« October 2006 | Main | December 2006 »

November 30, 2006

I Can' Forget You/California Executives

California_executivesi_can_forget_you_ra1987年の12インチ。
A面2曲とB面1曲となっています。Radio Edit〜Instrumental〜Dance Mixと云う構成。
「I Can' Forget You (Dance Mix)」雰囲気的にはディスコ調になってからのウィスパーズ。と云えばピッタリかも?
「I Can' Forget You (Radio Edit)」長さが40秒程長いだけ。肝心の出来はまずまずかな〜。

| | Comments (0)

Oooh, Baby/Pamoja

Pamojaoooh_baby1975年のシングル盤
「Only the Lonely Know」ムーディなナンバーとしか言いようが無いナンバー。こちらがA面。
「Oooh, Baby」出だしのギターの刻みにやられちゃいます。リードはファルセットオンリー。本来は大した出来じゃない筈ですが妙に気持ち良いんですよね。

| | Comments (2)

November 29, 2006

いじめってのは.....

なかなか無くならないですよね、まあ、当然と云えば当然。
だって天下の自民党が今その真っ最中じゃないですか。

同じクラス(自民党)の多数派が少数派を追い出した。クラスに戻りたけりゃ誓約書を書けと云ってる訳ですから、そのままいじめってことですよ。

選挙では候補者を選ぶ訳で何も政党を選ぶ訳じゃない。じゃあ候補者の選挙公約が所属する政党と違った場合どちらを取ら無きゃならないかと云ったら本来は政治家本人の公約であってしかるべきじゃないかな。
上手い事騙されて政党の意見が通るなんてのは早い話サギと言って良いんじゃないか。

こんな所が自分の考えの大筋な所ですが,個人的には株を上げたのが平沼君只一人だったな。

| | Comments (0)

Find The One Who Loves You/Black Ivory

Black_ivorydont_turn_around制作時期の記載は有りません。
どうやら1971年の様ですね。当時は考えてなかったのですがプロデュースがパトリック・アダムスだったのですね。そんな訳で期待して聞き直したのですがやはりブレイク前って感じですね〜。もう少しポップな曲作りだったらな〜。

Continue reading "Find The One Who Loves You/Black Ivory"

| | Comments (0)

I Want My Baby/The Presidents

The_presidentsi_want_my_baby制作時期の記載は有りません。
あの有名なプレジデンツとは別グループ。
「Gold Walk」60年代のシャウト系ダンスナンバー。出来はイマイチ。
「I Want My Baby」はボーカルグループっぽい感じ。これがなかなか良い出来。中盤には語り入り。コーラスも単純では有りますが悪くない。ただ両面を聞く限りリードボーカル(プラス)コーラスって感じでその辺りがちょっぴり残念かな。

| | Comments (0)

November 28, 2006

Share My Dream/Alvin Fields

Alvin_fieldsspecial_delivery1981年のアルバム。
Michael Zagerの制作ってことで例によってディスコ調。この頃流行の男性ボーカルをMichael Zagerも出して来たと云うのが一番分かりやすいところかな。

Continue reading "Share My Dream/Alvin Fields"

| | Comments (0)

I Can Feel The Ice Melting/The Parliaments

The_parliamentsi_can_feel_the_ice_meltin制作時期の記載は有りません。
「I Can Feel The Ice Melting」軽めのデトロイトサウンドに乗った歌声は優しさを一杯感じられます。ひょっとしてスィートと言って良いくらいかも知れません。
「(I Wanna) Testfy」同じくデトロイトサウンドですがこちらのリードボーカルはシャウト系の歌い方をしています。こちらの出来はイマイチかな。

The Parliamenmts

| | Comments (0)

November 27, 2006

19インチ液晶購入

先日記事にした
「アイ・オー・データ機器 SXGA対応19型スピーカー内蔵デジタル&アナログ液晶ディスプレイ シルバー」を購入。
初めてデジタルのコネクタを使用する事が出来た。Macmini ではデジタルのコネクタに変換する部品を付けてたから出っ張りが邪魔でしょうがなかったからな〜。
正直言って「シルバー色」が気になってたが明るい画面のおかげかあまり気にならない。
しかし、27000円弱ですよ。

| | Comments (0)

This is Our Time/Band Of Gold

Band_of_goldthe_band_of_gold_album1985年のアルバム。
ソウルファンにはおなじみのヒット曲のメドレー集。ほとんど知ってる曲ばかりですがこうしてまとめて聞けるだけで結構嬉しい。piedpiperhouseさんの所を始め多いのは別ジャケットのもの。うちのはメイドインGermanyで記憶では先に日本に入って来たものだと思う。

Continue reading "This is Our Time/Band Of Gold"

| | Comments (4)

Hey There Sey Lady/Hank Ballard And The Midnighters

Hank_ballard_and_the_midnightershey_ther1974年のシングル盤。
「Hey There Sey Lady」Stangレコードから出ていて曲を書いているのはH.RayとA.Goodmanの二人を含む4人。早い話モーメンツの2人が絡んでると云う事。しかし問題は中身ってことでアップテンポのナンバーで残念ながらつまらない出来。更にプロデュースはH.RayとA.Goodmanの二人ってことでひょっとしてセンスが無いのか?(アップテンポは)
B面はインストルメンタル。

| | Comments (0)

November 26, 2006

Glory to His Name/Al Green

Al_greenprecious_lord1982年のゴスペルアルバム。
タイトルからしてしっかりとしたゴスペルアルバム。ソウル色とかが比較的少なくてそれなりの好感は持てる。じゃあ出来はどうなのかというとまずまずといった所かな。

Continue reading "Glory to His Name/Al Green"

| | Comments (0)

Sh-boom/The Popular Five

The_popular_fiveshboom制作時期の記載は有りません。
「Sh-boom」60年代?いや50年代のサウンドかな。とにかく楽しいサウンドです。こんなん聞いたら今の曲がいかにつまらないか良く分かりますよ。
「Tomorrow Night !」もサウンドが古い。ドゥーワップ調ですがトランペットの音もイカしてます。いかにもオーソドックスな曲です。

Popular Five

| | Comments (2)

November 25, 2006

160GBを選択すれば........

