« Soul Pack From Houston,Texas Vol.1 | Main | 「田んぼがブーム」なんだとか? »

May 04, 2006

Lay Lady Lay/Bob Dylan

Bob_dylannashville_skyline1969年2月の録音と書いてありますから69年の発売で間違いないでしょう。
プロテストソングで売ったディランですがなぜかカントリーを取り上げています。買うには買ったのですがどうにも違和感があったのですが何年かたつと一番好きなアルバムになってたりしました。

A面1曲目は「Girl From The North Country」カントリーの大御所ジョニー・キャッシュをゲストに迎えての作品。解説にもある様に大物同士で最初から奇麗にハモろうなんてこれっぽっちも考えていないところが良いですね。「Nashville Skyline Rag」は完全にカントリースタイルのインストルメンタル。結構良かったりします。「To Be Alone With You」は優しい感じの声で歌いますが何処か投げやりにも聞こえます。「I Threw It All Away」は雰囲気からもまるでラブソング、当時のディランからは考えられないことだった。「Peggy Day」も優しい雰囲気ですか何処かカントリー調。
B面1曲目は「Lay Lady Lay」どういう訳かこの曲が一番耳に残るんです。単純な曲だからか或いは節回しかも。「One More Night」は完全にカントリー調。「Tell Me That It Isn't True」何処か舌足らずにも聞こえますが結構好きかも。「Country Pie」は早めのテンポの作品。ラストは「Tonight I'll Be Staying Here With You」此れまたカントリー調でまずまずの出来。

|

« Soul Pack From Houston,Texas Vol.1 | Main | 「田んぼがブーム」なんだとか? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Soul Pack From Houston,Texas Vol.1 | Main | 「田んぼがブーム」なんだとか? »