« November 2006 | Main | January 2007 »

December 31, 2006

I Need You (Beside Me)/Bell & James

Bell_jamesbell_james1978年のアルバム。
ジャケットから見るとどう見ても白人っぽい感じですがディスコの為かお咎めなし。(笑)というか十分聞けます。逆に聞きやすくて良いかも。

Continue reading "I Need You (Beside Me)/Bell & James"

| | Comments (0)

Peace/O'Jays

Ojayspeace1972年のシングル盤。
レーベルはAstroscopeでディストリビュートがAll Platinum。そんな訳かどうか分かりませんが....
「Don't You Know A True Love」はジョージ・カーの曲。残念ながらスローでなくアップテンポ。更に良く知っているO'Jaysの姿は有りません。どちらかというと素朴な感じを受けます。
「Peace」どちらかというとこちらの方が安心して聞けるかも知れません。それにかなり格好良い出来。残念なのはコーラスグループと云うよりはソロに近い感じですね。

O'Jays

| | Comments (0)

December 30, 2006

Big Girl Don't Cry/Silk & Lace

Silk_lacebig_girl_dont_crya1990年の12インチ。
A-1/Big Girl Don't Cry
さてさて困った。ん〜,とにかく楽しいナンバー。女性デュオのラップグループ?って感じかな。元ネタは良く聞く古い曲の様ですがしっかりとした曲名は知りませんがこんなタイトルでしたっけ?
A-2/Big Girl Don't Cry (Chit Chat Mix)
ラップと云うよりはただのおしゃべりって感じ。
B-1/Swing The Game Troop
一時流行ったインベーダーゲームの音に合わせたラップ。
B-2/Big Girl Don't Cry (Instrumental)
B-3/Big Girl Don't Cry (Chit Chat Instrumental)
元ネタのグループを思い出したが名前が出てこない。全然そう流刑じゃないのでここはスルーってことで。

| | Comments (2)

今日からお休み〜昨日は

昨日は半日ってことで午後からお買い物。
途中でカーショップに寄り道。
カーナビを付けた事によりカップホルダーが使えなくなったのでいろいろ探してみたがコレッはってものは見つからない。
とりあえずドア用のものを選択、予想通りまともには付けれなく金具の長さを短くしてドアポケットに装着してなんとか形になりました。
後は足マット、絨毯風のマットはどうしても汚れちゃいますからやはりゴム素材が良いですね。ただし足下は平らでないので切り込みの有った軽自動車用を選択。これが結構ピッタリだった。

| | Comments (0)

Time Take Me Back/Onyx

Onyxtime_take_me_back1972年のシングル盤。
「Keep On Waiting」所謂フュージョンが流行り始める頃ってことで(多分違う)何処かそれっぽい雰囲気。妙にコーラスグループっぽい所も有りますがいかにも中途半端。
「Time Take Me Back」こちらの方がコーラスグループっぽい作り,時折ファルセットも交えるリードはそんなに悪くないが曲自体がもうひとつかな?
声自体に黒っぽさがイマイチ感じられなくEON見たいな感じを受けます。

| | Comments (0)

December 29, 2006

Uniforgettable Dream/Bar-Kays

Barkaysnightcruising1981年のアルバム。
一通り聞いてみましたがきっと音量はもっと上げた方が良いんだろうな〜という印象。そんな訳で音量を上げてみましたが期待程は良く聞こえませんでした。元々対して期待はしてませんがひょっとして出来の悪いアルバムばかり聞いてるなんて事は無いですよね〜。それだったら縁がないってことになります。

Continue reading "Uniforgettable Dream/Bar-Kays"

| | Comments (0)

Love Makes The World Go Round/Odds And Ends

Odds_and_endslove_makes_the_world_go_rou制作時期の記載は有りません。
「Love Makes The World Go Round」出だしのピアノの音でやられちゃいます。クレジットを見るとトム・ベルってことで流石のお仕事。曲自体は全盛期のシュープリームスを軽くした感じで歌いっぷりは正にぶりっ子。
「Yesterday My Love」の方が速めのテンポでこれも悪くない出来。しかしすぐにシュープリームスを思い出してしまうのがちょっと.....。

| | Comments (0)

December 28, 2006

U.R./Spain

Spainur1制作時期の記載は有りません。
A-1/U.R.
一時期(?)「for you」などを「for U」と云った使い方をしましたが、この「U.R.」はどうやら「you are」みたいですね。曲自体は出だしから語りのミディアムテンポのナンバー。ムードが有って良いのですがサビがちょっと残念。もう少しなんとかならないかな。
A-2/Don't Break My Heart
途中のトランペットのソロがイカしてます。普通にムードが有ってなかなか良いんじゃないかな。
B-1/U.R. (Instrumental)
タイトル通り。
B-2/Don't Break My Heart (Instrumental)
同じく。
Spainと云うのはグループ名と云うよりはプロデュースの「Rudy Spain II」のことじゃないかな。

| | Comments (0)

Let's Be Lovers/O'Mar

Omarlets_be_lovers制作時期の記載は有りません。
「Passing Fancy」レコード番号から云えば後に出されたシングル盤にもこの曲が含まれていますので強力に薦めたいんでしょうね。曲自体コーラスグループ風のコーラスも入って結構お気に入りだったりします。
「Let's Be Lovers」これまたコーラスグループ風。しかしこちらの方がよりポップでやはりサビの良さでしょうかね。

