« 1万曲目が迫って来た/iTunes | Main | Don't Know What You're Doing/First Class »

September 01, 2006

Heartache No.9/Delegation

Delegationeau_de_vie1980年の日本盤。
更に中古で買ったらレコードラベルには見本品の文字が。記憶によると日本盤はジャケットが作り替えられた筈。オリジナルはかなり酷い印象だった。おそらくそんな理由でかなり後になって中古を買ったんじゃないかな。

A面1曲目は「Heartache No.9」アップテンポのリズミカルなナンバー。このあたりは流石かな。「Sho'Nuff Sold On You」非常に中途半端な感じでどちらかというと白人のサウンドに近い印象。「One More Step To Take」これは正に1枚目のアルバムの雰囲気。「Blue Girl」同じく1枚目のアルバムの雰囲気。でもこちらはスローミディアム系。この感じでやってくれれば文句無し。
B面1曲目は「Darlin' (I Think About You)」これまた速めのテンポでデレゲーションらしくて良いな〜。「You and I」これまたらしい曲。しかし正直1枚目に比べるとインパクトが無いな〜。「Stand Up (Reach for the Sky)」メンバーが曲を書いてるそうですがこのての曲はみんな同じに聞こえてしまう。「Welcome to My World」は珍しくスローナンバー。語りも入ってコーラスグループ系の作りですが形だけにしか聞こえないな〜。ラストは「Put a Little Love on Me」デレゲーションらしいナンバーでまずまずか。

|

« 1万曲目が迫って来た/iTunes | Main | Don't Know What You're Doing/First Class »

Comments

英国産のソウルはすっきりしていて、そのあたりが好みが分かれるんでしょうが、ken gold がらみのこのグループやrealisticsは大好きです。続けて聴くと飽きるのかもしれませんが‥
Heartache No.9かっこいいですよね。シャンパンの注がれる音もおしゃれ。

Posted by: ゆう | September 02, 2006 at 06:10 PM

個人的にはあまり地域を意識して聞いてはいません。最近いろいろな資料を見てみますと以外とイギリスに渡ってから人気が出たとかいったアーチストも有る様でこの人がイギリスへ行ってレコード出したの?ってのも多い気がします。
>シャンパンの注がれる音もおしゃれ。
あれ、入ってました? 最近楽に取り込む方法を覚えたものでカットが雑になってるからミスったかな? このアルバムの2曲ばかりは他の曲の音が入っちゃったからな〜。(^^;

Posted by: アドヒスタ/Adhista | September 02, 2006 at 10:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 1万曲目が迫って来た/iTunes | Main | Don't Know What You're Doing/First Class »