« Raining On A Sunny Day/Freddie North | Main | 魚の研究と「金メダルとトイレの水」 »

March 06, 2006

I Don't Want To Do Wrong/Gladys Knight & the Pips

gladys_knight__the_pipsif_i_were_your_woman1971年のアルバム。
プロデュースにはジョニーブリストルがアレンジにはPaul Riserが噛んでいるんですね。普段はそこまで意識しないからな。

A面1曲目は「If I Were Your Woman」グレート。「Feeling Alright」Buddah時代にも通じるアップテンポのナンバー。「One Less Bell To Answer」は何処かで聞いた覚えが有ると思ったら「Burt Bacharach 」の曲でしたか。なかなか良い出来です。「Let It Be」つまらない曲。「I Don't Want To Do Wrong」特にドラマチックな作りでもないのですが盛り上がって聞けるのはグラディスの歌の実力のなせく技ですかね。「One Step Away」は普通の出来。
B面1曲目は「Here I Am Again」まずまずの出来。「How Can You Say That Ain't Love」は珍しくアップテンポ。出来はイマイチかな。「Is There A Place (In His Heart For Me)」歌は巧いと思いますが、イマイチという事は曲の性? 「Everybody Is A Star」は珍しく男性が少しだけれどもリードをとっています。「Signed Gladys」ん〜、曲の自体の出来はいまいちですけど、グラディスの歌に引き込まれちゃいますね。ラストは「Your Love's Been Good For Me」これまた歌の巧さが光っています。

|

« Raining On A Sunny Day/Freddie North | Main | 魚の研究と「金メダルとトイレの水」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Raining On A Sunny Day/Freddie North | Main | 魚の研究と「金メダルとトイレの水」 »