« 「本屋のオヤジのおせっかい 中学生はこれを読め!」 | Main | Woman Love You Are My Lady/Floaters »

May 15, 2006

My Turn To Shine/C # Sharp

C_sharpdont_send_me_away1986年のシングル盤。
ピクチャー・スリーブが嬉しいのですがどう見てもオカマ風。出来はかなり良い感じで下手をすれば化ける様な雰囲気もあったりします。
甘茶ソウル百科事典で湯村氏が007-C # Sharp”My Turn To Shine”「ズバリ!!80年代甘茶ソウルの王様曲がコレ!!」と云った曲。後半には語りが入りますが12インチ版はその語りが長〜いらしいですね。曲自体はミディアムテンポで比較的オーソドックスな作り。70年代のいいとこ取りって感じもしますがだからといって私には「王様曲」とまでは思えません。でもかなり良い事は間違い有りません。
もう片面は「Don't Send Me Away」リズムの効いたミディアムテンポの曲。ファルセットリードがイカしてます。コーラスはかなりヘタな部類だと思いますが何故か耳に残る出来だったりします。

|

« 「本屋のオヤジのおせっかい 中学生はこれを読め!」 | Main | Woman Love You Are My Lady/Floaters »

Comments

テリーさんの嗜好は特殊だからなあ。「王様曲」と感じる甘茶ソウルファンは少ないでしょうね。でも数少ないけれど確実にいるとは思います。

Posted by: zouky | May 15, 2006 at 11:49 PM

テリーさんがラップにハマる前だったらなるほどと思うかもしれないけど後だからな〜。あまり70年代、80年代と云った意識は無いのですが確かに80年代は曲が少ないだろうから高い評価も仕方ないかもしれませんね。しかし「I Don't Know What True Love Is/Ver-sa-tyl」なんかも80年代(89年)だし.....。

Posted by: アドヒスタ | May 16, 2006 at 06:18 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 「本屋のオヤジのおせっかい 中学生はこれを読め!」 | Main | Woman Love You Are My Lady/Floaters »