O'Mar

| | Comments (0)

December 27, 2006

明日はいよいよ雪かな〜

Photo_6ポルテ(トヨタ)とおさらばして、なんとか準備は整った。
巷の噂では雪道に強いとの事で楽しみだ〜(^^;

| | Comments (0)

I Had It All/Barrino Brothers

Barrino_brotherslivin_high_off_the_goodn時期の記載は有りませんがヴィヴィッドからの日本盤アルバム。
特にA面の出来は特筆すべきものが有ります。数有るインヴィクタスの名盤の中でもベストを争うものと云っても過言じゃないでしょう。

Continue reading "I Had It All/Barrino Brothers"

| | Comments (2)

I Got A Sure Thing/Ollie & The Nightingales

Ollie_the_nightingalesi_got_a_sure_thing制作時期の記載は有りません。
「Girl, You Have My Heart Singing」グループものだからといってスローかと思えばそうでなくリズミカルなタイプ。イメージ違うな〜。
「I Got A Sure Thing」このグループでなく誰かやってたな。ミディアムテンポの作品。この辺りがやっぱりグループものを聞いた気がする。結構サザンな気がすると思えば確かにスタックスでした。

| | Comments (0)

December 26, 2006

We Got Love On Our Side/Silver Blue

Silver_bluewe_got_love_on_our_side1977年の12インチ。
「We Got Love On Our Side」Silver Blueって名前から期待したんですが全然期待外れ。単なるディスコでその上女性グループっぽい感じ。

| | Comments (0)

Please Baby Please/Realistics

Realisticsplease_baby_please制作時期の記載は有りません。
「Please Baby Please」踊りながら歌っている所が想像出来くらい雰囲気の有るナンバー。一番良いのはサウンドかも。
「Too Shy」極めてオーソドックスなナンバー。

| | Comments (0)

December 25, 2006

So Long, James Brown

James_brownsoul_balladSo Long........

ファンクについて総括(死語?)していたら
米ソウル歌手ジェームス・ブラウン氏、死去」の記事が......

追加
・「ジェームス・ブラウン死去」padmacolors
・「さようなら James Brown」SOULOG
・「Ballads / James Brown * 2000 Polydor」音系戯言
・「James Brown/James Brown & Friends」Soul Stew !
・「無題…… 」Small Talk By SOUL FREAK

James BrownのディスコグラフィはLP/CDのみですがご参考までにどうぞ。

| | Comments (0)

スタンダードっぽい変態チックなサウンド

padma colorsさんのエントリ「Play With Bootsy」が珍しく黒人系の話でビックリしました。
ブラジルや韓国と云った辺りがメインだと思ってましたがこう云ったのも好みなんですかね?
一番気になったのが「スタンダードっぽい変態チックなサウンド」。良い響きだな〜。ジャケットデザインもかなりイケてるし。
Bootsy CollinsといえばPファンクとかの一味なわけでJB由来のファンクをよりロックっぽくしたものと云うのが私の理解ですが、一般的にサザンソウル、ファンク、スィートソウル等マニアの聞き所はかなり違う様に思われます。夫々ロックとジャズくらいの違いが有ると思います。
私の場合と云えばスィートソウル中心でサザンソウルはそこそこOK。ファンクはあまり得意じゃないって所。
あまり自分からファンクを聞く事はないのですが「I'd Rather Be With You」を聞く機会があってアルバム「Stretchin' Out」を購入したのですがやはり個人的にはダメだった。
元々ロックと云うのは今流行の言葉の「キレた」白人の音楽って事だと思う。黒人の「キレた」状態はロックの様な尖った印象じゃないですね。このあたりでロックっぽいBootsy Collins等は既に「変態チックなサウンド」ってことになります。
しかしソウルファンの私にとっての「変態チックなサウンド」はPファンクじゃないんですよね。そんなわけでiTunesを一通り見てみましたが見つからない。
とすると私はかなりノーマルなんですかね。残念。

| | Comments (2)

I Don't Want To Lose You/Billy Butler & Infinity

Billy_butler_infinitybilly_butler_infini1973年のアルバム。
早い話最初の2曲が突出して出来が良く。後はまずまずかな。購入した当時はコレクトの比重が高まっててしっかり聞かないものだから注文しているうちに忘れちゃって結局我が家には同じものが2枚。

Continue reading "I Don't Want To Lose You/Billy Butler & Infinity"

| | Comments (0)

You I Love/Oddysee & Company

Oddysee_companyyou_i_love制作時期の記載は有りません。
「Young Girl」は速めのテンポ。ちょっぴり中途半端かもしれない。
「You I Love」ゆっくりとしたテンポのナンバー。コーラスは素朴な感じ。途中にはファルセットも混じります。

| | Comments (0)

December 24, 2006

Love Came Right On Time/Sandra Feva

Sandra_fevalove_came_right_on_time制作時期の記載は有りません。
「Love Came Right On Time」「Love Came Right On Time (Instrumental)」の構成。
アップテンポで物凄く格好良い。特に何度もカウントする所や語り更には迫力のある歌いっぷりは素晴らしい。早い話ジョセリン・ブラウン風でより歌が上手いって感じです。

Sandra Feva

| | Comments (0)

Dreams/O'Mar

Dreams_pt11984年のシングル盤。
「Dreams Pt.1」「Dreams Pt.2」ゆったりとしたテンポでしっかりとした歌いっぷりで良い印象です。ただし新しめのサウンドとディープ系の歌とのマッチングはもうひとつで間延びした感じにも感じられる。

| | Comments (0)

December 23, 2006

機種変更〜つなぎ?

