« That's The Way It Will Stay/Tomorrow's Promise | Main | Why Can't We Live Together/Timmy Thomas »

April 17, 2006

Maybe Tomorrow/The Four Tops

The_four_topsmagic1985年のアルバム。
A面でウィリー・ハッチが3曲。B面でジョニー・ブリストルが1曲プロデュースを担当しています。ウィリー・ハッチの担当した曲が一番合っている気がしますが全体としてはもうひとつ乗り切れないな〜。

A面1曲目は「I Can Feel The Magic」ウイリー・ハッチのプロデュース。ハイカラなサウンド。曲自体なかなか良い出来でフォートップスにも合ってる感じ。流石のリードボーカル。「Don't Tell Me That It's Over」は普通にミディアムテンポのムーディーなナンバーに仕上がっています。「Sexy Ways」はパーカッションのリズムが印象的。「Easier Said Than Done」はドラマチックな雰囲気。歌の方はいつものごとくしっかり歌われています。
B面1曲目は「Don't Turn Away」明るい感じの曲でスがコーラスが少しチープな感じかな。「I'm Ready For Love」はリズミカルなナンバー。The Supremesの「You Can't Hurry Love」のリズムですね。良く見るとH-D-Hコンビの曲でした。「Again」は普通にオシャレなサウンド。B面では2曲目を除いてシグマ・サウンド・スタジオで録音してるようですね。といっても昔の音じゃないですけど。ラストは『Maybe Tomorrow』ゲストに「Philis Hyman」を招いています。これまた普通にデュエットなのですが、妙に耳に残りますね。出来は大した事が無くサビの良さかな?

|

« That's The Way It Will Stay/Tomorrow's Promise | Main | Why Can't We Live Together/Timmy Thomas »

Comments

そういえば,この盤持ってたけど,1回しか聞いてないなぁ。ウィリー・ハッチの曲ってありましたっけ? 週末に引っ張り出して聞いてみます。

Posted by: P5 | April 19, 2006 at 07:08 AM

「I Can Feel The Magic」
「Don't Tell Me That It's Over」
「Sexy Ways」
以上3曲をプロデュースとアレンジ。
前2曲をウイリー・ハッチが一人で書いてます。
3曲目はウイリー・ハッチと「Val Johns」とクレジットされてます。

Posted by: アドヒスタ | April 19, 2006 at 05:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« That's The Way It Will Stay/Tomorrow's Promise | Main | Why Can't We Live Together/Timmy Thomas »