« Baby Let's Talk It Over/Al Downing | Main | デルズのディスコグラフィを更新/Golden Age Of Soul Music »

June 13, 2006

Where Have All The Flowers Gone/Earth Wind & Fire

Earth_wind_firelast_days_and_time1972年のアルバム。
ブレイク前のアース・ウインド&ファイヤーですね。今になって聞いてみるとここでの路線(?)でボーカルグループ寄りに進んでくれたらブラッドストーンの様になってたかもしれないと言う気がしました。

A面1曲目は「Time Is On Your Side」イマイチあか抜けていない感じ。「Interlude」意味無し。「They Don't See」はサビの部分なんかがイマイチで演奏の部分もあまり良くないのですが歌はなかなか良い感じ。コーラスももっと良いかも。「Interlude」はピアノ。お遊び程度。「Make It With You」はウィスパーズがやっていたのと同じ曲。曲が良い性も有るかもしれませんがコーラスにも助けられてファルセットのリードが生きている感じ。「Power」はカリンバの音から始まります。結構リズミカルなナンバー。大雑把に3つ位の部分からなっている訳ですが最初が一番かな。
B面1曲目は「Remember The Children」中途半端なファンクって感じかな。「Interlude」3曲ですがこれが一番まとも。「Where Have All The Flowers Gone」はファルセットリード。コーラスグループとして考えるとコーラスが甘い。奇麗は奇麗なんですけどね。しかしファンクバンドとしたら上出来ですよ。下手なグループより良いかも。「I'd Rather Have You」何処かスタンダードナンバーっぽい雰囲気も。しかし悪くない出来です。ラストは「Mom」ラテンフレイバーでオシャレ系なサウンド。結構良い感じです。

|

« Baby Let's Talk It Over/Al Downing | Main | デルズのディスコグラフィを更新/Golden Age Of Soul Music »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Baby Let's Talk It Over/Al Downing | Main | デルズのディスコグラフィを更新/Golden Age Of Soul Music »