Des_img05機種変更〜つなぎ?

以前より何度かエントリしていますが,例によって全然決まらない体たらく。
昨日久しぶりの残業で家に電話しようとしたらまともに繋がらないし,繋がったと思ったら切れてしまう。
これは思いたる節があって、奥様の携帯のバッテリが無くなる前がちょうどこんな感じ。一緒に買ってましたから不思議じゃないので機種変更を決意。
今までの状況から納得出来る機種ってのは諦めて「つなぎ」と云った意識で勢いで決定。(WINを試してみる事に....)
そう言えば前回も土壇場でオレンジを回避しましたが今回も同様で白色になっちゃいました。

G's One W42CA

| | Comments (0)

Words And Music/The Beck Family

The_beck_familydancin_on_the_ceiling1979年のアルバム。
正直言ってどういったグループかとかどういった曲が有るのかとか,全然覚えてなかったりする。(^^; 聞いてみると作りは甘いんですがなかなか良い出来。悪く云えば中途半端と云っても良いかも知れませんがそれで切って捨てるには味が有る。

Continue reading "Words And Music/The Beck Family"

| | Comments (0)

Merry-Go-Round/Oscar Perry

Oscar_perrymerrygoround1987年のシングル盤。
「Merry-Go-Round」調べてみると1957年にはシングル盤を出してるようで当時20歳でもこのシングルの頃は既に50歳ってことになるんですね。凄いな〜。
肝心の曲の方ですが87年と云うのがだてじゃない作りで結構オシャレでゆったりとしたテンポ。派手さは無いけど十分に聞かせてくれて大満足。
メリーゴーラウンドにはずれ無し JONESES / MERRY GO ROUND」のzoukyさんの記事の通り当りですよこれは。

Oscar Perry

| | Comments (3)

December 22, 2006

Could It Be I'm Falling In Love/Tkeylow & The Criminal Element Orchestra

Tkeylow_the_criminal_element_orchestraco1990年の12インチ。
スピナーズでおなじみのナンバー「Could It Be I'm Falling In Love」ですね。
A-1/Could It Be I'm Falling In Love (House Version)
軽快なディスコ+ラップって感じで、まあこんなものですかね。
A-2/Could It Be I'm Falling In Love (Dub Mix)
正直言ってつまらない。
B-1/Could It Be I'm Falling In Love (Jah Love Mix)
B-2/Could It Be I'm Falling In Love (Jah Dub Mix)
違いがわからん(^^; クラシックを聞いているみたいだ。
B-3/Could It Be I'm Falling In Love (Soul Mix)
さすがに (Soul Mix)と云う事で期待。そこそこ歌ってるしラップを含めたバランスはまずまず。

| | Comments (0)

Two Piece Love/O'Mar

Omartwo_piece_love1987年のシングル盤。
「Two Piece Love」この頃だと当然サザンソウル辺りだと食べていけない訳で、いかにもサザンソウル辺りが似合いそうなのにもう少しオシャレな辺りを狙ってる雰囲気がありありです。早い話ゆったりとしたテンポでかなり良い雰囲気を出しているって訳です。
裏面はインストルメンタル。

O'MAR

| | Comments (0)

December 21, 2006

年賀状の制作がなかなか.....

いろいろ有って忙しくなかなか年賀状の作成が進みません。なんとかデザインを今日明日中になんとかしたいな(^^;

| | Comments (0)

Confessing A Feeling/Ballads

Balladsconfessing_the_feeling1980年の日本盤アルバム。
鈴木啓志氏の解説によると直接Balladsのメンバーにコンタクトして制作されたLPだそうだ。こうした形でしっかり著作権をクリヤーしたアルバムは気持ちの良いものですね。アルバムの内容は以外にしっかりとしたグループでスローだけでなくアップテンポもちゃんとこなせる実力派の姿を確認する事が出来ます。

Continue reading "Confessing A Feeling/Ballads"

| | Comments (0)

Give Me Something/Odds And Ends

Odds_and_endsgive_me_something制作時期の記載は有りません。
「Give Me Something」女性のグループのようですね。アレンジに私の好きなPatrick Adamsの名前が有る様になかなか良い感じのポップなナンバー。
「Who Could Doubt My Love」こちらはアレンジがThom Bellってことでそれっぽい曲調になっています。おそらく曲のまとまりはこちらの方が上ですが別にOdds And Endsじゃなくても同じ様に聞こえるんじゃないかな〜。

| | Comments (0)

December 20, 2006

You Said It Was Love/Special Treat

Special_treatyou_said_it_was_love1990年の12インチ。
「You Said It Was Love」雰囲気が素敵なスローラップ。歌の部分を見る限り全然大したこと無いがアレンジですかね?やっぱりムードですよね〜。
「Give It Up」これは時代の音ですかね。リズム的にはラップ辺りと同系統。純然たるラップとは違うと思うが良いかと云えば「?」悪くは無いし所々面白い所も有ったりするが......。

| | Comments (0)

