はディスコ調でイマイチかな。ただし6分超えってことでアレンジ的には面白い所が有ったりもする。

| | Comments (2)

Share My Love/Magnum Force

Magnum_forceshare_my_lovekelliartsjpg制作時期の記載は有りません。
どうやら82年らしいですね。
「Are You Ready For The Weekend」時期が時期だけにディスコ調。中途半端な出来ですね。
「Share My Love With You」さすがに評価が高いだけ有って良い出来。80年代ってのは数は少ないのですがこれはって曲のレベルはかなり高い事が多いですね。

| | Comments (2)

January 24, 2007

機材カタログ

仕事の話はあまり書かない様にしている。
検索をかけるとほとんど1ページ目に出ちゃうからヤバイ。

会社が機材カタログを作っていないので勝手に作っていますが、制作に当たっては、最近ではKeynoteを縦書きで使ってpdfにまとめるとか、以前はファイルメーカーで一気にpdfにするとかしてましたが、後でしおりを作るのが面倒で....。
今回はWikiで徐々に書き込みながら必要な際には丸ごとダウンロードしてファイルにして配布と考えております。
既にMac上では出来上がっているのですがWindowsに持っていくと上手く動かないのでWindows環境に移行。やっと入力が終わりました。
後は丸ごとダウンロード出来るソフトを決めて試してみる事。
Windowsの場合ソフトひとつ探すにも結構大変ですね。

| | Comments (0)

Houston Texas/Archie Bell & the Drells

Archie_bell_the_drellstheres_gonna_be_a_1969年のアルバム。
Archie Bell & the Drellsの3枚目。ジャケット写真がいかにも古くさいのですが69年という事でビックリ。元々くせの有るグループですから私的には好みってことですね。

Continue reading "Houston Texas/Archie Bell & the Drells"

| | Comments (0)

Watch Over Me/McKinley Mitchell

Mckinley_mitchellwatch_over_me1984年のシングル盤。
「Watch Over Me」McKinley Mitchellらしい歌いっぷりのサザンソウル。久しぶりに聞くけど良いですね。
「Mariah」これまたMcKinley Mitchellらしいカントリータッチの曲。こちらの方がポップかな。

McKinley Mitchell

| | Comments (0)

January 23, 2007

Going In Circles/Luther Vandross

Luther_vandrosssongs1994年のCD。
デビュー当時のまるまる太った感じがいかにも歌えそうだったのにジャケット写真で分かる様にやせちゃったら全然歌えそうにみえないのは何故?

Continue reading "Going In Circles/Luther Vandross"

| | Comments (0)

After Loving You/Major Harris

Major_harrisafter_loving_you1974年のシングル盤。
「Love Won't Let Me Wait」
「After Loving You」
ん〜、日本盤を持ってた〜。(^^;
Love Won't Let Me Wait/Major Harris

Major Harris

| | Comments (2)

January 22, 2007

農業共済の研修旅行-その2

初日の昼食を書き忘れたのですが、八丁味噌の工場と電車の駅を挟んだ反対側のうどん屋さん。自家用車がいっぱいで前の道路にも並んでいる有様。有名なお店だそうです。

さて二日目は9時出発というゆっくりとした行程。
最初が昨年でしたか住職がガンで亡くなったというガン封じ寺。バスの運転手さんに云わせるとお参りされた方の身代わりに亡くなられたとか....。
時間に余裕が有るからとかで海産物のお店。そのあとにラグーナ蒲郡。海産物の他にもアウトレットが有り,同行されたJAの支店長さんがABCマートで靴をお買い上げ。確かに安い事は安いな。ちなみの無料の足湯を予定してたのですが時間的に無理でした。30分おきの船(300円なり)で行くかバス(料金不明)ということで短い時間内には無理と判断しました。
昼食は豊川稲荷の門前でいなり寿司系かな。これもなかなか美味しかったのですが,ここでハプニング。一人行方不明ってことで大変。先にお参りに行かれちゃったようでした。運悪く(?)縁日と云う事で大変な人で私なんかは早々に退散。
最後は豊川IC横のヤマサのちくわでお買い物。
お買い物リストを持っていくのを忘れたのですが要望の有ったものはすべてクリアしました。ミッションコンプリート。

| | Comments (0)

