« The Power Is Gone/Eugene Kemp | Main | ユベントスのペッソットが自殺未遂か? »

June 28, 2006

There She Goes Again/The Boppers

The_boppersthe_boppers1978年のアルバム。
同じ頃に買ったL.A. Boppersと間違えた様な気もします。改めて聞き直すとそんなに悪くない。というか「There She Goes Again」が良いですね。しかし1曲だけと言うのもな〜。

A面1曲目は「Boppin'」ファンク系ですが中途半端な気がする。「I Believe In You」は少しラテンタッチな雰囲気でまずまずの出来。「Something's Missin'」はオシャレなムードの曲。「There She Goes Again」はドアを叩く音から始まります。この時点で注目。その後は当然の様に語り入り。唄に入ってもかなり良い感じ。
B面1曲目は「In The Meantime」アース・ウインド&ファイヤー風。「You Visit (Stary)」インストルメンタル?これはこれで有りかも。フージョンチック。「Bebop Blues (Interlude)」まあ。こんなところか。「Meney's Funny」は軽めのファンクナンバー。ラストは「Everybody Wants To Be A Star」これもファンクナンバー。

|

« The Power Is Gone/Eugene Kemp | Main | ユベントスのペッソットが自殺未遂か? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« The Power Is Gone/Eugene Kemp | Main | ユベントスのペッソットが自殺未遂か? »