Girl (Love Everything About You) Part.1/Philadelphia Amnassadors

Philadelphia_amnassadorsgirl_love_everyt1976年のシングル盤。
「Girl (Love Everything About You) Part.1」軽快なリズムに乗ったナンバー。リードががんばって歌ってますね。それでも曲自体の出来がイマイチ。

| | Comments (0)

December 19, 2006

I Think I'm Gonna Like This/Brenda & Herb

Brenda_herbin_here_again1979年のアルバム。
Brenda & Herbは男女のデュオ。名前が通ったデュオの場合は落ち着いた感じと云えば聞こえは良いのですが緊張感の無い緩い歌いっぷりが多かったりします。そういったデュオに比べると芯の通ったしっかりとした歌を聴かせてくれます。

Continue reading "I Think I'm Gonna Like This/Brenda & Herb"

| | Comments (0)

Don't Say You Love Me (Unless You Really Mean It)/Pat & The Blenders

Pat_the_blendersdont_say_you_love_me_unl1972年のシングル盤。
プロモ盤のせいかコピーした様なレーベル面が泣かせます。
「Don't Say You Love Me (Unless You Really Mean It)」正に正統派ボーカルグループの歌いっぷりで好印象。
B面はモノラル。

| | Comments (0)

December 18, 2006

卓上IH調理器

Photo_5卓上IH調理器を購入した。
長い間使っていたものがいよいよ怪しくなって来たからだ。
新しいものはかなり薄く,軽くなってました。

昔は電磁調理器っていってましたが歴史はかなり古く我が家のものは1981年製で25年も使用した。
更に無線等に影響を与える恐れが有ると云う事で電波管理局(?)からの資格証みたいなものが必要だった。
今回はそう言ったものは無く妙に寂しい。それに今回のものは25年も使えるのだろうか?
http://ctlg.national.jp/product/info.do?pg=04&hb=KZ-PH5

| | Comments (0)

Heaven In The Afternoon/Lew Kirton

Lew_kirtonheaven_in_the_afternoon1978年の12インチ。
「Heaven In The Afternoon」レーベルがT.K.Discoってことでディスコを意識したナンバー。バックの演奏等を見てもかなりポップな作りになっていますがLew Kirtonの歌いっぷりは正統派で堂々としたもの。ちょっぴり合ってない気もしますがそれでも信念を曲げない辺りは好感が持てます。
B面はインストルメンタル。

| | Comments (0)

I Think Heaven For An Angel/Page One

Page_onei_think_heaven_for_an_angel制作時期の記載は有りません。
「I Think Heaven For An Angel」はアップテンポの素朴なナンバー。しかし妙にぐっと来る所が有ります。やっぱりコーラスの性かな〜。
「We've Got To Get Our Love Thing Together」全体的にノベルティな感じ。2流っぽさが出まくりの曲ですね〜。
プロデュースとアレンジに「Lenis Guess」の名前が有りますがアノ人かな?レーベル名も「Guess」になってますし。曲の雰囲気からは十分に考えられるかも。

I Cant't Leave Your Love Alone/Lenis Guess

I Keep Coming Back For More/The Soul Cop

| | Comments (0)

December 17, 2006

You Are My Lover/Black Ivory

Black_ivorythen_and_now1984年のアルバム。
Black Ivoryというとスロー系が良いと云った印象でしたがこのアルバムでは見事にアップテンポの出来が良かったりします。これはスローが悪いってことじゃなくこのてのサウンドにはきっとアップテンポの方が合いやすいのでしょうね。

Continue reading "You Are My Lover/Black Ivory"

| | Comments (2)

Sister Shelia/Papa's Results

Papas_resultssister_shelia制作時期の記載は有りません。
「Sister Shelia」ひょっとして女性グループ。曲自体もつまらないものです。一番面白いのはアーチスト名の「Papa's Results」ですね〜。

| | Comments (0)

December 16, 2006

セキュリティホール

いつもの巡回先に「セキュリティホール memo」が有りますが、最近富みにウィンドウズ以外の一般的なセキュリティの話が増えた様に思われます。
今回驚いたのが「包茎手術でHIV感染率半減、米研究機関が発表 」。
なんですか〜、これは。
「手術を受けたケニアのグループの感染者数は、.........エイズ感染率は半分だった。」
ん〜、凄い。

| | Comments (0)

パワーウインドウ無し

ボクチンは今日も学校。と云う事は送り迎えということで.......軽トラデビュー。
友達に何か云われたら「新車」だと云っておけと云ったものの.......。

初めて乗ったボクチン曰く「ドアのこの丸くなってるの何?」

どうやらパワーウインドウ無しの車に乗ったのが初めてだったみたい。
手でウインドウを上げ下ろしするが薄々は感じてた様ですが壊すと行けないので触れなかった様です。
こう云った世代が出て来たんだな〜とつくづく思う。そう言えば白黒のテレビなんか知らないものな〜。

| | Comments (0)