Give Her What She Wants/Gregg Willis

Gregg_willisgive_her_what_she_wants1990年の12インチ。
A-1/Give Her What She Wants
この時代らしいサウンドに優しい歌い方。更には中盤に語り入りでかなり良い雰囲気。ちょっとノラリクラリとした感じですね。
A-2/Give Her What She Wants (Instrumental)
B-1/Give Her What She Wants (Extended Mix)
InstrumentalはともかくExtended Mixは違いが良く分からなかった(^^;

| | Comments (0)

Love Uprising/Mister "T"

Mister制作時期の記載は有りません。
「Love Uprising」良く聞く曲ですが、やはりシャイライツ辺りが雰囲気的に一番似合いそうな気がします。曲自体ユージン・レコードが作ってますからさもありなんって所ですか。
「Saving My Love For You」ムードたっぷりの歌いっぷりですがどうみてもゴスペル調ですね。

| | Comments (0)

January 21, 2007

農業共済の研修旅行-その1

一泊二日の日程の農業共済の研修旅行に参加しました。
三地区合同の旅行は今回が初めてと云う事で任期満了の際に何か聞かれたら答えられないのも拙いと云う事が一番の理由でしたが,それなりに楽しく行って来れました。
まずは豊田市のトヨタ会館。万博の際にトランペットを吹いたロボットの演奏を鑑賞しました。
次が岡崎市の八丁味噌の工場見学。NHKのテレビドラマのロケ地と云う事で裏話(?)とかも有りました(見てないからよく分からないが)。
その後が安城市のデンパーク。天候には恵まれたのですが一番楽しみにしていた「水森アド」のショップが工事中と云う事で見れなかったのが残念。時期的にも花が咲いてない時期はイマイチかも。(花粉の心配は無いが)
泊まりは西浦温泉。万博の時期は部屋が取れないとか聞いてましたが,今はがら空き? ただし料理は結構面白い。いろいろ考えている事が良く分かるところ等は好印象。アワビをまるまるのバター焼きとか,朝はとうにゅ(?)から豆腐を作ったりとか,後中国からの研修生(?)も来てましたが研修メンバーからは好印象だったみたい。

| | Comments (0)

Emotional Feelings/AC Black

Ac_blackac_black1989年のアルバム。
所謂ファンクバンドでしょうがいかにも中途半端な出来。バリバリのファンクと云うよりはちょっぴりオシャレかなと云う印象。

Continue reading "Emotional Feelings/AC Black"

| | Comments (0)

What Have You Got/Herman George

Herman_georgewhat_have_you_got制作時期の記載は有りません。
「Mental High」そんなに悪くないというか,録音やミキシングのせいか安っぽい雰囲気だったりします。ちゃんとした所でしっかりしたバックがつけば結構いけるかも。
「What Have You Got」曲はこちらの方が好み。コーラスグループ風の作りだったらもっと良い。残念ながら女性がコーラスについてるんですよね。結構スィートで気持ちが入った歌い方が好印象です。

| | Comments (0)

January 20, 2007

Poison/Bell Biv DeVoe

Bell_biv_devoepoison1990年のCD。
ブックオフで250円。コンピで「Poison」を聞いていたからとりあえずこの値段だったら有っても良いかなと。で,結局予想通りの出来。

Continue reading "Poison/Bell Biv DeVoe"

| | Comments (0)

One More Time/Morris Jefferson

Morris_jeffersonone_more_time1980年のシングル盤。
「One More Time」ミディアムテンポのナンバー。テディ・ペンダーグラスを少しだけ聞きやすくした感じかな。しかし妙にくせの有る歌い方をするシンガーですね。諄いくらい,でも好きですね,こう云ったシンガー。
「It's The Last Time Around For Me」女性コーラスも入っていて豪華な構成。結構ムードをたっぷりに歌っていますがこれがなかなか良い。ただ聞く人に依っては諄いかも。

| | Comments (0)

January 19, 2007

Sound it! 5.0 for Macintosh

先日Sound it!を販売しているINTERNET社からバージョンアップのお知らせがきておりました。
このところ忙しくて見ている暇がなかったのですがネタが無い事から空けてみました。(笑)
1/26日からの販売予定で1/25の15時までにWeb上で申し込むと更に500円引きとか。これは面倒無くてあり難いですね。
元々エディロールのオーディオインターフェイスについて来たのはver.3.0LE。更に最近の製品でもバージョンアップしてない様ですから買い替えても無駄にはなりませんから近いうちには申し込む予定。
本当はUA-4FX辺に買い替えたいんですがね〜。

| | Comments (0)

