« Come And Get This Stuff/Syreeta | Main | Spanish Is the Loving Tongue/Bob Dylan »

April 22, 2006

Tear Stained Soul

Tear_stained_soul1989年のコンピ。
サブタイトルに「Rare Soul From The Quinvy/Broadway Sound Studio」とあり、「Quinvy」「South Camp」といったマニアには有名どころの作品ですが正直言ってこんな感じでした?と疑問形。

Side 1
1- Tear Stained Face/Don Varner
1967年にレコーディングされたリズミカルなナンバー。
2- Push Mr Pride Aside/Eddie Bradford
1972年のレコーディング。飾りの無い素朴なナンバー。
3- Mojo Mama/Don Varner
1967年にレコーディング。ん〜、無骨な歌いっぷりですね〜。
4- Hand Shaking/Jimmy Braswell
1970年のレコーディング。ここまでではベストかな。前の3曲はサザンはサザンでも苦手なタイプ。
5- Little Bit Of Love/Eddie Bradford
制作時期は不明だそうで、出来は並みかな。
6- When It's Over/Don Varner
1967年にレコーディング。しゃがれた声の持ち主のようですが女性コーラスの高い音と相まって意外に好み。まあ曲自体がポップな作りでは有りますが。
7- You Made Your Bed/Eddie Bradford
1972年のレコーディング。リズミカルなナンバーですが好みじゃないな。
Side 2
1- Bless Your Sweet Little Soul/Al Johnson
1967年のレコーディング。英語のライナーノーツに「I'm Back For More」の文字が有る事からあのアル・ジョンソンですね。普通にサザンソウルです。
2- Meet Me In Church/Don Varner
同じく1967年のレコーディング。曲名からも分かる通りゴスペル系ですかね?なかなか良い歌いっぷりです。
3- Home For The Summer/Jimmy Braswell
1970年のレコーディング。オーソドックスな感じ。
4- Don't Give Up On Me/Brebda Varner
制作時期は不明だそうで、女性らしい歌いっぷりはなかなか良い。どちらかと云うと可愛い系の歌い方ですね。
5- Love Waits For No Man/Al Johnson
1967年にレコーディング。これまた普通な感じ。
6- Down In Texas/Don Varner
1967年のレコーディング。イマイチか。
7- Let Me Be A Woman/Brebda Varner
制作時期は不明。イマイチな出来だな〜。

|

« Come And Get This Stuff/Syreeta | Main | Spanish Is the Loving Tongue/Bob Dylan »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Come And Get This Stuff/Syreeta | Main | Spanish Is the Loving Tongue/Bob Dylan »