« 初めてのWindows その1 | Main | Heart Full Of Song/Clarence Carter »

March 19, 2006

Oldies But Goodies-American Hits 1

oldies_but_goodies1973年のアルバム。
昔良く云われた言葉に「Oldies But Goodies」が有りますがそれをタイトルにしたコンピがこのアルバム。雰囲気は良く出ていると思いますが60年代でも初期の印象ですので好みから外れる物も有って結局購入したのはこの1枚だけでした。

A面1曲目は「The Loco-Motion/Little Eva」1962年発表のデビュー曲だそうで有名な曲。日本で云うとアイドル風な作りでこれはこれでグッド。「Keep Your Hands Off My Baby/Little Eva」こちらの方が時代らしくて良い雰囲気。「It Might As Well Rain Until September/Carole King」後に大ヒットを飛ばすのですが、これは思いっきり時代の音です。確かに本人である事は歌を聴けば分かりますね。「Yes, I'm Ready/Barbara Msson」は甘えた歌い方が特徴的。前の3曲が学生っぽい感じなのに比べて大人に近い感じで、個人的には故知かの方が好み。「You Send Me/SAM COOKE」はおなじみの曲。あまり黒人っぽい感じはしませんね。
B面1曲目は「Tears On My Pillow/Little Anthony And The Imperials」初期のコーラスグループはみんなこう云った感じのスタイルでした。「20-75/Willie Mitchell」アル・グリーン等で知られるハイ・レコードでプロデュースを手がけるWillie Mitchellの64年のデビューヒットだそうですがファンキーなダンスナンバー。面影は全然無し。どちらかと云うとブッカー・T&The MG'sな雰囲気です。「In The Misty Moonlight/Jerry Wallace」カントリー&ウエスタン。日本では「マンダム/男の世界」で知られていると書いてあるが誰が歌ってるかは知らなかったな。「She's About A Mover/Sir Douglas Quintet」スワンプ・ミュージックファンの中で人気があるらしいそうで。ラストは「Let's Dance/Chris Montez」音からするとエレキ全盛の感じ。スプートニクとか言った時代の音ですね。

|

« 初めてのWindows その1 | Main | Heart Full Of Song/Clarence Carter »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 初めてのWindows その1 | Main | Heart Full Of Song/Clarence Carter »