(Love Is Only) Skin Deep/LaJeune

Lajeunelove_is_only_skin_deep1985年の12インチ。
「(Love Is Only) Skin Deep」完全にディスコナンバーですね。LoveでなくBeautyは聞いたことがありますね。誰の曲だったかな?
この曲自体は女性シンガーがリードボーカル。出来は並みかな〜。

| | Comments (0)

Larry, Move Your Hand/Penguin Feet & The Teardrop Kid

Penguin_feet_the_teardrop_kidlarry_move_「Larry, Move Your Hand」さてさて,弱ったな〜。ベースがドゥーワップ、これだけで結構嬉しかったりします。問題は歌の方で、ファルセットリードというかノベルティタイプ。これがオットセイみたいな真似(?)とかも有って大変楽しませてくれます。

| | Comments (0)

December 15, 2006

On The Beat/The B.B.&Q. Band

The_bbq_bandthe_bbq_band1981年のアルバム。
日本でも大ヒットしたおなじみの「On The Beat」を含んだアルバム。このアルバムは間違いなくディスコアルバムですがやっぱり良い曲は良い。

Continue reading "On The Beat/The B.B.&Q. Band"

| | Comments (0)

Somewhere Over The Water/The Perfections

The_perfectionssomewhere_over_the_water制作時期の記載は有りません。
「Somewhere Over The Water」正直言ってコーラスの方が前に出て来てるよ〜。リードは歌と云うよりも.....スキャット?途中に波の音(?)も入ります。
「To You, My Love」リードボーカルの声が良いですね〜。コーラスもかなり良いというか,なかなかこれだけコーラスの方が歌ってくれないですからね〜。結構リズミカルです。

| | Comments (0)

December 14, 2006

元ラツィオ\(^_^)/

何気なく「愛と幻想のフットボール」を見たら「シメオネ!」の記事でシメオネ監督が率いる、しかもヴェロンが選手でいるエストゥディアンテスがアルゼンチンリーグ最終節でボカに並び、優勝決定戦でボカを破って優勝したという。

スポーツナビにも「シメオネ監督のエストゥディアンテスが前期リーグ優勝=アルゼンチン 」の記事が....。
ここでは元インテルと書いてあるが同時に二人とも元ラツィオである。
(ここが重要)
ラツィオがセリエAでスクデットを取った時はこの二人が在籍した。当時のシメオネのヘッディングでのゴールは忘れられない。

ありがとうシメオネ,そしておめでとう。

| | Comments (0)

Funky Dividends/Three Times Dope

Three_times_dopefunky_dividends1989年の12インチ。
A-1「Funky Dividends (Goin' For Broke Edit)」
先にA-2を聞いたので始まり方が唐突な印象。
A-2「Funky Dividends (Goin' For Broke Remix)」
中盤の女性のおしゃべりがなんとも良い感じ。
A-3「Funky Dividends (Big Money Talkin' Beats)」
アカペラから始まります。
B-1「Funky Dividends (Modern Day Radio Mix)」
どれがどれだか良く分からなくなって来た。
B-2「Funky Dividends (Great Groove Club Mix)」
結局は元ネタの良さが一番かな。
B-3「Original Stylin'」
普通にラップ。個人的にはダメ。

| | Comments (0)

Will You Marry Me Girl/Philharmonics

Philharmonicswill_you_marry_me_girl制作時期の記載は有りません。クレジットからするとニューオリーンズの会社みたいですね。
「I Need, I Need Your Love」はアップテンポの作品。出だしのギターの音がアーチ・ベル&ドレルズの「Tighten Up」辺りの雰囲気ですね。
「Will You Marry Me Girl」オーソドックスなコーラスグループの作り素朴な雰囲気やと「チュル、チュルッ」と云ったコーラスがなかなか良い感じ。

| | Comments (0)

December 13, 2006

「ボ」の字

「ボ」の字が出た。泣けた。

自分が経営者だったら絶対に出さないよな〜。
甘くて良い(?)会社だ。

社長のコメントで「優秀な人材が我が社にいる」と云う所は笑えた。

| | Comments (0)

No If's And's, Or But's/Black Ivory

Black_ivorybaby_wont_you_change_your_min1972年のアルバム。
Black Ivoryの1枚目が結構ストレートな印象なのに対して成長したと云えるかも。全体的な出来はまずまずですが元々あまり印象に残るタイプじゃないと思います。

Continue reading "No If's And's, Or But's/Black Ivory"

| | Comments (0)

Too Much Pride/The Persians

The_persianstoo_much_pride制作時期の記載は有りませんがどうやら1968年のようですね。
「That's If You Want Me To」プロデュースがジョージ・カーになっていますが、らしくない出来ですね。雰囲気から云って完全に60年代のアップテンポのナンバー。
「Too Much Pride」ジョージ・カーらしくスローミディアム。少し甘い雰囲気の歌いっぷりはなかなか良い感じ。

The Persians

| | Comments (0)

December 12, 2006

I'm Afraid Of Love/Face II Face

Face_ii_faceim_afraid_of_love1981年の12インチ。
A-1「Cold (Club Mix)」
所謂スクラッチとかラップと云った系統の音。
A-2「Cold (Bonus Club Mix)」
Club Mixが5分超えなのに対してこちらは2分程でほとんど意味無いんじゃないかな。
B-1「I'm Afraid Of Love」
他の曲(といっても「Cold」だけだけど)はいったいなんだったのと云うくらい全然別物の出来。ちゃんとコーラスグループしてます。なかなか良いとは思いますがこの12インチの中で聞いてちゃ分からない。どうしても良く聞こえちゃいますからね。
B-2「Cold」
こちらがオリジナルのバージョンですか。程よい長さですね。

| | Comments (0)

