« イタリアの“サッカー不正疑惑”起訴 | Main | Golden Age Of Soul Musicにディスコグラフィーを追加しました »

June 25, 2006

I'd Rather Be With You/Bootsy's Rubber Band

Bootsys_rubber_bandstretchin_out1976年のアルバム。
所謂Pファンクと言われたパーラメントのジョージ・クリントン一派のBootsy Collinsのリーダーアルバム。JB一派のメシオ・パーカーやフレッド・ウエズリーも参加しています。

A面1曲目は「Stretchin' Out (In A Rubber Band)」Bootsy's Rubber Bandらしいサウンドですね。「Psychoticbumpschool」何が良いって、明らかな違いは面白いってことですね。この曲は子供のかけ声が一杯な所がなんとも素敵です。「Another Point Of View」ファンクにはファンクですがなんと云って良いのかな〜?
B面1曲目は「I'd Rather Be With You」スローファンクって所ですか。正直言ってこの1曲の為にこのアルバムを買った訳で......満足。リズムとボーカルの絡みが印象的です。「Love Vibes」まずまずかな。悪くはないのですが面白くもなかったりして。「Physical Love」Bootsy's Rubber Bandらしいかな。ラストは「Vanish In Our Sleep」音はさすがに面白い。全体を通してみてもスローナンバーが多いですね。この辺りのバランスを考えるともっと良い筈なのにな〜。

|

« イタリアの“サッカー不正疑惑”起訴 | Main | Golden Age Of Soul Musicにディスコグラフィーを追加しました »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« イタリアの“サッカー不正疑惑”起訴 | Main | Golden Age Of Soul Musicにディスコグラフィーを追加しました »