Who Do You Love/The Intruders

The_intruderswho_do_you_loveside1制作時期の記載は有りません。
「Who Do You Love-A面」時間が5:26同じタイトルのB面は6:23。ムードはまずまずなんですが単調な繰り返しですね。残念ながら彼等の良さは伝わって来ません。
「Who Do You Love-B面」どうやらリードボーカルが入ってないカラオケバージョンの様ですね。

Intruders

| | Comments (0)

Baby You Belong To Me/The Magic Touch

The_magic_touchbaby_you_belong_to_me1973年のシングル盤。
「Baby You Belong To Me」ん〜,なんと云って良いのか物凄く好みです。サビの部分の盛り上がりがなんとも云えません。特にホーンセクションが物凄くマッチしてます。
「Lost And Lonely Boy」基本的にファルセットリードと言って良いのかな。出来としてはなかなか良いと思います。何故か投げやりな雰囲気にも聞こえますがそんな所もかなり味が有る様に感じます。

| | Comments (4)

January 18, 2007

You And Me/Al Hudson & The Soul Partners

Al_hudson_the_soul_partnersspreading_lov1978年のアルバム。
Al Hudson & The Soul Partnersの3枚目。そろそろ出来が悪くなって来た頃でこの後1枚のレコードを出して「One Way」に名前を変えました。とはいえまだまだ良い所も聞けます。

Continue reading "You And Me/Al Hudson & The Soul Partners"

| | Comments (0)

Think About It Baby/Nice

Nicethink_about_it_baby1977年のシングル盤。
「Telephone Lover」あらあら,女性グループでしたか。コーラススタイルはかなり素朴ですがフィリーサウンドの影響が有る様に感じられます。それにしてもこの感じじゃあヒットは狙えないですね〜。
「Think About It Baby」しっかりとした歌いっぷりのこちらの曲の方が素敵です。これだけ力が有ればソロの方が向いてるかも知れません。

| | Comments (0)

January 17, 2007

100円CD

先日の日曜日には奥様の要望で本屋さんへ
今まで2回程行った事が有るのですが,行った事の無い2Fへ行って見ますとCDやビデオのレンタルになっておりました。サラッと見てみましたがこれはってものは全然無し。
その後1Fをふらふらとしてましたらレジ前に100円CDが。
どうやらレンタルに使用していたものの処分の様です。
そんな訳で見てみましたらそこそこのものが有りまして....

結局手元には7枚。
まあ100円ですから良い買い物です。
ジョディ・ワトリーが2枚、アニタ・ベーカーとか女性物が多いのはやむを得ないか。

| | Comments (0)

You're My Sugar, You're My Spice/Sugar & Spice

Sugar_spiceyoure_my_sugar_youre_my_spice1979年の12インチ。
「You're My Sugar, You're My Spice」約7分半有る事からも分かる様に完全にディスコナンバー。男女のデュオのようですね。特にこれっと行った所も無く淡々としたディスコですね。

| | Comments (0)

Wait A Minutes/The Newday

The_newdaywait_a_minutes制作時期の記載は有りません。
「Wait A Minutes」スィート系には多いのですが軽めのナンバー。リード+合いの手+コーラスとかなり手のこんだスタイルでサビが印象的。アレンジはTom Tom.
「Just Another Reason」はファルセット系のリードにコーラスという典型的なスタイル。残念ながら出来はイマイチ。

| | Comments (0)

January 16, 2007

For Real Tho'/LeVert

Levertfor_real_tho_1993年のCD。
90年代からソウルミュージックはおかしな方向に進んでしまった。これは黒人のおかれている立場を考える際当然あり得る方向だと思うが少なくとも私の志向からは正直はずれている。
歌を構成する要素を再構築する際捨てざるを得なくなった部分をこのCDではそれなりに表現できている。しかしこの時期にマービン・ゲイがいなかったのは非常に痛いと思う。
ちなみにライナーノーツにはキッパー・ジョーンズの「伝統的R&Bと現代のヒップホッパーズとの架け橋」と表現されている。