アップルストアによると、
『160GBを選択すれば、長時間のビデオの編集や格納が可能になり、数千曲の音楽ファイルや写真も格納できます。』
...............1万曲を超えてますけど,どれ位を選択すれば良いのだろう。(^^;
10685

| | Comments (0)

One More Try/Numonics

Numonicsone_more_try1983年の12インチ。
「One More Try」ディスコはディスコなのですがリズムのせいかノリの良いナンバーに仕上がっています。癖になりそうな繰り返しが一番かな〜。さすがに最後はちょっと飽きる。

| | Comments (0)

Gettin Kind Of Serious/Holidays

Holidaysgettin_kind_of_serious制作時期の記載は有りません。
「Gettin Kind Of Serious」曲自体は大した曲じゃないのですが,歌い手の実力はかなり感じる事が出来ます。

Holidays自体は大変なグループでmusicmatch guideのBIOGRAPHYを見る限り、「Edwin Starr」「J.J. Barnes」「Steve Mancha」「Jimmy Holland 」「Jimmy Ruffin」「James Mitchell」「Tony Hestor」が関係している様です。この辺りは他の雑誌でHolidaysの記事を見た覚えがありますからWikiも含めて追加したいと思います。

| | Comments (4)

November 24, 2006

The Mistletoe Jam (Everybody Kiss Somebody)/Luther Vandross

Luther_vandrossthis_is_christmas1995年のクリスマスCD。
「With A Christmas Heart」
ラストに語りが入る。それだけ。
「This Is Christmas」
コーラスが入る分1曲目よりは良い。
「The Mistletoe Jam (Everybody Kiss Somebody)」
黒っぽくて良い感じ。でもクリスマスは関係あるのかな?
「Every Year, Every Christmas」
これはなかなか聞ける。
「My Favorite Things」
フュージョン風。イマイチ。
「Have Yourself A Merry Little Christmas」
クリスマスソングらしいクリスマスソング。
「I Listen To The Bells」
リズミカルなタイプ。女性シンガーとのデュオ。楽しくて良い。
「Please Come Home」
イマイチ。
「A Kiss For Christmas」
Luther Vandrossらしいかな。
「O Come All Ye Faithful」
リトルドラマーボーイ風のドラムは良いのだけれど.....

| | Comments (0)

Little Bitty Pretty One/The Popular Five

The_popular_fivelittle_bitty_pretty_one制作時期の記載は有りません。
「I'm A Love Maker」はアップテンポのナンバー。特にどうこう無く普通な感じ。
「Little Bitty Pretty One」モロに60年代分のアップテンポのナンバー。完全にノーザン系かな。バックのコーラスが「オ〜、オ〜、オッ、オッ、オ〜」という良く聞く感じでこれがまた良い感じ。

Popular Five

| | Comments (0)

November 23, 2006

19インチ液晶

このところパソコンの調子が悪い。
何かすると一時的に画面がグリーンに変わる。通常はすぐる元に戻るのだが気持ち良いものではない。とりあえずOSを再インストールしてみたが状態は変わらず。
試しにMacminiとPowerMacG3を入れ替えてみた。Macminiの方に1〜2度怪しい状態が現れたがそれ以降は問題無し。PowerMacG3の方も問題無しだった。
結局原因の特定には至らなかった。それでもうしばらくこのままにするつもりだが,15インチブラウン管ディスプレイは小さくて使い難い。おかげで19インチ液晶を探してしまった。しかし安くなったな〜、アマゾンで26,980〜ですよ。
やばいな〜。

| | Comments (2)

Oh Lord, What Are You Doing To Me/Brenda & Tabulations

Brenda_tabulations1971年のアルバム。
何度も書いていますがやっぱり女性シンガーは苦手。というかストライクゾーンが無茶苦茶狭いのでしょうね。正直言って全体的にはイマイチの出来。

Hands Of Time

Continue reading "Oh Lord, What Are You Doing To Me/Brenda & Tabulations"

| | Comments (0)

This Love For Real/Hands Of Time

Hands_of_timethis_love_for_real制作時期の記載は有りません。
「I'll Never〜」ジャケットも写真の通り酷いもので曲名もほとんど分かりません。しかし内容はなかなかなもので、しっかりと歌われていて実力の程が窺われます。
「This Love For Real」こちらは更に素晴らしい出来。ファルセットを交えるリードボーカルはもとよりコーラスもしっかりしてます。
調べてみてもイマイチはっきりとしません。パチパチノイズも結構耳障りなのが更に残念でなりません。

| | Comments (0)

November 22, 2006

Don't Wait For The World/Archie Bell

Archie_belli_never_had_it_so_good1981年のアルバム。
なんとDavid Morris Jr.がプロデュースしてますね。その前にアーチー・ベル&ザ・ドレルズのアーチー・ベルのソロアルバムということです。アーチー・ベルの良さが上手く出ているアルバムに仕上がっています。ひょっとしてDavid Morris Jr.のおかげかな。

Continue reading "Don't Wait For The World/Archie Bell"

| | Comments (0)

