« February 2006 | Main | April 2006 »

March 31, 2006

Love Is The Final Truth/Facts Of Life

Facts_of_lifesometimes1977年のアルバム。
アルバムジャケットから女性一人男性二人の3人組。混成グループってことからソウル・チルドレンに似たタイプとも云えなくないがこちらの方がオーソドックスかな。特筆する様なリードがいないだけが違いかも。

Continue reading "Love Is The Final Truth/Facts Of Life"

| | Comments (0)

Pillow Talk/Sylvia

Sylviapillow_talk1975年の日本盤アルバム。
印象的なジャケットデザイン。個人的には好きじゃないのですが。中身は最高。何故もっと聞かなかったのかな?手持ちのアルバムは中古盤でシールをはがした様な後が有るのが残念。しかし裏面のジャケットの方が好きだな〜。

Continue reading "Pillow Talk/Sylvia"

| | Comments (0)

March 30, 2006

今朝起きたら雪が積もっていた

0603306時半頃の写真ですが、さすがにここまで降るとは思わなかったな。棚卸しの準備の為に一日中防寒着を着てましたが、車のスタッドレスは付けたままだったから通勤は楽勝でした。(^^;

| | Comments (0)

Do What You Want/Chi-Lites

Chilitessteppin_out1984年のアルバム。
「Private 1」レーベルからの作品。ジャケット写真はメンバーの踊ってるところ。苦手そうなのが一人いて嬉しい。アルバム全体を通しての出来はまずまずですが、全然「Chi-Lites」らしくなくて残念。

Continue reading "Do What You Want/Chi-Lites"

| | Comments (0)

Let's Share/G.C. Cameron

g1983年のアルバム。
なんとマラコからのアルバム。ソウル・オン紙の解説を確認してみましたが、しっかりと83年のベスト輸入盤に含まれています。「聞く程にジワーとこみ上げてくる不思議な魅力を持ったレコード」「女性の甘い言葉に一歩下がる様にシビアに見た、でもやっぱり二歩前に出てしまうアルバム」とか、戸惑いながらもやはり出来の良いレコードってことですね。私も同感ですね。

Continue reading "Let's Share/G.C. Cameron"

| | Comments (0)

March 29, 2006

雪もちらつく様な寒さですが

今日は雪もちらつく様な寒さですが当然かと.....。
休みとなると必ずお昼まで寝ているボクチンが7時前に起きて着替えまで済ましていたってことで.....天変地異の前触れじゃ。クワバラ、クワバラ。

仕事が終わって家に帰ってみると、あの後服を着たまま昼まで寝たとか。
それで雪がチラついただけで済んだな。めでたし、めでたし。

| | Comments (0)

Sad Heart/The Four Tops

the_four_topsone_more_mountain1982年のアルバム。
聞き直してみると思ってたよりも出来はかなり良い出来です。モータウン時代の様なキャッチーなヒット曲は無いもののそれぞれの曲の出来はかなりのもの。ただし勢いには欠けますね。

Continue reading "Sad Heart/The Four Tops"

| | Comments (0)

Movin'/Brass Construction

brass_constructionmovin1975年の日本盤シングル。
グループ名からしてホーンセクションバリバリです。ジャケットを見ると9人組と云う大所帯。うち4人がホーンセクションかな?なんせ楽器を持ってますから。
A面は「Movin'」黒人のグループってのはホーン好きというかその手のグループが多いのですがここまでホーンセクションを打ち出してくれば気持ち良いくらいです。曲自体もかなり格好良い出来です。B面は「Talkin'」曲のまとまりはイマイチですがサウンド的にはまずまず。途中に入ったフルート(?)も良い感じ。長生きしたバンドでは無いと思いますがこれも時代の音ですかね。

| | Comments (0)

Sweet Thing-Rufus featuring Chaka Khan

rufus_featuring_chaka_khandance_with_me1976年4月の日本盤シングル。
唇がデザインされたジャケットで印象的。解説によるとシカゴのスタジオミュージシャン5人が「Ask Rufus」と云うグループを結成したのが始まりでChaka Khanという強力シンガーを迎えてからヒット連発。A面は「Dance With Me」リズムの効いたナンバーですがファンクっぽい感じでまとまりはイマイチ。B面は「Sweet Thing」結構しっかり歌ってますが曲のイメージとしてはかなり爽やか。こちらの曲の方が好みですね。

| | Comments (0)

Knockin' On Heaven's Door/Bob Dylan

bob_dylanpat_garrett__billy_the_kid1973年のアルバム。
アルバムタイトルを見れば一目瞭然。「ビリー・ザ・キッド」の映画のサントラ盤です。確か「ビリー・ザ・キッド」の友人の様な役で出演もしていた筈。音的には?