Continue reading "For Real Tho'/LeVert"

| | Comments (0)

Just A Little Love/Nue Spectrum

Nue_spectrumjust_a_little_love制作時期の記載は有りません。
「Just A Little Love」どうやらリードは二人いる様で中盤でリードが変わったと思ったら語りに突入。その後は元のリードに交代。ほとんど語り要員ですね。スィートと云うには少し中途半端ですがそれなりに聞けます。
「A Message」はムードの有る出だしで語り入り。と思ったら2:40くらいまで語り。最後に歌に入ったと思った所で終了。ほぼ3分の曲です。

| | Comments (0)

January 15, 2007

Get Ready For Love/Superbs

Superbsget_ready_for_love1987年の12インチ。
「Ge Ready For Love」はムードの有る曲。単純なコーラスが以外に良かったりする。後半には語りも。更に女性の声も入ってたりしてずいぶん楽しめます。
「Bobby Joe, Baby Brother & Me」とにかく素朴な雰囲気のナンバー。なかなか聞けるのですがサビはイマイチ。
珍しいのはNot For Saleの為か片面に2曲。1枚の12インチで2曲×2の全4曲。更に途中で溝が切れていて一気に2曲は聴けなかったりします。

| | Comments (0)

I Can Testify/Notataions

Notataionsi_can_testify
1977年のシングル盤。
「I Can Testify」これは誰かに似てると思いましたが初期のスタイリスティックスだと気がつきました。スローなナンバーでスタイリスティックスなら絶対ファルセットになる所がなかなかならない所が違うかな。
「Judy Blue Eyes」テンポといい彼等らしい曲かも知れません。残念ながらちょっぴり単調な印象。

Notataions

| | Comments (0)

January 14, 2007

ハードの会社

Iphoneマックやアップルのファンと云うには今頃何?
と云われそうなのですが、今日になってやっと基調講演を見ました。(^^;
あちこちで高い評価をされているのも当然と云った内容に改めて感動しました。

今まで私も含めて多くの方々が評価して来たのはMacOSXを始めとしたソフトウエア。最近ではiTunesとか,多くのソフトウエアがマックやアップルを好きな理由でもあります。
更に云えばバイオやレッツノート辺りにMacOSXが乗ってればすぐにでも買うのにな〜って方もよく見かけたりしましたね。

基調講演を見てから半日たって突然思いついたのは、
ジョブスの云う様に実はハードの会社であるんじゃないかということ。
いままではたまたまソフトウエアが先行していただけということで、1時間半を超える時間のかなりの部分をiPhoneのデモをしたのはその辺りをしっかり説明したかったのでないかと。
ジョブスは30年間もハードの進化を待ち続けたのかな?

日本で出たら必ず買いますとも,これが本当のアップルの製品ですから。

| | Comments (0)

Don't Send Nobody Else/Ace Spectrum

Ace_spectruminner_spectrum1974年のアルバム。
Ace Spectrumの1枚目。当時「Don't Send Nobody Else」はアメリカでそこそこヒットしてた記憶が有ります。アルバム全体をみてもかなり良い出来だと思います。

Continue reading "Don't Send Nobody Else/Ace Spectrum"

| | Comments (2)

It Only Hurts For A Little While/Notataions

Notataionsit_only_hurts_for_a_little_whi1974年のシングル盤。
「It Only Hurts For A Little While」はアルバムにも含まれている曲。アルバムのエントリでは「なんか良く聞く曲です。やはり「インプレッションズ」風でなかなか良い出来。」って書きましたがやっぱりそうですね。
「Superpeople」はnot on LPってことですね。これは「インプレッションズ」でなく「カーチス・メイフィールド」の「シャフト」以降のファルセットナンバー風。歌が似過ぎていて逆に残念。

Notataions

| | Comments (0)

January 13, 2007

カエルツボカビ症

「2006年13月を生きている。」というニイムラさん。
ご苦労様です。
今年になってからテレビで報道されている「カエルツボカビ症」ですが、一体何のこっちゃと思ってましたら仕掛人はニイムラさんでしたか。

まるでメールの様な書き出しで申し訳ないが、巡回先で詳細が分かった事はありがたい。
緊急な対策を カエルツボカビ症
加害者にならないために 消毒関連 カエルツボカビ症

うちの奥様には「カエル探偵団」がうけていた。

| | Comments (0)