Bet You If You Ask Around/Velvet

Velvetbet_you_if_you_ask_around制作時期の記載は有りません。
「Bet You If You Ask Around」さてさて,どう見ても白人のバブルガム系にしか聞こえません。レーベルはソウルをたくさん出している会社なんですがこう云ったのも出してるのですかね。

| | Comments (0)

December 11, 2006

ダービー、圧勝\(^_^)/

今シーズン最初のダービーは3-0で圧勝。
スポーツナビの記事によると内容的には圧勝ではないものの3-0はやっぱり気持ち良いな〜。

ローマがダービーで敗戦、インテル独走へ
ローマのトッティ「ロゼッティ主審はダービーを担当するレベルになかった」
ラツィオのオッド「僕らの方がチームとしてまとまっていた」

しかし,スカパーは何をやってんだかな〜。ダービーの放送が無いってのはどういう了見だ?

| | Comments (0)

You're Gonna Get Next To Me/Bo Kirland & Ruth Davis

Bo_kirland_ruth_davisbo_ruth1976年のアルバム。
同じ頃兄弟のMike Kirklandのアルバム「Doin' It Right」が出てますが同じ様に2流っぽさが良い雰囲気を出してますね。女性シンガーの苦手な私が聞けますからなかなかの出来ってことですね。

Continue reading "You're Gonna Get Next To Me/Bo Kirland & Ruth Davis"

| | Comments (2)

I Choose You/Paris

Parisi_choose_you制作時期の記載は有りません。
「I Choose You」触ると折れそうなタイプのファルセットボーカルがなかなか良い感じ。スィートなサウンドも好印象。
「Punkin Funkin」A面と違ってファンクナンバー。リードボーカルは同じでやはりファルセット中心の声を聞かせてくれます。これはこれで有りかも。

| | Comments (0)

December 10, 2006

Cold Sweat (Extended Remix)/Faze

Fazethe_things_you_do1981年の12インチ。
A-1「The Things You Do (LP Vesion)」
すっかり忘れていたがCDを持っていた。ザッと探してみたが記事にしてないようだ。オシャレ系ファンクナンバー。
A-2「The Things You Do (Club Mix)」
さすがに6分超えと長いがあまり意味は無いな〜。
A-3「The Things You Do (Instrumental)」
インストルメンタル。
B-1「Cold Sweat (Extended Remix)」
CDより1分半程長いですね。ミディアムスロー。これまたオシャレ系スィートナンバー。

| | Comments (0)

Please Pardon Me/Perfection

Perfectionplease_pardon_me制作時期の記載は有りません。
「Please Pardon Me」 A,B面ともに同じ。ミディアムテンポのイキそうでイカ無い感じのリズムがなんとも云えませんね〜。雰囲気としては2流っぽさがプンプンします。

| | Comments (0)

December 09, 2006

軽トラにスタッドレス

軽トラにスタッドレスを付けて来ました。BSの最新版との事。標準のタイヤより乗り心地が良い様にも思います。
荷物を積んでない軽トラはそのままではたとえ4WDでもリヤが浮いてしまって雪道はダメですから荷台に重しを乗せる事が必要で小技(?)を聞いて来ました。
そろそろ雪も降りそうですから今週中にはなんとかしたい所ですね〜。

| | Comments (0)

Outside Woman/Bloodstone

Bloodstoneunreal1973年のアルバム。
当時「Natural High」の大ヒットで一躍注目されたBloodstoneですが次にシングルとして出されたのは「Outside Woman」。素晴らしいバラードですが当時のヒット曲は遥かにインパクトが有る曲が多くてちょっと毛色が変わった曲と云う印象でした。そんな訳でこのアルバムを手に入れたのもだいぶ後になってから。

Continue reading "Outside Woman/Bloodstone"

| | Comments (0)

Tell Her/Paradise

Paradisetell_her1981年のシングル盤。
「Tell Her」めくるめく....こう云った表現がピッタリくるコーラススタイルが素敵なグループ。この曲はミディアムテンポですが,正にパラダイス。
「We Belong Together」はムーディーなバラード。落ち着いた歌いっぷりとしっかりとしたコーラスが素敵です。

| | Comments (0)

December 08, 2006

Body & Soul/Cliff Perkins

Cliff_perkinsbody_soula1990年の12インチ。
A-1「Body & Soul (Radio Edit)」
プロデュースはPaul Kyserで流石の出来。
A-2「Body & Soul (Club Version)」
出だしはスローラップ。ファンクやディスコでなくほとんど普通にRadio Edit盤の様な気がする。
B-1「Body & Soul (Slow Jam Mix)」
最初に語り入り。後はRadio Edit盤と変わらない気がするが.....
B-2「Body & Soul (Instrumental)」
時間から云ってもRadio Edit盤のインストメンタルですね。
B-3「Body & Soul (Acappella)」
まんまアカペラで入ってるのは他に手拍子のみですね。

| | Comments (0)