Continue reading "Knockin' On Heaven's Door/Bob Dylan"

| | Comments (0)

March 28, 2006

Bells Cellar Of Soul 89 その2

bells_cellar_of_soul_891989年に「Charly」から出されたCBS傘下のBELLレコードの作品を集めたコンピ。前回に続き2回目。B面です。

Continue reading "Bells Cellar Of Soul 89 その2"

| | Comments (0)

I Need Somebody Like You/George McCrae

george_mccraerock_your_baby1974年の日本盤アルバム。
シングルがヒットしたので急遽制作したって事がバレバレなアルバム。当時は日本でもヒットしてた覚え。何たってリズムが良い感じ。

Continue reading "I Need Somebody Like You/George McCrae"

| | Comments (0)

March 27, 2006

世も末

Computer U Relaxさんに「トレンドマイクロの営業資料がWinnyに流出」の記事が出てました。
何たってアンチウィルスを販売する会社ですからね。
警察官がスピード違反をするのと一緒で止められるものでもないってことですよね。
個人情報が流失しても1件あたり500円ですから安い物です。変に対策をうつよりも安上がりです。
この際どんどん出しちゃって共有の財産に....(以下自粛)

| | Comments (0)

Bells Cellar Of Soul 89 その1

bells_cellar_of_soul_891989年に「Charly」から出されたCBS傘下のBELLレコードの作品を集めたコンピ。元々ソウル系のレベールではないと思いますのでかなり珍しいんじゃないかな。60年代後半が中心なので雰囲気はかなり古いです。またまた曲数が多いので2回に分けます。

Continue reading "Bells Cellar Of Soul 89 その1"

| | Comments (0)

I Will Live My Love For You/Millie Jackson

millie_jacksonlovingly_yours1976年のアルバム。
なかなか手を出せない自分に取っては重〜い作品。間違いなく良いものですがくど過ぎるのかな。

Continue reading "I Will Live My Love For You/Millie Jackson"

| | Comments (0)

March 26, 2006

By The River Under The Tree/Fantastic Four

fantastic_fournight_people1976年のアルバム。
ずいぶん後になってから購入した記憶ですが、内容的にはイマイチこれっと言ったものが無くて残念。個人的には一流には届かないグループと云う評価なのですがそういったグループは侮れないところも有って注意が必要ですね。

Continue reading "By The River Under The Tree/Fantastic Four"

| | Comments (0)

ヒノキ花粉が来た

スギ花粉とヒノキ花粉を比べると私の場合はヒノキの方が遥かに症状が酷い訳で。スギ花粉はあまり酷くないからとタカをくくっていたら、昨日は朝からくしゃみの連発、鼻をかみっぱなしでティッシュ一箱空けちゃいました。
昨年良く効いた薬を投入しましたが巧く効かなかったですね。何故だろう。毎年の事ですが嫌な季節が来たな〜(泣)

| | Comments (0)

Variety Is The Spice Of Life/Greg Perry

greg_perryone_for_the_road1975年のアルバム。
サングラスに移ったジャケット撮影時の撮影機材がインパクトが有ります。これは絶対にワザとですよね。このセンスだけでアルバムの出来が分かる気がします。

Continue reading "Variety Is The Spice Of Life/Greg Perry"

| | Comments (0)

March 25, 2006

I Just Wanna Hold You/Chi-Lites

chilitesbottoms_up1983年のアルバム。
イマイチセンスの無いジャケットに写ったChi-Litesの3人組はかなり年を取ったな〜と云う印象。その割には若い格好をしてルト頃がなんとも.....。デザイン的には裏面のシャンパンをこぼした方が好きだけどな〜。

Continue reading "I Just Wanna Hold You/Chi-Lites"

| | Comments (0)

Stop Dogging Me/Joyce Lawson

joyce_lawsonjoyce_lawson1982年のアルバム。
評判が良かったから購入した筈。正統派ソウルシンガーには辛い時代でその性かたったの6曲。

Continue reading "Stop Dogging Me/Joyce Lawson"

| | Comments (0)

March 24, 2006

Souled Out その2

souled_out1975年のアルバム。
2回目で今度はB面。この手のアルバムにしてはそれぞれの曲を削ったにしても満足いく長さは有ります。酷いのになると良いところが始まる前にカットしてるからな。其の点は良心的なアルバムです。

Continue reading "Souled Out その2"

| | Comments (0)

A Woman Is A Man's Best Friend/James Carr

james_carra_man_needs_a_woman1977年のVivid Soundから出された日本盤。
「You've got my mind messed up」に続く2枚目のアルバム。良く有る様にまとまり過ぎてイマイチ面白みに欠ける典型的な作品。そんなんで全然悪くはないですがプラスな面も見られない。

Continue reading "A Woman Is A Man's Best Friend/James Carr"

| | Comments (0)

March 23, 2006

Automatorのスクリプト

パソコンを使ったIT化で逆に能率が悪いんじゃないのってことは良く有る訳ですが、
うっどぅんしっぷすさんでも取り上げられた「「事例:ヴィンセント・ラフォレ」では、
「報道カメラマンが実際に撮影している時間の短さを誰も知らないでしょう。交渉、移動、編集、保管を含めた作業全体で、撮影が占めるのは5パーセント程度です。しかし、デジタルカメラの前はおそらく15パーセントはあったでしょう」(ラフォレ氏)。
ってことは逆に能率が悪くなった典型的な例かもしれませんね。しかし解決策は昔の様に「撮影フィルムを手渡して職務を終えていた」ことではなくて、やはりパソコンを使った自動化だったりするところが流石です。
「Image CaptureとAutomatorのスクリプト」なるほど、Automatorですか。以前試したときにはファイルメーカーが対応してなかった記憶ですがFileMaker Pro 8 Advancedを最近入れたので試してみますか。

| | Comments (0)