Cafe Francois/Smoke City

Smoke_citycafe_francois1985年の12インチ。
アルバムも持っていたし,思いっきりかぶってる。アルバムに入ってないのは「Cafe Francois (Instrumental)」だけだった。以下はアルバムの感想。
「Cafe Francois」はミニー・リパートンばりの高音を効かせた曲。こういった曲はキライですが、女性シンガーの実力は伺われますね。
「In The World Of Fantasy」はアース・ウインド&ファイヤーのスローな曲を思わせます。

| | Comments (0)

ドバイカップ

セリエAはいつまでたっても試合をしない様でかなり長いクリスマス休暇だと思ってましたら我がラツィオは中東へ遠征していたらしい。
出場チームはポルトガルのベンフィカ、ドイツのバイエルン・ミュンヘン、フランスのオリンピック・マルセイユ。
スポーツナビの記事によるとPK戦に破れて準優勝とか。
出場チームを考えるとまずまずかな。

| | Comments (0)

What More Can I Say/Notataions

Notataionswhat_more_can_i_say制作時期の記載は有りません。
「What More Can I Say」スローでムードの有る曲。派手さは無いのですが結構聞かせてくれますね。
「Leading Lady」落ち着いた印象の曲。特別な所は有りませんがこれもなかなか聞かせてくれます。

Notataions

| | Comments (0)

January 12, 2007

Fortune Teller/Betty LaVette

Betty_lavettesouvenirs2000年に出されたCD。
サブタイトルみたいな感じで「The complete Atlantic/Atco recordings」と有ります。録音も1962年と1972年で主に未発表の曲を注進にしたCDですね。出来自体は録音時期を考えてもらえば良いかと。

Continue reading "Fortune Teller/Betty LaVette"

| | Comments (0)

Lay It On Me Right Now/Na Allen

Na_allenlay_it_on_me_right_now制作時期の記載は有りません。
「Everytime It Rains」味の有る歌い方をするシンガーですね。とは言うもののサザンソウルとしては軽めかな。
「Lay It On Me Right Now」基本的にはサザンソウルなのですがどうにもムーディーでスィート。そんな訳でスィート系のファンにも喜ばれそうですね。

| | Comments (0)

January 11, 2007

Dancing Girl/The Steeles

The_steelesdancing_girla1985年の12インチ。
A面1曲目は「Dancing Girl-I」とにかく格好良い曲ですね。プロデュースはTom Tom 84とThe Steelesのクレジット。「Dancing Girl-II」歌はほとんど入ってなくてインストルメンタルみたいな感じ。
B面は「Dancing Girl (Instrumental)」そのまま、インストルメンタルですね。

The Steelers

| | Comments (0)

It's Too Bad/Necessity

Necessityits_too_bad1984年のシングル盤。
「Dance」タイトル通りのダンスナンバーでファンク調。出来はイマイチかな。
「It's Too Bad」は一転してミディアムテンポのナンバー。ここではちゃんとしたコーラスグループしてまして物凄く味の有るナンバーに仕上がっています。リードボーカルはスモーキー・ロビンソンをマニアックにした感じ。

| | Comments (0)

January 10, 2007

からっぽの青春

あちこちチェックしてたら
串田アキラ / からっぽの青春 (1994)」を発見。
「ソウル歌謡」ってことらしいが歌謡曲には全然興味がない。

何故ここで目が止まったかというと
For The Love Of A Woman/Wilbur Walton jr.」の日本盤タイトルが「からっぽの青春」でして、レコード会社更にはフォントが全く同じ。
おそらく「Wilbur Walton jr.」がオリジナルなんでしょう。

個人的にはこう云うものも有るかって感じ。
Trackback しようかと思ったがログインしなければならない模様。
面倒になったな〜。そんな訳でこのエントリがメモ代わりです。

| | Comments (0)

My Balloon's Going Up/Archie Bell & the Drells

Archie_bell_the_drellshere_i_go_again1972年のアルバム。
癖の有る歌い方が大好きなグループ。ただし雰囲気はかなり古く72年だったの?と云うのが正直な所。ただ古い割には妙に良い印象。

Continue reading "My Balloon's Going Up/Archie Bell & the Drells"

| | Comments (0)

Don't Let Go/New World

New_worlddont_let_go1983年のシングル盤。
「Don't Let Go」プロデュースが御大バリー・ホワイト。流石にムードの有るナンバーとなると変な曲は作りませんね。ただしとくに良い訳でなくこう云ったタイプだとそれなりに聞こえます。興味を引いたのは曲づくりやMixにChuckie Bookerの名前が有る事。一時期待したんですがね....。

| | Comments (0)

January 09, 2007

初めてのゲオ

昨日(成人の日)は仕事だったが帰ってくると,ボクチンは塾。月曜日には珍しいのだが休み明けには実力テストが有る。
ここまでは良いのだが....

