« 今朝起きたら雪が積もっていた | Main | Love Is The Final Truth/Facts Of Life »

March 31, 2006

Pillow Talk/Sylvia

Sylviapillow_talk1975年の日本盤アルバム。
印象的なジャケットデザイン。個人的には好きじゃないのですが。中身は最高。何故もっと聞かなかったのかな?手持ちのアルバムは中古盤でシールをはがした様な後が有るのが残念。しかし裏面のジャケットの方が好きだな〜。

Sylviapillow_talk2A面1曲目は「Pillow Talk」これは大ヒット曲ですよ。何たって耳元で囁く様に色っぽいボーカルは最高です。歌も良いのですがサウンドも好きですね。「Give It Up In Vain」まるでフランス語の歌を聴いている様な感じ(個人的なフランス語に対する印象ですが)。「Sunday」はアコースチックなギターが印象的。ボーカルはほとんど囁く様な語り。「Don't Leave Me Starving」はホーランド=ドジャー=ホーランドの曲。雰囲気は同じですね。「My Thing」この曲も大好きな1曲。タンバリンのありふれた音が素敵です。
B面1曲目は「Didn't I」リズムが大好きです。歌がどうのこうのと云うよりサウンドですね。所謂イキそうでイカないタイプのリズム。「Had Any Lately」はまだまともに歌ってる方かな。「Not On The Outside」はおなじみの名曲。ものスゴルゆっくりとしたテンポで始まりますが途中からテンポアップ&ダウン。これまた、アコースティックなサウンドと雰囲気が素晴らしいですね。後半には囁く様なバンド紹介。凄いな〜。ありゃ、アコースチック・ギターはシルビア本人が弾いているのか。ラストは「Cowards Way Out」まともに歌っている曲ですがなかなか良い雰囲気。60年代のコーラスグループ風かな?

|

« 今朝起きたら雪が積もっていた | Main | Love Is The Final Truth/Facts Of Life »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 今朝起きたら雪が積もっていた | Main | Love Is The Final Truth/Facts Of Life »