Souled Out その1

souled_out1975年のアルバム。
1974年のヒット曲を中心にイギリスで制作された。この手のアルバムは同じ様な曲が入っている事が多いが以外と珍しい物が入ってたりするからつい買っちゃうのよね。今井のレコードに21曲と大判振る舞い。さすがに多いので今回も2回に分けようと思う。

Continue reading "Souled Out その1"

| | Comments (0)

Devil's Gun/C.J. & Co.

c1977年の日本盤シングル。
何たってタイトルが格好良いですね。解説によると男3人、女2人のボーカルグループだとか。聞いてみるとどう考えてもディスコバンドなのですがね。曲も無茶苦茶格好良い出来。最初に出てくるベースシンガーでイチコロです。B面は「Free To Be Me」こちらは普通にボーカルグループと云われても納得の作り。出来はイマイチですが。

| | Comments (0)

Simple Game/The Four Tops

the_four_topssimple_game解説によるとこれは特別なレコードだそうで...。
フォートップスがイギリスに渡った際にロックグループとして一時期を築いたムーディ・ブルースの曲を歌ったもの。バックはムーディ・ブルース自身が担当でプロデュースはムーディ・ブルースのプロデューサーが担当。B面の「You Stole My Love」は特別に書き下ろしたものとの事。
知らずに買った時思ったよりつまらないので評価をさげた作品。らしさは無いよな。

| | Comments (0)

Hurricane/Bob Dylan

bob_dylandesire1975年のアルバム。
昔の雰囲気をそのままにアコースチックな部分を多用している。このアルバムでのメインはバイオリンでしょうね。元々一本調子の歌が多い中でスリリングさを巧く出してアクセントにしている。新しい面を出すとともに古くからのファンも満足させる巧みな作りとも云えるかな。
Side-A
Hurricane
Isis
Mozambique
One More Cup Of Coffee
Oh. Sister
Side-B
Joey
Romance In Durango
Black Diamond Bay
Sara
少なくとも「Hurricane」は良く出来ている。アレンジの巧さには脱帽ものだ。しかしプロテストソングである内容を重要視する向きには全然賛同するつもりはない。「One More Cup Of Coffee」も悪くない。

| | Comments (0)

March 22, 2006

Your Love Finally Ran Out/Atlantic Starr

atlantic_starrbrilliance1982年のCD。
最初の2枚のアルバムは聴いて一番ビックリしたのがボーカルの勢い。このグループのステージは絶対に凄いと確信しました。しかしこの力をどれくらいレコードの中に押し込めるだろうかといった心配をしたものでした。しかし次第に興味を失って行きましたが最近譲り受けたこのCDを聞くと理由が分かる様な気がした。

Continue reading "Your Love Finally Ran Out/Atlantic Starr"

| | Comments (0)

For Your Precious Love/Oscar Tony Jnr

oscar_tony_jnrive_been_loving_you_too_long_to_stop_now1975年のアルバム。
私は日本盤を入手した。全体的な印象としては音量の性かもしれないが思ったよりも軽く甘い印象で肩すかしを食らった感じ。しかし良く聞くとそんなに悪くない。じっくりと聞いた方が良いアルバム。

Continue reading "For Your Precious Love/Oscar Tony Jnr"

| | Comments (0)

March 21, 2006

The Harder I Try/The Free Movement

the_free_movementive_found_someone_of_my_own1971年のアルバム。
男女の混成グループ。ジャケット裏の写真が分かりやすいのですが男3人女3人の6人組。かなり出来の良い曲を連発したのですがそれ以降はどうなったのかも分かりません。ソウル臭さが少ない事が災いしたのかな?

Continue reading "The Harder I Try/The Free Movement"

| | Comments (0)

町内の旅行〜犬山城

前の日曜日は毎年恒例の町内の旅行ですが今回は近場ってことで犬山。
普段忙しくて長時間は難しい方にも参加していただける様に集合10時50分と云う遅さ。時間を持て余しちゃって困ったりもします。(^^;
宴会は名鉄犬山ホテル犬山城のすぐ横。ビックリしたのは敷地が広くて駐車場も多い事。
食事ははっきり言って覚えが無い。だって嬉しい話が聞けたんですもの。まだ正式発表もされてないってことでオフレコとの事。年内には何とかなりそうで一部若手で大盛り上がり。やれば出来るじゃないかN○○。\(^_^)/
帰りのバスまでに時間があるってことで徒歩5分?と云う距離の犬山城に。(実際には半分近くがホテルの敷地内での時間)天守閣に登った訳ですが当日は各地で電車も止まる様な強風で早々に退散しました。寒かった。
町内の旅行では2城目ですね。お城のシリーズっても有りかも。残念なのは温泉に入る時間がなかった事かな。
東海北陸道が繋がればそろそろ富山も有りかな?

| | Comments (0)

Friend Of Mine/Tommy Tate

tommy_tatehold_onVividサウンドから1979年に出ているアルバム。
解説には「初めてLP化される12曲」と有りますからマラコ時代の未発表曲を日本でまとめたアルバムって事でしょうね。

Continue reading "Friend Of Mine/Tommy Tate"

| | Comments (0)

March 20, 2006

Me And My Gemini/First Class

first_classgoing_first_class1976年のアルバム。
とてもアルバムが出るようには思ってなかったのですが出てみると嬉しくて買っちゃいました。時期が時期だけにディスコっぽいところはしょうがないか?