Hey Pearl/The Prime Cut

The_prime_cuthey_pearl1974年のシングル盤。
「Hey Pearl」気持ち良いテンポ,リズムの作品。タバレスをマイナーにした感じと云えば分かってもらえるかな〜。後半には語りというかおしゃべりというか,この辺りもなかなか良い。
「Message To The Ghetto」こちらはロック調のテンプスって感じでごめんなさい。

| | Comments (0)

December 07, 2006

軽トラ納車

Carryボクチンの自転車送迎用に購入したポルテでは有りますが27インチが乗らない(正確には乗せると助手席、後部座席に座れない)訳でいろいろ考えた結果、軽トラを購入。もちろん4WDで更にオートマ(これが無いと奥様が乗れないと云う)、なんだかんだで100万。金策で1日会社を休みましたとも.....。
奥様のパート先のおばさまに云わせると田んぼが有って軽トラが無いのは信じられないとか......。我が家がそうでした(笑)
いっぱしの農家に成れましたでしょうかね?

| | Comments (0)

Forever/Baby Washington & Don Gardner

Baby_washington_don_gardnerlay_a_little_1974年の日本盤アルバム。
デュエットものを買う事は珍しいのだが評判につられて購入。とは行っても70年代に買ってるからもう30年も前か。出来はなかなか良いと思うのだがコーラスグループファンにとってはちょっと辛くも感じられる。解説は鈴木啓志氏で73年に吹き込みと有る。

Continue reading "Forever/Baby Washington & Don Gardner"

| | Comments (0)

Hooked On Your Love/Pure Velvet

Pure_velvethooked_on_your_love制作時期の記載は有りませんがいろいろ見てみますと1975年の様です。
「Hooked On Your Love」甘くムーディーなナンバー。制作はPaul Riserで流石の出来。中盤には語り入り。「on it, on it」と聞こえるコーラスでクラクラします。
「I'm Tired Of Dreaming」はアップテンポの軽快なナンバー。これもなかなか良いですね。

| | Comments (0)

December 06, 2006

Mandlay/Art Attack

Art_attackmandlay1983年の12インチ。
「Mandolay」ディスコナンバーと云えば確かにそうなんでしょうが妙に白人っぽいな。コーラスなんかが正にそうなんでどうにも......。それでもこちらの曲の方が聞ける。
「In Living Stereo」どう見ても若手の白人が好みそうなナンバー。

| | Comments (0)

Oh Lovin' You/The Paragons

The_paragonsoh_lovin_you1975年のシングル盤。
「Oh Lovin' You」パラゴンとくればJBLのスピーカーしか思い浮かばないのですが日本人が作っていたことには驚きましたね。肝心のこのレコードはリズミカルなナンバーですが驚きも無い普通の曲。つまらないな〜。

| | Comments (0)

December 05, 2006

Up The Ladder To The Roof/Al Green

Al_greenal_green1984年のアルバム。
ゴスペルに移行してからのアルバム。バリバリのゴスペルアルバムでなくどうしたことかシュープリームスとビル・ウィザースの曲を取り上げています。一体どうしたんだろう?

Continue reading "Up The Ladder To The Roof/Al Green"

| | Comments (0)

That's My Girl/Porgy & The Monarchs

Porgy_the_monarchsthats_my_girl
制作時期の記載は有りません。
「That's My Girl」以前紹介したCD「Rare Soul On CD Volume 1」にも含まれていました。サビの部分が好みだったりして.....
「The Girl And The Boy」これまたリードボーカルが良い味を出しています。
いろいろ調べてみますと
http://www.talkofthesouth.info/sounds.htm
で聞ける様ですね。

Porgy & The Monarchs

| | Comments (2)

December 04, 2006

イルミネーション

さすがに年末と云う事でいろいろ有って珍しく昼からのお出かけ。(昨日)
そろそろ我が家には欠かせないハロッズの紅茶が切れかかってたのが一番で、ついでにお歳暮のコーナー。これまた以前にハロッズの紅茶を送ったらそれ以降指定される様になりましてまずは名古屋三越。昼からだと混んでいて30分待ち。(^^;

夕暮れに栄近辺を歩く事はまず無いので知らなかったが道路沿いの木にイルミネーションが点いていた。名古屋駅前のイルミネーションはテレビで見て知ってたけど栄もなのね。(田舎者)

今回はアップルストアはパス。だってMac mini-Intel Core Duo用にって感じで何か買っちゃいそうだったから(^^;

| | Comments (0)

Love Jones/Doctor Ice

Doctor_icelove_jones1989年の12インチ。
ジャケットには「Featuring Full Force and Cheryl "Pepsii" Riley」とある。
名義は「Doctor Ice」になってるが何か関係があるのかな?この辺り(メンバーとか)は正直興味が無いので良く分かってない。
曲自体はブライターサイド・オブ・ダークネスの名作「Love Jones」。基本的にはオリジナルに近い感じでやってます。Exteded Version/Single Edit/Trust Me, I'm A Doctor Mix/Instrumentalの4バージョン入り。曲のせいかそれともアレンジのせいかはよく分からないが十分に聞ける出来になってます。

| | Comments (0)