Baby I've Got It/The Popular Five

The_popular_fivebaby_ive_got_it制作時期の記載は有りません。
「Baby I've Got It」アップテンポのナンバー。アレンジがTom-Tomの性かタイロンディビスのアップテンポに何処か通じる雰囲気。プロデュースがGene Chandlerで彼の持っているレーベルの様ですね。
「Best Friends - Worth Enemy」もアップテンポのナンバー。60年代に有りそうな感じの曲ですね。黒人臭さは抑えめでポップな感じ。

Popular Five

| | Comments (0)

November 21, 2006

デジタル放送と産婦人科〜田舎の問題

うっどぅんしっぷすさん「不便かもしれないデジタル放送」のエントリに曰く「デジタル放送は地方でも本当に始まるのでしょうか、そちらの方が切実に心配な田舎者です。」
当方では多分始まってると思われますがほとんど興味無し。とは云うもののうちのテレビはスイッチを入れてしばらくは不調でずいぶん画面がぶれたりしますからそろそろ考えなきゃなりません。
そんな訳で「アユの産卵を見る会」で使われてたプロジェクターが小柄で気に入ったのですが残念ながら販売終了。はたまたロケーションフリーとかは使えるんじゃないかと勝手に妄想(調べてもいない)。どちらにしてもコマーシャルをやってる様なテレビには全然関心が向かないな〜。
しかしデジタル放送より田舎の産婦人科問題の方を心配しております。美濃市には既に無くなっていますし,関市でも1〜2件で急なお産の対応は難しいとの話も聞きますし、はたまた飛騨市にはお産の出来る病院が無く高山市に3件しかも1カ所は制限を設けているとか。郡上八幡や白鳥、下呂辺りはどうなっているのだろうか?

| | Comments (1)

Magic #/Blue Magic

Blue_magicmagic_1983年のアルバム。
初期のBlue Magicは素晴らしい曲が有るが印象としては単発な気がする訳でイマイチ触手が伸びなかった。それに比べこの頃はヒット曲こそ無いものの(多分)アルバムのレベルはかなり高いと思う。

Continue reading "Magic #/Blue Magic"

| | Comments (0)

I Call It Love/The Pretenders

The_pretendersi_call_it_love1974年のシングル盤。
「I Call It Love」70年のシングル盤にも含まれている事からも分かる様に無茶苦茶出来が良いですね。ノリの良いナンバーでリードもコーラスも文句無し。
「It's Everything About You」これもなかなか良い。とにかく聞いていて気持ち良いと云う事を一番感じますね。

The Pretenders

| | Comments (1)

November 20, 2006

Come Back My Lover/Norwood

Norwoodcome_back_my_lover1987年の12インチ。
なぜかA面1曲のB面2曲。まあB-1はA面のインストルメンタルですけど。
「Should Have Been Us Together」はミディアムテンポのナンバーで結構リズムが効いている。肝心の出来はまずまずかな。ちなみにB-1はインストルメンタル。
「Come Back My Lover」個人的にはダントツ?でこちらがおすすめ。ムーディなバラードと云った所。とにかく味のある歌いっぷりが印象的で十分に聞かせてくれます。この頃出て来たアーチストの中では一番の出来の曲と云っても良い位です。

| | Comments (0)

Just Two People In Love/Johnston Brown/Janice Dowlen

Johnston_brownjanice_dowlenjust_two_peop1985年のシングル盤。
「Just Two People In Love」裏面はインストルメンタル。男女のデュオ。男性の落ち着いた歌いっぷりも良いのですが女性の高音をいかした歌いっぷりもいやらしさがなく珍しく好印象。デュオものとしては久しぶりの当りかも。
プロモ盤なのですが「From the LP's Johnston Brown」ということで探したのですが見つかりませんね。レーベルはシカゴギャングスターズなんかのHeatレーベル。このレーベルでも1枚のシングルしか出してない様です。

| | Comments (0)

November 19, 2006

草刈りと自転車と軽トラ

我が家には田んぼと畑が有る。とは云うものの諸事情から田んぼは無理なわけでやっとこさ草刈りをする程度。しかし草刈り機を車に乗せるのが一苦労。
それとは別にボクチンの自転車毎送迎するにはポルテを使用しているが27インチだと助手席に座れなかったり,ポルテ自身雪道に信じられない程弱い事からも考えて軽トラを購入しようかと考えている。もちろん4WDだ。
軽トラ以外にもいろいろ考えたが軽のワゴンも驚く程高価だ。そんな訳で乗用車を買うより悩んでいる。
田んぼの方は今年の作業は終了した。来年はどうするか考えなくちゃならないが、その前に今年の反省だ。昨年の秋に蒔いたのがナギナタガヤ。「夏、ナギナタガヤは、枯れて農園地を覆いかぶさって、1面、わらを敷き詰めたようになります」ってことで他の雑草を生やさない様にするのを狙ったが血栓がで来た事により種をまく前の処置が出来なかったのが一番の原因だが元々ミカン農家が導入してるもので、昨年のうちにしっかりとした準備をしておけばもっと良かったかもしれないが結果的には雑草の方が強かったそれでもある程度は防いでくれた。しかし斜面と違い一面に種を蒔くと歩く部分すべてがナギナタガヤと云う事になる。刈り取った雑草やナギナタガヤの上を歩いていて足をねんざしてしまった。条件が揃えば再チャレンジも有るかもしれないがとりあえず次回はパスだな。

ナギナタガヤの広場

| | Comments (0)

Never Lose Never Win/Chain Reaction

Chain_reactionindebted_to_you1977年のアルバム。
評判が良いのかは分かりませんがスィート系の名盤に数えられたりします。そんな訳で少しは期待してたのですが思ったよりは大した事がない印象。そんな訳であまり聞いて無かったな〜。

Continue reading "Never Lose Never Win/Chain Reaction"

| | Comments (2)