Continue reading "Me And My Gemini/First Class"

| | Comments (0)

初めてのWindows2

FileMaker Pro 8 Advancedの動作環境をクリヤしたパソコンを探すのはかなり苦労した。その一番の理由はPentium III 以外にもいろいろの名前がついたCPUがあるからだが、自分にはCeleron、Duronのどのクラスが動作するかどうかが分からないので間違いないPentium III を選んだ。OSがインストール済みの物を選んだ理由はアクティベーション(?)と云った訳の分からない物を避けたかった。また動かすのはFileMakerのみなので安い物を選択した。

Continue reading "初めてのWindows2"

| | Comments (0)

Heart Full Of Song/Clarence Carter

clarence_cartera_heart_full_of_song1976年のアルバム。
桜井ユタカ氏の解説によるとキャンディ・ステイトンと結婚して(これは記憶に有った)4年程で離婚した(これは知らなかった)とのこと。すると前回紹介したアルバム「Loneliness & Temptation」での表情は虫歯じゃなかったのか。

Continue reading "Heart Full Of Song/Clarence Carter"

| | Comments (0)

March 19, 2006

Oldies But Goodies-American Hits 1

oldies_but_goodies1973年のアルバム。
昔良く云われた言葉に「Oldies But Goodies」が有りますがそれをタイトルにしたコンピがこのアルバム。雰囲気は良く出ていると思いますが60年代でも初期の印象ですので好みから外れる物も有って結局購入したのはこの1枚だけでした。

Continue reading "Oldies But Goodies-American Hits 1"

| | Comments (0)

初めてのWindows その1

ma10tczf15t53以前WindowsCEを購入してモバイルに使おうとしたが見事に玉砕した自分としてはとてもじゃないが使える代物じゃないとズ〜と思っている。

会社では当然Windowsが入ってる訳ですが、これまた全然使えない代物だったりします。(自分に取って)
最近のWinnyの騒動で個人のパソコンの禁止なんて言ってますが、私の様にMacを持ち込んでいる者からすれば能率が悪すぎなのにもっと酷くするか?ってかんじですね。

Continue reading "初めてのWindows その1"

| | Comments (0)

We Did It/Syl Johnson

syl_johnsonback_for_a_taste_of_your_love1973年のアルバム。
アルグリーンと同様なHiサウンド。独特なリズム&ホーンセクションの音は聞けば聞く程味がでてきますね。このアルバムはもう少しポップだと良いのですが、それでも内容的にはかなりのレベルです。

Continue reading "We Did It/Syl Johnson"

| | Comments (0)

March 18, 2006

Shame, Shame, Shame/Shirley & Company

shirley__companyshame_shame_shame1975年の日本盤シングル。
記憶ではほとんど一発屋なんですがどうなんですかね?解説によるとあのシルビアが制作と有ります。しかし一発屋のヒットを作らせたら並ぶ物はいない程の納得の出来です。だって、アルバムが出ても絶対にダメな出来ってことが想像出来ますもの。肝心の曲はなかなか面白い出来で、結構好きですね。ちなみにB面は「More Shame」早い話ほとんどインストルメンタルですがタイトルの付け方はアイデアものです。
安かったので買ってたんだ(^^;

| | Comments (0)

Soul Dracula/Hot Blood

hot_bloodsoul_dracula1976年の日本盤シングル。
まあこう云ったジャケットは見るからにテイチクから出てるって分かります。古くから洋楽を聞いている人は絶対に聞いた事有ると思いますが所謂色物系ってことで何も考えずに楽しむだけがベストかと思いますね。単純にディスコサウンドってことで。B面はインストルメンタル。

| | Comments (2)

My Love Is So Strong For You/Geater Davis

geater_davissweet_womans_love1971年のアルバム。
サザンソウル系のマニアの間では名盤の誉れ高いアルバム。それにしても渋いジャケット。(違う?)少なくとも目立つ事は間違いないな。

Continue reading "My Love Is So Strong For You/Geater Davis"

| | Comments (0)

March 17, 2006

Winnyによる情報漏洩〜素朴な疑問

今のところ高みの見物状態なのですが.....
セキュリティ関係のチェックはしていますから最近の報道では報道されていないところが大変気になっています。
Windowsを使ってるのなら、
1/セキュリティ関係のパッチはすべて当てる(詳細は省く)
2/IE、アウトルックは使わない。
3/ウイルス対策ソフトは2種類以上使う。
4/ウイルス対策ソフトの定義は1日に2回以上確認する。
最低でもこの位は必要だろうと思いますが、
Winnyによる情報漏洩に関してはウイルス対策ソフトの使用に関して使っていたのか定義を更新していたのかの報道がまるで無い様に思えるのですがどうなんでしょうかね?

| | Comments (2)