「塾が終わったらゲオに連れて行ってくれとの事」
全然理解出来なかったのですが、聞いてみると正月のチラシにPSP(これで良いのか?プレステのポータブルのこと)が安いらしい。
本来ならダメだと云う所だが、遊んでたらダメだと分からせる為にと考え連れて行った。
どうやら狙ってたのは中古だそうで,そんなのはとっくに無いわな〜。母親にお金を借りて新品を購入するもメモリが必要だと知らなかったらしくお年玉を使い果たした模様。

私は初めてのゲオだったのでCDを物色したが完全に玉砕。ここのゲオには二度といかないかもしれないな。

| | Comments (0)

Janice (Don't Be So Blind To Love)/Skip Mahoney

Skip_mahoneyjanice_dont_be_so_blind_to_l1980年の12インチ。
「Janice (Don't Be So Blind To Love)」かなりポップなディスコナンバー。途中に語りも入る訳でリードはまずまず、サビのコーラスがかなり良い雰囲気を出しています。リードはかなり頑張っていますがもうひとつ伝わってこない感じ,一度音量を上げて聞いてみる必要があるかな?でもファルセットが混ざる辺りはかなり良いですね。
「Don't Stop Me Now」気持ち良いリズムに乗ったアップテンポのナンバー。テディ・ペンダーグラス風のリードボーカルになっています。サルソウルと云えばディスコですが流石に手慣れた作りって印象ですね。

| | Comments (0)

Love Don't Come Easy/The New Jersey Connection

The_new_jersey_connectionlove_dont_come_1982年のシングル盤。
「Love Don't Come Easy」気持ち良いリズムの作品。80年代ってことでサウンドは明らかに新しいんですけどこのリズムにはやられますね。
B面はインストルメンタル。

| | Comments (0)

January 08, 2007

Can I Stay With You/Karyn White

Karyn_whitemake_him_do_right1994年のCD。
「Superwoman」で素晴らしい歌を聴かせてくれましたが正直言ってそれほど期待してませんでした。しかしこのCDはジャケットが美し過ぎる。そんな訳でこれが250円だったら買うしか無いでしょう。

Continue reading "Can I Stay With You/Karyn White"

| | Comments (0)

Mother/Nate Pittman

Nate_pittmanmother1985年のシングル盤。
「Mother」珍しいジャケット付きで更に歌詞まで入っているというお皿。内容はスローバラードでなかなか聞かせてくれますがスタンダードナンバーっぽい所が残念。

| | Comments (0)

January 07, 2007

雪の中で左義長

昨年は町内の葬式で1週間延期しましたが、今年は雪。
延期するも大変なので雪の中では有りますが決行しました。
更には成人式で新成人や町内会長さんらが遅れてこれらてから終了。
ちなみに今年の出し物は焼きそば。
そう言えば雪の為テントも張ったりしましていつもよりは大変でした。
これでいわゆる青年団による行事も定年制によりやっと終了させていただけます。
後は新役員選出の為の総会を残すのみ。
今日は後、町内の初寄り(会議)を残すのみ。

| | Comments (0)

Special One/Stan Ivory

Stan_ivory1991年の12インチ。
A-1「Special One (Vocal)」
出だしのトランペット(?)からムード一杯。歌も当然スィートで後半には更に語り入り。悪い筈も無い。
A-2「Joy & Happiness (Vocal)」
一転してリズミカルなナンバー。これがまた良い味を出しています。
B-1「Joy & Happiness (Rap & Club Version)」
ラップ自体はイマイチかな。
B-2「Joy & Happiness (Instrumental)」
B-3「Special One (Instrumental)」
特に云う事も無いですね。

| | Comments (0)