(I Want You To) Make Love To Me/Honey & Bees

Honey_beesi_want_you_to_make_love_to_me制作時期の記載は有りません。
「(I Want You To) Make Love To Me」女性グループらしいポップなミディアムテンポのナンバー。まずまずの出来だと思う。
「People Need Each Other」アップテンポのナンバーで出来はイマイチ。

| | Comments (0)

November 18, 2006

Going Away/Al Green

Al_greenhe_is_the_light1985年のアルバム。
良かったのは最初の2曲程、後B面に1曲。それ以外はゴスペルの味がやや強く中途半端な印象。ゴスペルに転向したと云う話を聞いてからこの位はしょうがないと思っている。

Continue reading "Going Away/Al Green"

| | Comments (0)

All Your Goodies Are Gone (The Loser's Seat)/The Parliaments

The_parliamentsall_your_goodies_are_gone制作時期の記載は有りません。
あのパーラメンントのファンクバンドになる前のナンバー。
「All Your Goodies Are Gone (The Loser's Seat)」普通にノーザンダンサーでも妙に格好良い。もう少しで化けそうと云った感じの曲。リードがかなり良い感じで歌っています。
「Don't Be Sore At Me」何処かモータウン風のリズミカルなサウンド。リードよりはコーラスがちゃんとしたボーカルグループ並みなので聞き所か。ポップでキャッチー。
かないよい感じで歌っていますのでファンクバンドのパーラメンントになったのが残念です。

The Parliamenmts

| | Comments (0)

November 17, 2006

携帯を買い替え

携帯を買い替え......とは言っても奥様の話。
前の機種はフルに充電してもかけていると電池切れで切れる。しかし電源をOFFにしてしばらく経つとちゃんと充電されてる表示。で,また切れる。と云った繰り返しでしたから。
機種は「簡単ケータイ」薄いし、文字は大きく見やすい。

私の方はと云えば更なるヒヤリングを(?)した所、
mova>FOMA、Win、ソフトバンク>CDMA 1X>DDIポケット
の順に電波が入るらしい。
そんな訳で「FOMA らくらくホンIII」の予定があえなく頓挫。movaってもう終わりだった筈。さてさて弱った。

| | Comments (0)

Fool Am I/The Chairmen

The_chairmensuccess1980年のアルバム。
売らんが為にへんな名前をつけて売り出すってことは良く有るのですが,このアルバムも変なジャンルを付けて売られていた気がする。確かビーチ関係だった筈。個人的にはこう云ったのは大嫌いで良いか悪いかだけで判断したいのが本音だが,ブログを書くにはマイナスだな〜。

Continue reading "Fool Am I/The Chairmen"

| | Comments (0)

Betcha Can't Guess My Sign/Prophecy

Prophecybetcha_cant_guess_my_sign1975年のシングル盤。
「Betcha Can't Guess My Sign」DJコピーで[streo/mono]かと思ったら両面ともmonoでした。内容的にはノベルティ系かな。何しろ酷すぎ。マイクでひろった声を機械的に子供の声(?)に変換してる。
Prophecyというグループで他に良さげな曲が有ったかも知れませんね。でも曲はハズレ。

| | Comments (2)

November 16, 2006

Greatest Hits/Al Green

Al_greengreatest_hits1975年のアルバム。
見事に初期の代表曲を集めたアルバム。桜井ユタカ氏がさすがに良い仕事をしてますね。こんなアルバムを買ったら初期のアルバムを揃える気が起こらないじゃないですか。

Continue reading "Greatest Hits/Al Green"

| | Comments (0)

It's Gotta Be This Way/Philly Devotions

Philly_devotionsits_gotta_be_this_way1976年のシングル盤。
「It's Gotta Be This Way」堂々たるスローナンバー。残念ながらインパクトに欠けるかな?リードが弱いって前に書いた気がするが正確には癖が少ないタイプのようだから印象的にはなり難いって所かも。出来はまずまずかな。
[stereo/mono]

Philly Devotions

| | Comments (2)

November 15, 2006

ウディネに5-0

我がラツィオはウディネーゼに5-0で快勝。
ミランを追い越してから引き分けがやっとみたいな感じでイマイチすっきりしなかったのですが5-0は良いな〜。それもウディネーゼですよ。
しかし開幕のミラン戦以降放送が無いのは許せんぞ、スカパー。そんな訳でとっととサッカーセット解約してやった。まあ番組単位で購入すれば良い事だから。

| | Comments (0)

Medley a)Mercy Mercy Me b)God Is Love/Steve Sparling

Steve_sparlingmedley_amercy_mercy_me_bgo1985年の12インチ。
「Medley a)Mercy Mercy Me b)God Is Love」このタイトルだけで云うこと無いでしょう。悪い筈がない。結構忠実にカバーしてるという印象。
しかし、Steve Sparlingって何者?

| | Comments (0)

Never Would Have Made It/Harmon Bethea

Harmon_betheanever_would_have_made_it制作時期の記載は有りません。
「Put On Your Shoes (And Walk)」さてさてなんと云えば良いのか?ミディアムテンポのノベルティ系?60年代の雰囲気かな〜。
「Never Would Have Made It」こちらの方が聞きやすいかな。何かデュオの良いに聞こえたりします。サザンソウル系では結構有りそうな感じですかね。

| | Comments (0)

November 14, 2006

先週に引き続き.....