Try My Side/Chi-Lites

chilitesme_and_youジャケットはごくありふれた感じでスルーしてしまいそうですが中身はなかなか良い出来。正直言って初期の作品はグレィトな物も有ればダメな物も多かった。飛び抜けた作品は無いがおすすめ出来るアルバムに仕上がっています。

Continue reading "Try My Side/Chi-Lites"

| | Comments (0)

If It Hadn't Been For Sly/Swamp Dogg!

swamp_doggcuffed_collared__tagged制作年度の記載はないようですね。
サザンソウル系のマニアには評判が良いのだろうか?個人的にはどうしても分からない。エントリーのタイトルには気に入った曲を付けているのですが、今回はやけくそ(笑)

Continue reading "If It Hadn't Been For Sly/Swamp Dogg!"

| | Comments (0)

March 16, 2006

Float On/Floaters

Floaters-Floaters1977年のアルバム。
「Float On」が大ヒットして急遽作ったアルバムって感じもします。他の曲もイマイチこなれて無い気がします。その為かジャケットのデザインもおざなりの感じ。

Continue reading "Float On/Floaters"

| | Comments (0)

The Bertha Butt Boogie/The Jimmy Castor Bunch

the_jimmy_castor_bunch1975年の日本盤シングル。
石器時代の原始人がダンス(バンプ)を始めると云う面白そうな曲。って、非常に面白い出来になってます。なんたってリードボーカルが石器時代の雰囲気(知らないけど)を出しています。A面B面でPart 1&Part 2になっています。

| | Comments (0)

If Not For You/Bob Dylan

bob_dylannew_morning1970年のアルバム。
時代の変化を感じ取った様なアルバムと云って良いのかな。従来のボブ・ディランと違ってポップな印象な見られますが、こなれ切れていない印象を持ちました。個人的にはこの頃にはボブ・ディランの評価には懐疑的になりつつあった気がします。

Continue reading "If Not For You/Bob Dylan"

| | Comments (0)

March 15, 2006

UEFAチャンピオンズリーグもやっとベスト8

UEFAチャンピオンズリーグもやっとベスト8が決まりましたね。
「インテルVSアヤックス」は13日と聞いていたのですがまだ先だと思ってました。
イタリア勢は3チームが残ってますが巧くバラけて良かったですね。途中で当たったりするとイマイチ面白くなかったりします。

我がラツィオはUEFAチャンピオンズリーグは関係ないのですが、一般的なラツィアーレはインテル>ミラン>ユーベの順で好意を持ってるんじゃないかな。ユーベ戦は知らないうちに負けてるからつまらないし、ミラン戦は負けても納得出来るメンバーだし、インテルは勝っても負けてもどこか似てるので憎めないし.....。
まあ、そんなんで出来ればインテルに頑張って欲しいですね。

| | Comments (0)

In These Changing Times/The Four Tops

the_four_topschanging_times1970年のアルバム。
何気なくジャケットの裏面を見ていたら、アレンジが「Jimmy Roach」じゃないですか。一番記憶に残っているのはシンズ・オブ・サタンだったりしますが、こんなところにも顔を出していたのか。

Continue reading "In These Changing Times/The Four Tops"

| | Comments (0)

Donde/Fania All-Stars

fania_allstarsspanish_fever1978年のアルバム。
時期が時期だけにラテンとディスコの融合と云った感じですかね。amazonあたりで見てみるとかなりのアルバムを出してるようです。

Continue reading "Donde/Fania All-Stars"

| | Comments (0)

Just Go Ahead/Roscoe Robinson

roscoe_robinsontime_to_live1977年のアルバム。
以前紹介した「Soul Deep Vol.3」にも「Leave You In The Arms Of Your Other Man」が入っていましたがゴスペル畑出身のソウルシンガーと有りますね。

Continue reading "Just Go Ahead/Roscoe Robinson"

| | Comments (0)

March 14, 2006

あまり寒いので

あまり寒いので、たまたま仕事が余裕だった事もあり、ストーブ番。雪も降ってたし。
といってもしばらく前から手をつけたかったデータベースをいじってました。早い話まともな伝票が回ってこないのでなんとかしてやろうってこと。
それもある意味当然でエクセルで入力してたら時間がかかってしょうがないですからね。有るとき現場で見てたら時間がかかるかかる。とりあえず今日で一山超えれた感じ。

| | Comments (0)

Holdin' On/Glass Tear

glass_tearglass_tear1988年のアルバム。
ジャケットはいかにもチープなスリーブ入り。これで8曲入りですからアルバムってことで良いですよね。記憶によると「Love Attack」でマニアに話題になったグループのアルバムの筈。

Continue reading "Holdin' On/Glass Tear"

| | Comments (0)

If You're Ever Gonna Leave Me/Freddie North

freddie_northfloatin1977年のアルバム。
戦時の記事にも書いたFreddie Northですがこちらの方が新しいそう。前作のタイトルが「Friend」で今回が「Floatin'」。頭が同じく「F」で始まりますが何か理由があるのかしら?ジャケットはギンギンキラキラで写し難いったら有りゃしない。

Continue reading "If You're Ever Gonna Leave Me/Freddie North"

| | Comments (0)

