« Why Can't We Be Lovers/Holland-Dozier featuring Lamont Dozier | Main | Wikiでお仕事その5 »

October 05, 2006

Take It To The Streets/Curtis Mayfield

Curtis_mayfieldtake_it_to_the_streets制作時期の記載は有りません。
調べてみるとどうやら1990年の作品。82年作の「Honesty」が既に落ちてる印象でしたからこのアルバムの内容もイマイチぴりっとした所が感じられない。

A面1曲目は「Homeless」妙に重い雰囲気と云うか曲名からすると納得。内容的には結構好みですね。「Got To Be Real」はスローミディアム。語りみたいな感じです。「Do Be Down」はカーチス・メィフィールドらしいナンバー。「Who Was That Lady」はリズミカルなナンバー。ちょっぴり中途半端かな。
B面1曲目は「On And On」リズミカルなアップテンポのナンバーで出来はまずまずか。「He's A Fly Guy」は重めの雰囲気。これも悪く無い出来ですがもう少しポップさが欲しいかな。「Don't Push」は完全にファンクですね。ラストは「I Mo Git U Sucka」曲名からして分からないが出来はイマイチぴりっとしない。

Curtis Mayfield

|

« Why Can't We Be Lovers/Holland-Dozier featuring Lamont Dozier | Main | Wikiでお仕事その5 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Why Can't We Be Lovers/Holland-Dozier featuring Lamont Dozier | Main | Wikiでお仕事その5 »