« Me And Mrs, Jones/Billy Paul | Main | 知らなかったブラウザの機能 »

July 15, 2006

Lay Back In The Groove/Elusion featuring Limon Wilson

Elusion_featuring_limon_wilsonshow_and_t1982年のアルバム。
これはと云った曲は無い代わりにA面はなかなか良くまとまっている。といっても時期が時期だけにしょうがないかも。

A面1曲目は「Lay Back In The Groove」コーラスグループが手がけるファンクとしては極上の部類かも。リード、コーラスともに良い出来。適度にポップでファンク。「I Am The Funk」こちらの方がストレートにファンクかも。それなりには聞かせてくれます。「Now That I've Made It With You」はミディアムテンポのボーカルナンバー。出来は並み。「Show And Tell」は有名な曲ですね。ん〜、アレンジの問題でサウンドが中途半端ですね。歌とコーラスはまずまずなのにな〜。「She's Got It」もミディアムテンポの作品。リズミカルなナンバーですがなかなか聞かせてくれます。
B面1曲目は「Would You Be My Lover」これはアップテンポ。まずまずかな。「Computer Lover」さすがに内容が内容だけにつやっぽさが無くてイマイチ。「Love Hurts」リズムの良く効いたミディアムテンポのナンバー。まずまずか。ラストは「Lady Of The Night」中途半端なファンクナンバーと云った印象。

|

« Me And Mrs, Jones/Billy Paul | Main | 知らなかったブラウザの機能 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Me And Mrs, Jones/Billy Paul | Main | 知らなかったブラウザの機能 »