March 13, 2006

Sitting In The Park/GQ

GQ-Two1978年のアルバム。
アルバムタイトルから分かる通り2枚目ってことですね。オシャレなサウンドってことは良いのですが印象に残らないのよね。

Continue reading "Sitting In The Park/GQ"

| | Comments (0)

Too Hot To Handle/Latimore

latimoredig_a_little_deeper1978年のアルバム。
思ったよりも中身が濃くてこれは良いアルバムですね。ジャケットはオシャレになる過ぎている感じで線が細い印象。

Continue reading "Too Hot To Handle/Latimore"

| | Comments (0)

March 12, 2006

Have You Seen Her (1980)/Chi-Lites

chilitesheavenly_body1980年のアルバム。
少し妖しいイラストのジャケットでは有りますが肝心の中身のレベルはなかなかの物です。一番の聞き所は「Have You Seen Her」を再録しているところでしょうかね?

Continue reading "Have You Seen Her (1980)/Chi-Lites"

| | Comments (0)

You Got Me Singing/Eddie Hinton

eddie_hintonvery_extremely_dangerous1978年のアルバム。
まるでオーティス・レディングかと思う様な歌いっぷり、知らずに聞いたら間違えるかも。ってことはそれだけで出来が良いってことでもありますね。2曲ばかりボビー・ワーマック調の曲も有りますがこれもなかなか良い感じ。

Continue reading "You Got Me Singing/Eddie Hinton"

| | Comments (6)

March 11, 2006

土筆取り

文字変換はこれで良いよね?
月一の通院の途中ルネッサンスホテルの前あたりの堤防で土筆取りらしい親子が見えました。この辺りは毎年かなりの方がとりに見えているようですが、もうそんな季節になったんだな〜と思われる出来事でした。
場所はちょうど「第16回 アユの産卵を観る会」が行われた反対側で我が家のあたりの堤防よりいつも早いんですよね。
「土筆狩り」とは聞かないですね、何故かな?

| | Comments (0)

Mixed Up Moods And Attitudes/Fantastic Four

fantastic_fourgot_to_have_your_love1977年のアルバム。
デトロイトのミュージシャンを使っている様なので、Fantastic Fourってデトロイトのグループなんですかね?ジャケットの裏面にはそれっぽい記載が有ります。と云いながら、ミキシングはシグマ・サウンド・スタジオを使ってたりします。

Continue reading "Mixed Up Moods And Attitudes/Fantastic Four"

| | Comments (0)

Dear Abby/Clarence Carter

clarence_carterloneliness__temptation1975年のアルバム。
あらあら、プロデュースを自分でやってるのね。ジャケットの写真はいかにも安上がりですが、裏面にも同じ様なアップが有りますがどう見ても虫歯が痛くてたまらない雰囲気に見えます。(笑)

Continue reading "Dear Abby/Clarence Carter"

| | Comments (0)

March 10, 2006

長かったココログ障害

昨日帰宅したらメンテナンスが長引いて9時の終了予定だそうで、9時すぎてから記事をあげようとログインするも全然進まなかったりして.....。そのうちにまたまたメンテナンスってことで今日の朝もダメ。帰宅したらやっと終了してました。
昨年末にタワーレコードなどで長期間にわたってホームページが閉鎖されていた事を思い出しましたね。まだ1日半程で良かったのかもしれません。

| | Comments (0)

Love Music/The Four Tops

the_four_topskeeper_of_the_castle1972年のアルバム。
このアルバムはなんと割れちゃいました。(泣)ってことでA面、B面共に最初の方が針飛びでまともに聞けません。

Continue reading "Love Music/The Four Tops"

| | Comments (0)

Take Me Just I Am/Spencer Wiggins

spencer_wigginssoul_city_u1977年にVivid Soundから出されたアルバム。
元々LPが無かった物をシングルを集めてLPにしたもの。それぞれまとまりが良すぎてサラッと流すと普通にしか聞こえないのですが、じっくり聞いてみると素晴らしい出来です。

Continue reading "Take Me Just I Am/Spencer Wiggins"

| | Comments (0)

March 09, 2006

You Are The One/Glass Featuring John Williams

glass_featuring_john_williamsintroducing_glass1983年のアルバム。
最近どこかでGlass Featuring John Williamsの記事を見た筈だけど覚えてないな〜。まあ、そんな程度のアーチストだったとしておこう。

Continue reading "You Are The One/Glass Featuring John Williams"

| | Comments (0)

Love Child〜Someday We'll Be Together/Diana Ross & The Supremes

diana_ross__the_supremesナイスカップリング!
Diana Ross & The Supremesの数有るヒット曲の中でも双璧をなす2曲が1枚のシングルになっているなんて物凄くお買い得です。
初めて意識した洋楽はビートルズの来日でした。といっても小学校に入ったばかりで名前を聞いただけ。曲で記憶に有るのは高学年になった頃でDiana Ross & The Supremesの「Love Child」だったと思う。それから回り道をしましたが結局ソウルミュージックにどっぷりとなったのはこの曲の性かも。

| | Comments (0)

