« Just A Little Love/Nue Spectrum | Main | Wait A Minutes/The Newday »

January 16, 2007

For Real Tho'/LeVert

Levertfor_real_tho_1993年のCD。
90年代からソウルミュージックはおかしな方向に進んでしまった。これは黒人のおかれている立場を考える際当然あり得る方向だと思うが少なくとも私の志向からは正直はずれている。
歌を構成する要素を再構築する際捨てざるを得なくなった部分をこのCDではそれなりに表現できている。しかしこの時期にマービン・ゲイがいなかったのは非常に痛いと思う。
ちなみにライナーノーツにはキッパー・ジョーンズの「伝統的R&Bと現代のヒップホッパーズとの架け橋」と表現されている。

1/Me 'N' You
いわゆるニュー・ジャック・スイングといわれたものかな。サウンドのダメさを歌の方でうまくカバーして聞かせている。
2/Clap Your Hands
ラップ調というかこういうのがヒップ・ホップ?
3/Tribute Song
お亡くなりになったアーチストの名前を並べているだけではありますが後半はいったい何?
4/Good Ol' Days
こんなものか?
5/She's All That (I've Been Looking For)
これもニュー・ジャック・スイング調?
6/For Real Tho'
これはなかなか聞かせてくれる。
7/Quiet Storm
ムーディなサウンドですがこの辺りはスィートマニアには全然もの足りません。
8/Do The Thangs
Quiet Storm同様にムーディなサウンド。聞かせるタイプではありますが個人的にはノリきれない。後半には語り入り。
9/My Places (Your Place)
なんかアイズレー・ブラザースのスローを聞いてる感じですね。
10/Say You Will
これもサウンド的にはムーディな聞かせるタイプ。
11/ABC-123
も同じようなタイプ。

|

« Just A Little Love/Nue Spectrum | Main | Wait A Minutes/The Newday »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Just A Little Love/Nue Spectrum | Main | Wait A Minutes/The Newday »