先週に引き続き現場へ出張。
予報では昼からの降水確率が高く,明日には雪マークが出てたりしたので頑張って仕事した。そのかいあって先週より2時間早く終了。
さすがに疲れたが帰り道のせせらぎ街道の紅葉が疲れを癒してくれた(気がする)
.........今が一番見頃かな?

| | Comments (0)

I Never Knew/Cameo

Cameoknights_of_the_sound_table1981年のアルバム。
カメオはかなりレコードを出している様ですが持っているのは前回紹介の「Alligator Woman」とこの「Knights Of The Sound Table」。改めて聞いてみるとコーラスグループ風の曲がかなり良くてもっと聞いてみたいと思う。もちろん安ければだがブックオフ辺りでもなかなか80年代のものが見つからない。田舎な性かな〜。

Continue reading "I Never Knew/Cameo"

| | Comments (0)

Hurt So Bad/Philly Devotions

Philly_devotionshurt_so_bad1976年のシングル盤。
「Hurt So Bad」パーフェクトなダンサー。としか言い様が無いなー。売れない理由を無理矢理考えるとリードが少し弱いかな。別に悪い訳では無いがインパクトがないかも。しかし良いグループですよ,やっぱり。

Philly Devotions

| | Comments (2)

November 13, 2006

Peaceful/Al Johnson

Al_johnsonpeaceful1978年のアルバム。
ムード有る歌いっぷりは流石。出来もかなり良いのですがサウンド的にもこの人には80年代の方が似合う気がします。どちらにしても歌うだけでない才能にも注目。

Continue reading "Peaceful/Al Johnson"

| | Comments (0)

How Do You Say Goodbye/The Heartbreakers

The_heartbreakershow_do_you_say_goodbye1968年のシングル盤。
「How Do You Say Goodbye」雰囲気はまるでイントルーダーズ。ミディアムテンポで良い雰囲気を出してますね。
「I've Got To Face It」こちらはアップテンポ作りは甘いのですが確かに60年代の音ですね。

| | Comments (0)

November 12, 2006

ミームの冒険

以前に見た事が有るかもしれないテレビ番組ですが、番組のタイトルが「ミームの冒険」とは知りませんでした。
検索してみると「~日本経済のDNAを探る~」と云うのがサブタイトルのようですね。
ミームと云う言葉は仕事絡みの勉強がてら注目していた「ももち ど ぶろぐ」さんのページで良く見てましたから,いよいよ巷でも使われる様になったかという事で番組共々今後も注目していきたいと思います。
ちなみに今回の放送はトヨタ自動車とキャノンでした。

| | Comments (2)

We're Gonna Make It/Blue Magic

Blue_magicfrom_out_of_the_blue1989年のアルバム。
ほとんど90年代ですか。この時代でこれだけやってくれれば文句有りませんね。多少畑違いの事もやってますがこれがどうして結構イケる。この辺りは実力ってことですかね。

Continue reading "We're Gonna Make It/Blue Magic"

| | Comments (0)

We're Gonna Make It/Philly Devotions

Philly_devotionswere_gonna_make_it1975年のシングル盤。
「We're Gonna Make It」[Soul From The Vault~Rare Sweet Dynmite Vol.6]にも入っていましたが個人的にはいまいちあか抜けしてない印象。もう少しで化けそうな印象は有ります。結局サビの作りが甘いってことですかね。

Philly Devotions

| | Comments (0)

November 11, 2006

人ごとじゃない

今日は親戚の法事。2時からという中途半端な時間からだった。とはいえ内容はいつもと同じ。
先日光り電話に付いて人ごとじゃなかったと書いたが,今回も似た様な話があった。
仕事で久しぶりに現場に行った日に北海道の佐呂間町で竜巻災害が有った。今日の法事にこられなかった北海道の親戚のご近所の方がこの竜巻災害で亡くなられたとのこと。同じ北海道でも離れた所なのに仕事の関係で被害に遭われた様ですね。ご冥福をお祈りいたします。

| | Comments (0)

Higher Plane/Al Green

Al_greenhigher_plane1981年のアルバム。
さっさとゴスペルに転向したアルグリーンのアルバム。レーベルがMyrrhということで完全なゴスペルかと思えばそうでもなくそれなりに聞けたりする個人的にダメなのは2曲くらい。これなら許せる。

Continue reading "Higher Plane/Al Green"

| | Comments (0)

Back Home Again/Jeff Smith And Universe

Jeff_smith_and_universeback_home_again1977年のシングル盤。
「The Hidden Secret」確かにコーラスグループの作りですがいかにも甘いというか中途半端な印象を受ける。軽いには軽くて聞きやすいとも云いますがもうひとつと云った所。
「Back Home Again」落ち着いた感じの曲でソウルと云うよりはイージーリスニングとかスタンダードナンバーを聞いている感じ。聞きやすくてなかなか良いかも。

| | Comments (0)

November 10, 2006

Knocking Down Love/Goldie Alexander

Goldie_alexanderknocking_down_love1983年の12インチ。
「Knocking Down Love」カナダで制作しています。作りからしてイマイチあか抜けてないのですがそれなりに良い出来。一流の製作陣が付いたら化けそうな雰囲気がプンプンします。曲自体そこそこポップで合格点ですね。中盤にロックっぽいギターが入るのはご愛嬌ってことで.....
裏面はインストルメンタル。

| | Comments (0)

I Just Can't Say Goodbye/Philly Devotions

Philly_devotionsi_just_cant_say_goodbye1974年のシングル盤。
「Come Over On The Lovin Side」ファルセットが混ざり結構ドリーミィーな出来。素朴な雰囲気ですが何処か色っぽさも感じさせてくれます。
「I Just Can't Say Goodbye」あらら,これはあのヒット曲じゃないですか。どうやらこちらがオリジナルでColumbiaが買い取ったって感じですね。Columbia盤はB面がインストルメンタルになってる様でスカラ,このシングルの方が面白みは有りますね。曲がレーベルに関係なく良い。

Philly Devotions

| | Comments (0)