Mr. Tambourine Man/Bob Dylan

bob_dylanbringing_it_all_back_home1965年1月に録音しているらしいアルバム。
解説には「ポピュラー音楽に革命を起こしたアルバム」とか有りますが、確かにそうであるにしても個人的には評価はあまり出来ないですね。ただし歌詞には多少なりとも影響を受けました。

Continue reading "Mr. Tambourine Man/Bob Dylan"

| | Comments (0)

March 08, 2006

ドコモに注目

Computer U Relaxさんに「ソニーとドコモの不協和音の陰にアップル - APPLEMUSIC.JP」の記事が出ていました。
「ソニーとドコモの不協和音の陰にアップル」が元記事ですが、別に裏で糸を引いているって感じではないですね。要はauが先行している音楽関連サービスに対抗する為にはiTunesに勝る物は無いってことですね。
自分もauを使っている訳ですが「着うたフル」なんてバカらしくてやってられない。だって値段が高過ぎるじゃないですか。
「既に901iシリーズ以降からは全ての機種がiTunesで作成されたAACを再生可能なことからも推測でき、現にFOMAの音楽再生機能を解説したドコモのサイトでは、iTunesの利用が推奨されている。」だそうで、家族割りにして無けりゃな。
勤務先ではauの圏外で使えないし。(泣)

| | Comments (0)

Happiness Is Your Middle Name/Chi-Lites

Chi-Lites-Toby1974年のアルバム。
記憶に寄ると初めて買ったChi-Litesのアルバムがこれですね。その前に大ヒット曲を聞いてましからイメージはイマイチ良くなかったですね。

Continue reading "Happiness Is Your Middle Name/Chi-Lites"

| | Comments (0)

You Got Me Walking/Jackie Wilson

jackie_wilsonyou_got_me_walking調べたら1972年頃の作品だそうで。
ドミノスというグループで有名なクライド・マクファーターの後釜になったらしい。ソロになってからはブランズウイックの看板スターだったようですね。「Higher And Higher」がヒット曲なようでシングルを持ってた気がします。

Continue reading "You Got Me Walking/Jackie Wilson"

| | Comments (0)

March 07, 2006

I Don't Want To Lose You/Gemini

Gemini-Rising1981年のアルバム。
発売当時マニアの間では結構評判だった覚えですが、改めて聞き直すとなかなか良い出来ですね。

Continue reading "I Don't Want To Lose You/Gemini"

| | Comments (0)

Nine Pounds Steel/Calvin Leavy

calvin_leavycummins_prison_farm1976年にP-VINEから出されたアルバム。
解説によるとそれまで出されていたシングルをまとめてP-VINEから出された模様。元々私の中での伝説のラジオ番組「ザ・サウンド・オブ・ブラック50」で「Nine Pounds Steel」を聞いた事にから購入した訳ですが思いっきりブルースでした。

Continue reading "Nine Pounds Steel/Calvin Leavy"

| | Comments (0)

March 06, 2006

魚の研究と「金メダルとトイレの水」

お隣のニイムラさんのブログに「金メダルとトイレの水」が。
早い話、大阪市水道局の報道発表資料なのですがフィギュアスケートと配水量の変化なのですが非常に面白いですね。
しかし魚の研究をしてるとこう云ったページが見つかるのですかね?一体何をしていたのだろうか?

| | Comments (0)

I Don't Want To Do Wrong/Gladys Knight & the Pips

gladys_knight__the_pipsif_i_were_your_woman1971年のアルバム。
プロデュースにはジョニーブリストルがアレンジにはPaul Riserが噛んでいるんですね。普段はそこまで意識しないからな。

Continue reading "I Don't Want To Do Wrong/Gladys Knight & the Pips"

| | Comments (0)

Raining On A Sunny Day/Freddie North

freddie_northfriend制作時期の記載は無いですね。
付録としてポスターが付いてますが、ひょっとして今回初めて見たかも。

Continue reading "Raining On A Sunny Day/Freddie North"

| | Comments (0)

March 05, 2006

MDを探して

以前から納得のいく値段のMDを探しているわけですが、価格.comを見ていたら税込み3980円の情報が.....。
2/24の情報ですが「ケーズデンキのオープンセール(ギガスから改装)」という事でした、今日のチラシを見てみたら在庫処分とか.....。
出かけたついでによってみましたが撃沈。まだまだだね。

| | Comments (0)

You're Gonna Need/Gentlemen And Their Ladies

gentlemen_and_their_ladiesparty_time1976年の日本盤アルバム。
1974年にアルバムを出したと解説にありますね。テイチクから出ているこの日本盤はおそらくジャケットもオリジナルと全然違う筈で物凄く残念です。解説によるとメンバーは以下の8人。
*ボビー・ジョンソン(リーダー、リードシンガー)
*メイランド・エスリッジ(ギタリスト)
*ジミー・リード(オルガン奏者)
*リッチー・コウエル(サックス奏者)
*ロニー・ジョンソン(ベース奏者)
*ダニー・ミッチェル(ドラマー)
*ジプシー・マリー・グリッグス(バックコーラス)
*ジャネット・クッパー(バックコーラス)

Continue reading "You're Gonna Need/Gentlemen And Their Ladies"

| | Comments (2)

Next To You/Clarence Carter

clarence_cartersixty_minute_man1973年のアルバム。
アルバムジャケットは結構笑わせてくれます。Patchesが70年でしたから後の作品ってことになりますね。大ヒットで儲けた感じは全然受けませんね。マイペースなのかな?