What Goes Around/Perfect Touch

Perfect_touchwhat_goes_around制作時期の記載は有りません。
「Boogie Tonight」タイトルからも明らかですが,ディスコ・ファンク系でつまらない出来。
「What Goes Around」一転してミディアムテンポのコーラスグループ調の曲。ファルセットリードはまずまず。バックコーラスが歌いすぎで焦点がしぼりきれない印象でイマイチハッキリしない感じ。ボーカルアレンジなんかを上手くするとかなり良い感じになりそうなんですがね〜。

Perfect Touch

| | Comments (0)

December 03, 2006

Feelin' The Love/Blue Magic

Blue_magicwelcome_back1981年のアルバム。
例によってシグマ・サウンド・スタジオで制作されたフィリー・サウンド。プロデュースは Norman Harris。正直言ってBlue Magicは中途半端な印象でしたがこのアルバムを購入して認識を改めた。良いグループですよこれは。と云った訳でこれ以降は連続して購入しましたね。

Continue reading "Feelin' The Love/Blue Magic"

| | Comments (0)

People User/The Philadelohia Story

The_philadelohia_storypeople_user1976年のシングル盤。
「People User」はアップテンポのナンバー。早い話ロック調だった頃のテンプスを思い出していただければ良い訳で.....個人的には好みじゃないってことですね。しかし出来としてはまずまずだと思います。

| | Comments (0)

December 02, 2006

仮想デスクトップ機能/Mac mini-Intel Core Duo

仮想デスクトップ機能は自分にとって無くてはならないものになっています。
「space」「VirtueDesktops 」「Desktop Manager 」といろいろ使ってみましたが最終的には「Desktop Manager 」に落ち着いていました。とにかく一番早く目的のデスクトップを開ける事が出来る所が気に入ってます。
そんなわけでIntel Core DuoのMac miniにインストールしたのですが最初に開いたデスクトップは問題ないのですが他のデスクトップに移動するとページャーが開いてない。しょうがないのでメニューバーで変更。となったら「VirtueDesktops 」と同じじゃないですか。しょうがないので「VirtueDesktops 」を使ってます。(Universal Binary もしくは Intel対応ってことで)
MacOS10.5では仮想デスクトップ機能「space」が載ってくる筈。其の時までの辛抱ですかね?

| | Comments (0)

Natural High/Arnie's Love

Arnies_lovenatural_high1986年の12インチ。
「Natural High」ブラッドストーンでおなじみの曲。全体的にはオリジナルに近い感じですがよりムーディなサウンドに仕上がってます。
「Arnie's Love」をネットで調べてみると「I'm Out Of Your Life」と云う曲が名曲中の名曲なんて書かれてますね〜。

| | Comments (0)

Merry Go Round/Perfect Touch

Perfect_touchmerry_go_round1980年のシングル盤。
「Boogie Tonight」Celebrity盤にも入ってる曲でどう見ても2流のボーカル&インストルメンタル・グループのファンクナンバーって感じ。
「Merry Go Round」レーベル名に依るものかかなり爽やかなサウンド。スィートはスィートなんですがちょっと違った雰囲気ですね。個人的にはちょっと居心地が悪い......いつもほめない人に何故かほめられた様な感じかな?

Perfect Touch

| | Comments (0)

December 01, 2006

不調だったパソコンの調子が良い(^^;

Overviewintelいろいろ変えて試したがダメだったから新しいのを頼んじゃったら,結果的に直っちゃたみたい。
後になって思えばキーボードを新調してからだった気もする。早い話接続がいまいちマッチしてなかったようだ。

そんな訳で今日届いちゃいました。(^^;
Mac mini 1.66GHz Intel Core Duo
メモリ/1GB、80GB Serial ATA drive

セットアップはあっさり終了。現在アップデート中。
下取りで出す事も考えてましたが,それは中止。
今見てみるとApple Store 下取りサービス11月中は下取り査定が10%アップだったのが15%アップになってる。それで急いで注文したのに〜。
とは言うもののDO-夢の買い取りの方が高い様です、参考までに。

| | Comments (0)

I Never Sang For My Baby/Angelo Bond

Angelo_bondbondage1975年のアルバム。
ジャケット写真からすると刑務所から出て来た人なんでしょうかね〜?
プロデュースがAngelo Bond & MaKinley Jackson
ギターにはRay Parker, Jr. & Melvin "Wa-Wa" Regin他、所謂ワー・ワー・ワトソンですね。本当にこの人たち何処にも絡んで来ますね。
全体の印象としては名盤ではないですが好盤である事は間違いないでしょう。すべての曲がそれなりの出来。もう少しポップさが有って印象が上がれば名盤と云ってもおかしくないんじゃないかな?

Continue reading "I Never Sang For My Baby/Angelo Bond"

| | Comments (0)

You Are The Song/The Philadelohia Story

The_philadelohia_storyyou_are_the_song1974年のシングル盤。
アーチスト名が「The Philadelohia Story」で録音もフィラデルフィアのシグマスタジオ。
「If You Lived HereYou'd Be Home Now」
「You Are The Song」テディ・ペンダーグラス/ブルーノーツの「If You Don't Know Me By Now」にそっくりな気がします。と云う訳でそれなりの出来。

| | Comments (2)

« November 2006 | Main | January 2007 »