November 09, 2006

一段落した「Wikiでお仕事」

結果的にはWindowsでとりあえず動く様になった。
PukiWikiのオフィシャルページの「Windows上で動作させるには」を参考にしたのだが,どうにもこうにも上手くいかない。そのためApacheとPHPを一括でインストールすることができるというXAMPP も使ってみたがインストール以降で問題発生。結局「XSASをつかって簡単インストール」って所に落ち着いた。
「自分のPCにローカルのPukiWiki環境をおきたい」ってところが早い話ドンピシャだった。動くのを確認したら力が抜けてしばらく触ってなかったりする。(^^;

Wikiでお仕事

Wikiでお仕事その2

Wikiでお仕事その3

Wikiでお仕事その4

Wikiでお仕事その5

Wikiでお仕事その6

Wikiでお仕事その7

| | Comments (0)

How 'Bout Us/Champaign

Champaignhow_bout_us1981年のアルバム。
「How 'Bout Us」が大ヒットしてかなり日本でも売れたんじゃないかな。サウンド的にはかなりオシャレで時代の音ですかね。その為かあまり聴きごたえは無いです。中では「I'm On Fire」とやはり「How 'Bout Us」。

Continue reading "How 'Bout Us/Champaign"

| | Comments (0)

Marching Out Of Your Life/Heartstoppers

Heartstoppersmarching_out_of_your_life1972年のシングル盤。
「Court ' In Mama」All Platinumからでてる訳でシルビア・ロビンソンが制作しています。その割にはH-D-Hが作りそうなアップテンポのナンバーになっています。
「Marching Out Of Your Life」リズミカルなナンバー。まるでダイアナロスを聞いてる様。

Heartstoppers

| | Comments (0)

November 08, 2006

The Glory Of Love/Bobby Powell

Bobby_powellexplains_the_glory_of_love制作時期の記載は有りません。
何故買ったかは今となっては覚えてないがほとんどブルースだったな〜。しかし何処か日本で編集したアルバム「ソウルディープ」に通じるものが有るな。

Continue reading "The Glory Of Love/Bobby Powell"

| | Comments (0)

That's When You Know Your Woman Wants To Be Free/The Newcomers

The_newcomersthats_when_you_know_your_wo1978年のシングル盤。
「Do Yourself A Favor」ちょっぴりサウンドがオシャレでニューカマーズらしくない気もするがさすがに出来は良い。速めのテンポでリズミカル。
「That's When You Know Your Woman Wants To Be Free」ミディアムテンポでなかなか味の有る曲ですね。リードがころころ変わったりして出来は悪くないんだが芯の通ったリードがいたらな〜。でもこちらの方がニューカマーズらしいかも。

The Newcomers

| | Comments (0)

November 07, 2006

初雪?

今朝は3時起き。本当に久しぶりに現場行き。7時には現場着。
ほとんど岐阜県と富山県の県境ですね。作業終了は2時頃。
JRの鉄橋等が流されて今も開通してない様ですが確かに酷かった様子が良く分かりました。

その帰り道。突然「雪、積雪注意」の電光表示が.....
少し峠を登ると.....本当に雪でした。
山は白くなってるし,道ばたの草にもちゃんと積もってた。
これっていつもより早いの?

| | Comments (0)

Fade Away/The Elements Of Love

The_elements_of_lovefade_away1985年の12インチ。
「Fade Away」7分超えの大作。スィートらしいスィートナンバー。中盤には語り入り。録音,アレンジ的には70年代でも初期の雰囲気。曲に身を任せ手ゆったりと聞くのが吉かな。

(注)思いっきり画像を間違えていました。7:47修正しました。

Elements Of Love

| | Comments (1)

(Eternal) Sunshine/Neo Experience

Neo_experienceeternal_sunshine1976年のシングル盤。
「(Eternal) Sunshine」小鳥のさえずりから始まります。しっかり歌ってくれます。オーソドックスなミディアムスローって感じ。
「Paradice (Where My Baby Lies)」はフィリーダンサーって感じですね。ギターはロックっぽくてダメ。途中はフォートップス風だったりします。

Neo Experience

| | Comments (0)

November 06, 2006

Everything's Tuesday/Chairmen Of The Board

Chairmen_of_the_boardin_session制作時期の記載は有りません。
LPにしては珍しい12曲入り。メンバーのGeneral JohnsonはHotwax/ Invictusでも重要人物かな。かなりの曲を書いてる様です。中でも「Patches」は名曲中の名曲。この曲の内容からどうしても「ちあきなおみ」の「喝采」を思い出してしまうのがちょっと.....

Continue reading "Everything's Tuesday/Chairmen Of The Board"

| | Comments (0)

So Much In Need/The Natura'Elles

The_naturaellesso_much_in_need制作時期の記載は有りません。
購入したら女性グループだった。
「So Much In Need」こちらの方がサザンソウルっぽいリードの歌いっぷりですね。A面はこちらっぽい感じ。まあ納得はできる出来です。
「Show Me The Way」の方は可愛い歌い方をしてます。ヒット狙いだったらこちらかな。

| | Comments (0)

November 05, 2006

今日は一日 「ソウル」三昧/NHK-FM

NHK-FMにて11/4(土)にオンエアされた【今日は一日 「ソウル」三昧】
それぞれのディスコグラフィをチェックしてみました。
個人的には思いっきり想定の範囲内で正直がっかりしました。
とはいうものの所詮ラジオ局が持っているレコードはそんなに多くないと思われますからまだ良くやった方でしょうかね。比較的幅広い選曲というかバランスが考えられた感じでヒットは続いたもののせいぜい二塁打どまりと云った印象が強いですね。3曲程はホームランと云った感じにインパクトの有る曲が欲しかったと思います。
全然聞いてなかったのは「The Fabulous Waller Family」。これは合格点でしたね。後「The Unifics」辺りは新しめの曲と云う事でしたからこの曲は聞いて無かったと思います。
いろいろ有って35年程前のラジオを引っ張りだして来ましたから今ひとつ乗り切れなかったのかも知れません。最後の3曲程はさすがに諦めました。

