« You Are Everything/Stylistics | Main | 「検知は困難だし、復旧に至っては不可能な場合がままある」 »

April 05, 2006

From The Vaults

From_the_vaults1979年のモータウンからのコンピ。
どういった意味の有るアルバムかは全然理解出来ないコンピですが、まず間違いなく60年代のサウンドです。ただジャケット裏面は全10曲のシングルのラベルが並んでいてこれは良いアイデアだと思う。

From_the_vaults2Side-A
1-「Nobody But You/The Temptations」
古き良き時代のテンプスと云った感じ。この後ロック調になるのよね。
2-「Take Me Where You Go/Diana Ross & The Supremes」
Diana Rossの可愛い歌いっぷりが充分に楽しめるナンバー。ヒットするかしないかでなく彼女の良さが伝わってきます。
3-「Cry/The Monitors」
モロに60年代と云った雰囲気の曲、こう云った曲も良いな〜。
4-「Sweeter As The Day's Go By/Marvin Gaye」
初期のマービン・ゲイの雰囲気が特徴的に出ている曲ですね。
5-「I Should Have Known Better/The Marvelettes」
リズミカルなナンバー。モータウンおなじみの感じですね。まずまずかな。
Side-B
1-「What More Could A Boy Ask For?/The Spinners」
同じ様にリズミカルな作品が有る中でもThe Spinners伸す場合はスピード感がありますね。
2-「It's Fantastic/Smokey Robinson & The Miracles」
もアップテンポのナンバー。独特の有りの有る歌声が素敵です。
3-「Drop In The Bucket/Mary Wells」
男性コーラスから始まって、エッと思ったら女性の声が聞こえてきて一安心。曲自体は並みかな。
4-「The Lonely Heart And Lonely Eyes Of Lonely Me/Gladys Knight & The Pips」
私の好きなグラディス・ナイトにはまだ遠い感じ。
5-「Undecied Lover/Martha Reeves & The Vandells」
とりあえずリードは置いておいて、バックのコーラスが面白い。好きだな〜、こういうの。

|

« You Are Everything/Stylistics | Main | 「検知は困難だし、復旧に至っては不可能な場合がままある」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« You Are Everything/Stylistics | Main | 「検知は困難だし、復旧に至っては不可能な場合がままある」 »