« ソウル・ミュージック・ラバーへの一筋の光「女医ハック」 | Main | Caught Up/Rufus & Roots »

June 04, 2006

Memories Of Days Gone By/Fred Parris And The Satins

Fred_parris_and_the_satins1982年のアルバム。
ドーワップ時代からのファイブ・サテンズの成れの果てっと事で良いのですかね。過去の栄華を抜きにしてもかなりレベルの高いアルバムでおすすめと云って良いですね。

A面1曲目は「I'll Be Seeing You」誰かの曲に似た雰囲気で丁寧に歌われていて好印象。似ているのはキーボードですね。コーラスも年期が入っている性か適切なものです。Bobby Caldwellとかかな〜。?「Breaking Up」はオーソドックスな作りですね。まるでデルズが歌いそうな感じで納得の出来。「Memories Of Days Gone By」はドーワップを交えたヒット曲メドレーって感じですかね。聞いた事の有る曲が目白押し状態。
B面1曲目は「Let Me Be The Last One」リズミカルで軽快なナンバー。しっかりとしたリードにこの時代らしいバックの演奏を含めてもオシャレ。「Didn't I (Blow Your Mind)」デルフォニックスで有名な曲。出来は充分に良いと思います。ラストは「Loving You (Would Be The Sweetest Thing)」まずまずかな。マイナスポイントが無い代わりにプラスのポイントも無いって感じです。

|

« ソウル・ミュージック・ラバーへの一筋の光「女医ハック」 | Main | Caught Up/Rufus & Roots »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ソウル・ミュージック・ラバーへの一筋の光「女医ハック」 | Main | Caught Up/Rufus & Roots »