« Oldies But Goodies-American Hits 1 | Main | 初めてのWindows2 »

March 20, 2006

Heart Full Of Song/Clarence Carter

clarence_cartera_heart_full_of_song1976年のアルバム。
桜井ユタカ氏の解説によるとキャンディ・ステイトンと結婚して(これは記憶に有った)4年程で離婚した(これは知らなかった)とのこと。すると前回紹介したアルバム「Loneliness & Temptation」での表情は虫歯じゃなかったのか。

A面1曲目は「All Messed Up」ミディアムテンポのナンバー。普通に普通なのですがおなじみの笑い声?「ウッフッフ」が良い感じ。「Heart Full Of Song」は
アルバムのタイトル曲。途中で曲の感じが少し変わりますが落ちついた感じの遅いテンポの時が優しい気持ちになれます。「Danger Point」はタイロン・ディビスにも通じるワォーキングテンポの作品。「Jennings Alley」は少しブルース調で物語になってるらしいですね。出来はかなり格好良い出来。「Shoulder To Cry On」は南部っぽい感じが出ています。
B面1曲目は「That's What Your Love Means To Me」あまり好みじゃないな。「Nothing Ventured, Nothing Gained」は早めのテンポ。これも苦手なタイプ。「Come Back Baby」はもうひとつかな。「I Thought It Was Over」は軽快なテンポの作品。まずまずの出来。ラストは「Don't Bother Me」特に特徴無しです。例の笑い声?だけ。

|

« Oldies But Goodies-American Hits 1 | Main | 初めてのWindows2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Oldies But Goodies-American Hits 1 | Main | 初めてのWindows2 »