081:「Always Together」 The Dells
http://wiki.livedoor.jp/golden_age_of_soul/d/Dells
080:「Super Love」 The Futures
http://wiki.livedoor.jp/golden_age_of_soul/d/The%20Futures
079:「Ooo Baby Baby」 Smokey Robinson & the Miracles
http://wiki.livedoor.jp/golden_age_of_soul/d/The%20Miracles
078:「Someone's Missing Your Love」 Ray Goodman & Brown
http://wiki.livedoor.jp/golden_age_of_soul/d/Ray%2c%20Goodman%20%26%20Brown
077:「Something〜Make It With You」 The Unifics
http://wiki.livedoor.jp/golden_age_of_soul/d/The%20Unifics
076:「Why Should I Forgive You 」 Shock

075:「Girl Don’t Let Me Down」 Trumains

074:「Cross My Heart To You」 The Inclinations
http://wiki.livedoor.jp/golden_age_of_soul/d/The%20Inclinations
073:「Sad Sad Story」 The Ethics
http://wiki.livedoor.jp/golden_age_of_soul/d/The%20Ethics
072:「Let Me Prove My Love To You」 The Main Ingredient
http://wiki.livedoor.jp/golden_age_of_soul/d/The%20Main%20Ingredient
071:「The Sly Slick & The Wicked」 The Lost Generation
http://wiki.livedoor.jp/golden_age_of_soul/d/The%20Lost%20Generation
070:「My Forever Love」 Levert

069:「Walking On Air」 Force M.D's

068:「Without You Tonight」 The Fabulous Waller Family
http://wiki.livedoor.jp/golden_age_of_soul/d/Waller%20Family
067:「Under My Wings」 The Smith Connection
http://wiki.livedoor.jp/golden_age_of_soul/d/Michael%20Lovesmith
066:「I Miss You」 Harold Melvin & The Blue Notes
http://wiki.livedoor.jp/golden_age_of_soul/d/Harold%20Melvin%20%26%20The%20Blue%20Notes
065:「Kiss & Say Goodbye」 Manhattans
http://wiki.livedoor.jp/golden_age_of_soul/d/The%20Manhattans
064:「Your Funny Moods」 Skip Mahoney & The Casuals
http://wiki.livedoor.jp/golden_age_of_soul/d/Skip%20Mahoany%20%26%20The%20Casuals
063:「Win Or Lose」 Windy City

062:「Blind Over You」 Black Ice
http://wiki.livedoor.jp/golden_age_of_soul/d/Black%20Ice
061:「Let's Make Love(At Home Sometime)」 The Escorts
http://wiki.livedoor.jp/golden_age_of_soul/d/The%20Escorts
060:「Just Like In The Movies」 Ace Spectrum
http://wiki.livedoor.jp/golden_age_of_soul/d/Ace%20Spectrum
059:「Float On」 Floaters
http://wiki.livedoor.jp/golden_age_of_soul/d/Floaters
058:「Natural High」 Bloodstone
http://wiki.livedoor.jp/golden_age_of_soul/d/Bloodstone
057:「Love On A Two Way Street」 The Moments
http://wiki.livedoor.jp/golden_age_of_soul/d/Moments
056:「Sideshow」 Blue Magic
http://wiki.livedoor.jp/golden_age_of_soul/d/Blue%20Magic
055:「Didn't I Blow Your Mind This Time」 The Delfonics
http://wiki.livedoor.jp/golden_age_of_soul/d/The%20Delfonics
054:「Love Songs Are Back Again」 Band Of Gold
http://wiki.livedoor.jp/golden_age_of_soul/d/Band%20of%20Gold

さすがにリンクまでは辛いのでご勘弁を.......(^^;

zoukyさんの記事もぜひ、
NHK-FM 今日は一日 「ソウル」三昧 【第3部 秋の夜長にスウィートソウル】

更にGolden Age Of Soul Musicの方にはロックとソウルとフライフィッシングと株のネオンパークさんにご協力いただいています。ありがとうございます。

| | Comments (2)

Boyfriend/Girlfriend/Cool'r

Coolr1989年のアルバム。
久しぶりに聞きましたが結構良い出来。70年代からソウルを聞いているとファンクイコールつまらないって感じが強いのですがリズミカルでポップなものはOK。其の点このアルバムは合格点。しかしこう云ったグループはなかなか後が続かないのも事実。このグループはどうなんだろう?

Continue reading "Boyfriend/Girlfriend/Cool'r"

| | Comments (0)

Human/Neo Experience

Neo_experiencehuman制作時期の記載は有りませんが1975年だそうです。
「Human」レコーディングはシグマサウンドってことでひょっとしてフィラデルフィアのグループ? サウンドは間違いないですね。更に歌の方はテディペンダーグラス風でまずまずの出来。ミディアムテンポで気持ち良く歌っていますね。
「God Make My World」は落ち着いた歌い方。と思ったら女性シンガーらしい声が出て来てどうやらデュエット風の作りかな。スローテンポで結構聞かせてくれます。
いろいろ見てみたら他のページにDavid Simmonsがいたグループって自分で書いてた。(^^; 
Vera Brownは The Richie Familyに加わる事になるそうで女性シンガーの方かな。Venson UntoはExecutive Suiteのリードシンガーになる様です。

Neo Experience

| | Comments (3)