Continue reading "Next To You/Clarence Carter"

| | Comments (0)

March 04, 2006

Have You Seen Her/Chi-Lites

chilitesgive_more_power_to_the_people1971(70?)年のアルバム。
Chi-Litesの3枚目のアルバム。大ヒット曲「Have You Seen Her」を含んでいますが他の曲のレベルもかなり高い出来の1枚です。特にA面。

Continue reading "Have You Seen Her/Chi-Lites"

| | Comments (0)

My Hung-Ups Ain't Hung-Up No More/Swamp Dogg

swamp_dogghave_you_heard_this_story1974年のアルバム。
ジャケット写真から見てもどうしょうもないオヤジといった印象ですがはっきり言って良く分からない。(^^;

Continue reading "My Hung-Ups Ain't Hung-Up No More/Swamp Dogg"

| | Comments (0)

March 03, 2006

勇者現れる

といっても仕事の話。
仕事ではグラウトポンプというちょっと変わった機械を整備している。たまに交換用のパッキンを要求してくる場合が有るが結局使わないで返却される事になる。

今回は知ったかぶり(?)で機械をバラしたらしい。しかし、会社ではバラし方はおろか使い方も教えていない。一応専門用語(?)でOJTってことで、早い話先輩が教えるんでしょうね。だから出来の良い先輩に教わると多少マシになるがダメだと目も当てられない事になる。
よって、途中でギブアップしてSOSをしてくる。最悪外すだけで2〜3時間かかりますといったらとたんに諦めました。(笑、良い判断だ)

いままで自分で替えようとする「勇者」がいなかったので配布している資料にも詳細は記載してなかった。すんなり諦めてもらう為にもバラし方を作ろうかな?

| | Comments (0)

Look What We're Done To Love/The Glass House

the_glass_houseinsideVivid Soundから出されたアルバム。
レコードならびに解説に記載は無いが69〜70年頃の制作でしょう。(自信無し>笑)なんたって、タイ・ハンターのリードボーカルが聞き物。個人的にはシェリー・ペイン.....。

Continue reading "Look What We're Done To Love/The Glass House"

| | Comments (0)

Darling I Love You/Larry Saunders

larry_saundersthe_prophet_of_soulamherst1976年のアルバム。
なかなか良い内容のアルバムですがジャケットから見るとかなり若そうな感じ。手元にもう1枚有ると思って見てみたら中身は同じ。(泣)
オリジナルが「Soul International Record」盤でディストリビュートされたのが「Amherst」盤のようです。

Continue reading "Darling I Love You/Larry Saunders"

| | Comments (0)

March 02, 2006

I Do Love You/GQ

gqdisco_nights1979年の日本盤アルバム。
グループ名のGQは「Good Quality」の略だそうで4人組との事。

Continue reading "I Do Love You/GQ"

| | Comments (0)

Pick Up The Pieces/Average White Band

average_white_band1975年の大ヒットシングル。
白人のバンドですがバンド名の「Average White Band」には非常に好感が持てます。だってやってる中身は黒人のバンドのまねですもの。こう云った名前を名乗るだけで喝采ものです。A面は「Pick Up The Pieces」これはファンクナンバーですが黒人のバンド以上に洗練されていてファンキーです。ヒットするのも頷ける出来。B面は「Work To Do」これはアイズレー・ブラザースの曲。アイズレー・ブラザースと比べなければまずまずの出来かな。

| | Comments (0)

Like A Rolling Stone/Bob Dylan

bob_dylanhighway_61_revisited1965年のアルバム。
解説によると6枚目になるようです。白人らしいジャケットデザインですね。

Continue reading "Like A Rolling Stone/Bob Dylan"

| | Comments (0)

March 01, 2006

確実に進歩したIntel Mac mini

intel_mac_mini値段が上がっちゃったのが一番残念ですが、CPU、内蔵HDと確実にアップしているのが分かります。
Pura's Taliesinさんのところに分かりやすい説明が有りますので見ていただければ良いのですが.....。
問題だったメモリも最大2Gとアップされた事も嬉しいのですが簡単に交換出来ないとなるとやはり引いちゃいます。
規格としては大嫌いなんですけどUSB端子が増えた事は嬉しいかな。2つの端子だと確実に足らなくなるし、分岐したりしてみても不安定になるのが確実ですから。

| | Comments (0)

She's On My Mind/Hunt's De Termination

hunts_de_terminationget_your_act_together制作時期の記載は無いですが1983年のSOUL CITY NETWORKS誌には僅かながら記載が有りますからそれ以前なのは間違いないですね。しかしジャケットは酷い。

Continue reading "She's On My Mind/Hunt's De Termination"

| | Comments (0)

Right Here Is Where You Belong/Jerry Washington

jerry_washingtonright_here_is_where_you_belong1973年のアルバム。
Jerry Washingtonについては良く知らないのですが、この1枚はかなる高いレベルの内容だと思います。

Continue reading "Right Here Is Where You Belong/Jerry Washington"

| | Comments (0)

« February 2006 | Main | April 2006 »