« This Love For Real/Hands Of Time | Main | 19インチ液晶 »

November 23, 2006

Oh Lord, What Are You Doing To Me/Brenda & Tabulations

Brenda_tabulations1971年のアルバム。
何度も書いていますがやっぱり女性シンガーは苦手。というかストライクゾーンが無茶苦茶狭いのでしょうね。正直言って全体的にはイマイチの出来。

Hands Of Time

A面1曲目は「Don't Make Me Over」ミディアムスロー。落ち着いた雰囲気で良いんでない?「The Touch Of You」曲自体はイマイチなんですが曲の切れ目に入る鈴(?)の音が印象的。「Lies Lies Lies」シュプリームス調だろうと思うのですが.....音が悪くてよく分からないな〜。「California Soul」中途半端に白人っぽい曲。「Oh Lord, What Are You Doing To Me」誰がオリジナルかは知りませんがこの曲は結構好きですね。
B面1曲目は「A Child No One Wanted」まずまずかな〜。それともイマイチ。「Sucuse Uz Y'All」ちょっぴりファンキー系?この手は苦手。「You've Changed」70年代初期というか60年代後半の音。ダイアナ・ロスのなり損ないって感じもしますが,これは結構良いってこと。「Somebody We'll Be Together」正にそのシュープリームスの曲。ダイアナ・ロス程癖の無い歌い方で残念ながら淡白な印象を受けます。まあ曲が曲ですから十分に聞けます。ラストは「And My Heart Sang (Tra La La)」これもなかなか良い感じ。

Brenda & Tabulations

|

« This Love For Real/Hands Of Time | Main | 19インチ液晶 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« This Love For Real/Hands Of Time | Main | 19インチ液晶 »