November 04, 2006

「Mark II」

奥様の行きつけのスーパーにマルキってのが有ります。田舎のスーパーですが中堅どころのスーパーより人気があったりします。

先日車で走っているとボクチンが前を走る車の事をマルキって云ったので一瞬何の事か分からなかった。
それは「マークII」のこと。分かってから大笑いした。
「Mark II」って書きますからわからないでもないが少しは車の名前も覚えてくれよ〜。

| | Comments (0)

Fool for the Night/Bobby King

Bobby_king1981年のアルバム。
飛び抜けた出来の曲は無いがどの曲も文句の付け用は無いですね。ジャケットの裏面にはスティーブ・バリのクレジットがありこれで中身の出来にも納得がいくというもの。

Continue reading "Fool for the Night/Bobby King"

| | Comments (0)

You Got Me Going/Heart & Soul

Heart_soulyou_got_me_going1976年のシングル盤。
「Do The Walk」タイトルからしてディスコナンバーだと思われますがいかにも軽い感じになっています。
「You Got Me Going」こちらがB面のようです。ディスコと云うよりはアップテンポのダンサーですが軽めでポップと云う事からこちらの方がおすすめ。

| | Comments (0)

November 03, 2006

Show Me How To Love/Rumors

Rumorsshow_me_how_to_love1984年のシングル盤。
「Show Me How To Love」出だしからスィートだと分かるサウンドと語り。コーラスに比べるとリードはもうひとつと云った所。後半にもう一度語りが有ります。
「Can I Love You」はファンク系のナンバー。しかしシュビドゥワッと云ったコーラスの様に少しはオヤッと思わせてくれます。
T.T.E.D. はワシントンDCが本拠地のようですがこのグループはこの1枚のみを残している様です。T.T.E.D. については「GO-GO アナログ・ディスコグラフィー」に詳しい話が有ります。

Rumors

| | Comments (3)

福山通運からヤマト運輸に変更

オオッ〜。\(^O^)/
ひょっとして今年一番のニュースかも。

アップルストアの配送業者が福山通運からヤマト運輸に変更

この記事の内容は全面的に同意。
特に引き取る事の多いおばあさまから文句出まくりで肩身の狭い思いをしておりました。
Apple Store見に行っちゃったよ。(^^;

| | Comments (0)

If You Want It/Niteflyte

Niteflyteif_you_want_it1979年のシングル盤。
「I Wonder (If I'm Falling In Love Again)」は軽めのサウンドでポップさも十分。所々オヤッと思わせるところもあって流石ですね。
「If You Want It」はもっとポップで聴きやすい曲。自分の中ではかなり高い評価なのですがアルバムの中に入ってないんですよね。なぜ?

Niteflyte

| | Comments (4)

November 02, 2006

Bring My Buddies Back/Change Of Pace

Change_of_pacebring_my_buddies_back制作時期の記載は有りません。
結構有名なアルバムですがスィートファンにはどうなのだろうか? もっとオーソドックスにやってくれた方が良いのに変なアレンジばかり耳についちゃう。Change Of Paceって良い曲もやってた思ったけどな〜。

Continue reading "Bring My Buddies Back/Change Of Pace"

| | Comments (0)

Too Much Going To Say Good-bye/The Newcomers

The_newcomerstoo_little_in_common_to_be_1974年のシングル盤。
「Too Much Going To Say Good-bye」この深い歌いっぷりは凄いですね。ソウルチルドレンとも比べられる出来です。女性が入ってない分こちらの方が好きですけど。
「The Whole Worlds A Picture Show」重い歌の裏面はフィリー調の軽いダンサー。グッドジョブですね。出来はなかなか良い。

The Newcomers

| | Comments (0)

November 01, 2006

auの戦略(?)は上手い

「携帯電話番号ポータビリティ」によって一番勢いの良いのはauのようですね。これはauの戦略(?)が上手くいった事が一因でしょう。
「携帯電話番号ポータビリティ」で電話番号はそのままで電話会社を替えれますが着歌(?)とか云った音楽やネールアドレスは移行出来ない事が分かった段階で音楽はより多くダウンロードした人程電話会社を変更し難い筈で,この夏の前から大々的にコマーシャルをうった事は正解だったと云う事ですね。
早い話auからの転出を押さえたってことでしょう。
私なんかは好きな曲が無いものだからホンの僅かしか入ってないので変更はほとんど問題ないですね〜。
多分auからドコモになると思いますが理由ははっきりしてる。だって職場は完全に圏外なんですもの。といってもドコモもしばらく前まではやっとだった。市役所から2キロくらいしか離れてないんだけどな〜。

| | Comments (2)

I Found A Love/Beau Williams

Beau_williamsno_more_tears1986年のアルバム。
80年代以降のアダルトコンテンポラリー系を好きな人には間違いなく高い評価を受けるんじゃないでしょうかね。じゃあ私はどうかというと,上手いのは認めるし良く出来ている事も分かるが,味が無いと云うか,つまらない,下手でも癖が有るとか,一生懸命歌ってるとかそう言ったソウル(ハート)に部分がなかなか伝わってこないのよね〜。

Continue reading "I Found A Love/Beau Williams"

| | Comments (0)

Love Men "That's What I Long To Be"/The Hamilton Movement

The_hamilton_movementlove_men_1977年のシングル盤。
「Love Men "That's What I Long To Be"」ナッシュビル産の記載が有りますがサザンソウルの雰囲気が物凄くします。といっても泥臭い雰囲気でなくスリリングな所や曲の作りといったところ。
「We're Gonna Party」アップテンポのファンクナンバー。この辺りは2流や田舎臭さが有ってイマイチの出来。

| | Comments (0)

« October 2006 | Main | December 2006 »