The Young Hearts Get Lonely Too/The New Young Hearts

The_new_young_heartsthe_young_hearts_get制作時期の記載は有りません。
「The Young Hearts Get Lonely Too」マニアにはおなじみのスィートなナンバー。正直言って巷の評価程では無いと思いますがそれでも十分に素晴らしい曲。
「Why Do You Have To Go?」はどちらかというとブルース調の曲でギターソロがイカしています。なかなか気に入ったのですがそれでもやはり裏面には勝てませんね。

| | Comments (0)

January 06, 2007

初えびす2007

こんなに早く行ったのは初めてじゃないかな。
今日は朝ボクチンを塾に放り込んでその足で熱田神宮へ。
雨のせいかどうかは分からないが参拝の仕方を知らない人ばかりだったな〜。
まずは手を洗うとこらから始めなきゃいけないのに....。
若い人向けに書くと、
アニメの「ナルト」で術を発動する前に印を結ぶ様なものです。
参拝ってのは如何に神様に感応するかがポイントだと思いますから参拝の仕方と云うのは大切だと思いますね。
テレビなんかで宮司さんを映す事が有りますから良くみてみると良いと思います。
あまり記事にすべき事ではないと思いますからこの辺りでご勘弁。

小雨程度だったらCDでも買いに回ろうかとも思いましたがあまりに酷かったので今日は断念しました。

| | Comments (0)

Am I Dreaming/Atlantic Starr

Atlantic_starrradiant1980年のアルバム。
Atlantic Starrの3枚目のアルバム。ちょっぴり大人しくなっちゃって並みのグループに近くなっちゃった印象ですね。1〜2枚目で感じたのはステージっぽい圧倒的なエネルギーだったのですが本当に残念ながらこのアルバムではあまり感じられません。

Continue reading "Am I Dreaming/Atlantic Starr"

| | Comments (0)

There's Going To Be A Wedding/The New Yorkers

The_new_yorkerstheres_going_to_be_a_wedd制作時期の記載は有りません。
「Ain't That News」はリズミカルなナンバー。時代的には少し旧めの印象でまずまずの出来かな。
「There's Going To Be A Wedding」これも60年代のコーラスグループらしい印象の曲。出来は悪くないがリードボーカルをもう少し前面に出して欲しいな。

| | Comments (0)

January 05, 2007

Build Me Up Buttercup/Torch

Torchbuild_me_up_buttercupa1983年の12インチ。
A-1~2「Build Me Up Buttercup (Club Mix~Instrumental)」
切れ目が難しくて1曲にして対応。デジタルに取り込むには面倒なんですよね。同じ様なライブ盤は最後にはA面、B面夫々1曲にしようかと考えている。
さて曲自体は良く聞く曲でそんなにオリジナルと大差ない感じ。間違いなくポップス系なので調べてみるとファウンデーションズと云うイギリスのバンド。イギリスらしく多国籍軍団らしいですね。個人的にはあまり聞き所が無いのでイマイチって印象。
B-1「Build Me Up Buttercup (Radio Edit)」
長さ的にはこちらの方が適切かな。
B-2「Build Me Up Buttercup (Underground Mix)」
出だしがいきなり始まる(Radio Edit)よりは良いかと思ったら早い話インストルメンタルの様ですね。

| | Comments (0)

I've Been Trying/Nu-Sound Express, Ltd

Nusound_express_ltdive_been_trying制作時期の記載は有りません。
「Ain't It Good Enough」はファンキー系のアップテンポのナンバー。この手の作品としては悪くない。サビがもう少しキャッチーだったらとは思います。しかしそれよりも出だしの女性に良いか悪いか聞く辺りが一体何の噺かと...後で繰り返し聞いてみようかと....
「I've Been Trying」一転してコーラスグループ風でリードがコロコロ変わる辺りが残念なのですがそれにもまして良いのよね。更にライブ風の録音になってたりします。正直つかみ所が無いグループと云った印象ですね。

| | Comments (0)

January 04, 2007

Without Your Lovin'/The Billion Dollar Band

The_billion_dollar_bandthe_billion_dolla1977年のアルバム。
所謂ボーカル&インストルメンタル・グループってのですがいかにも器用過ぎる。演奏はそつなくこなしてる上にしっかりとしたリードボーカルがいてコーラスもかなりのレベル。こう云ったグループは続かないのよね。問題の内容も当然良い出来でおすすめと云っても良いんじゃないかな。

Continue reading "Without Your Lovin'/The Billion Dollar Band"

| | Comments (3)

メンテナンス

明日から会社なので、今日は会社から持ち帰っているPowerMacG4をメンテナンス。
特に問題はないのでとりあえずアップデートiTunesとセキュリティ関係が2つ。
あまりにもあっさり終了したのでゲームでも探すか?

| | Comments (0)

Sweetness/Oncoming Times

Oncoming_timessweetness制作時期の記載は有りません。
「The Solution」
ファンキータッチの作品。テンプスなんかも思わせますが個人的にはイマイチ。
「Sweetness」
女性グループの様ですね。と云うよりもガールグループと云った方が雰囲気が近いかも知れません。60年代の素朴な作りって気がします。

| | Comments (0)

January 03, 2007

Benny And The Jets/Skip Mahonney

Skip_mahonneybenny_and_the_jets1989年の12インチ。
A-1/Benny And The Jets
A-2/Benny And The Jets (Long Version)
エルトンジョンで有名なナンバー。オリジナルと異なるリズミカルでオシャレなサウンドにファルセットと云った組み合わせが以外と良いかも。
B-1/Take Care
B-2/Take Care (Instrumental)
オーソドックスなナンバー。ファルセットはあまり使ってないので並みな出来に思えてしまう。結構ムーディー。
ザッと調べても繋がりは確認出来ませんでしたが、Skip Mahoany And The Casualsのリードボーカルってことで良いんでしょうね?

| | Comments (0)

Baby Don't Go/Occasions

Occasionsbaby_dont_go制作時期の記載は有りません。
「Baby Don't Go」とにかくムーディーなコーラスを聞かせてくれます。音が悪くなければな〜。
「There's No You」は少し速めのテンポ。並みの出来だとは思いますが如何せん盤質が悪すぎ。

| | Comments (0)

January 02, 2007

Everybody Stand & Clap Your Hands/Black Satin

Black_satinblack_satin1976年のアルバム。
無茶苦茶飛び抜けた作品は無いが駄作が1曲も無し。しかし統一感はあまり感じられなくその辺りが私の中では印象に残ってない理由でしょうね。

Continue reading "Everybody Stand & Clap Your Hands/Black Satin"

| | Comments (3)

11000曲突破。

11000元旦にはiTunesに収録した曲が11000曲を突破突破しました。何処まで伸びるかと云うよりもハードディスクの空きが気になります。開くスピードもかなり遅くなっていますし。
元旦には悲しいお知らせも......
NTTの光回線がうちの地区に導入されるのが白紙の状態だとか....中電のコミュファが先にくれば変えちゃうかも。

| | Comments (0)

You Brought Out The Good In Me/Otis Leavill

Otis_leavillyou_brought_out_the_good_in_制作時期の記載は有りません。
「I'm So Jealous」ノーザンらしいアップテンポのナンバー。
「You Brought Out The Good In Me」もノーザンタイプ。特にどうこうはない普通の感じですがストレスを感じさせない作りってかんじですね。

| | Comments (0)

January 01, 2007

The Gift Of Love/Ballads

Balladsthe_gift_of_love1982年の日本盤アルバム。
幻のLPとか云われてたのがヴィヴィッドレコードのおかげで復刻され聞く事が出来る様になりました(当時)。何が一番良いかと云えばレコードジャケットだったりします。思ったより内容は大したこと無いな〜。

Continue reading "The Gift Of Love/Ballads"

| | Comments (0)

To Be Or Not To Be/Otis Leavill

Otis_leavillto_be_or_not_to_be制作時期の記載は有りません。
「Boomerang」曲は普通ですがコーラスが入っているのが印象的なのですがそれより遥かにインパクトが強いのがなんとも入る「Boon」って声(音?)。
「To Be Or Not To Be」スィート系のコーラスグループも取り上げそうなバラードナンバー。なかなか良い雰囲気です。

| | Comments (0)

あけましておめでとうございます

Newyear2007
今年も元旦から休まずに更新します。(通常更新)
Golden Age Of Soul Musicの方も同様に更新していきます(つもり)のでよろしくお願いします。

| | Comments (2)

« December 2006 | Main | February 2007 »