« Me And My Gemini/First Class | Main | 町内の旅行〜犬山城 »

March 21, 2006

Friend Of Mine/Tommy Tate

tommy_tatehold_onVividサウンドから1979年に出ているアルバム。
解説には「初めてLP化される12曲」と有りますからマラコ時代の未発表曲を日本でまとめたアルバムって事でしょうね。

A面1曲目は「Friend Of Mine」結構分かりやすいブルースナンバーになっています。こう云った感じは好きですね。「My Wife」は素朴と云うかラフスケッチの用な感じで制作途中の様な雰囲気も。「Little Boy」この曲も同様なのですがボーカル自体は結構面白く聞けます。「Get It Over Anyway」はスローでサザンらしいナンバー。前の2曲と違って十分勝負出来る曲に仕上がっています。「I've Been Inspired To Love You」はアップテンポのナンバーで出来はまずまず。「All A Part Of Growing Up」リズムが良い雰囲気を出しています。ヒット狙いに1曲かな?
B面1曲目は「I'd Really Like To Know」この曲もサザンソウルらしくて良い感じ。「I Cna't Do Enough For You Baby」サザンソウルにしてはオシャレで聞きやすいかな。結構好きなタイプ。「A Thousand Things To Say」は中途半端かな。「Hold On (To What We've Got)」はジェイムス・カーで有名な曲。曲のライターがTommy Tateである事から彼がオリジナルの可能性が高いですね。出来はジェイムス・カー程パーフェクトではないですが十分に良い出来。「Something To Believe In」はイマイチ。ラストは「Do You Think There's A Chance」はリズミカルなナンバーですがそれよりも歌のフレーズに引かれるところが有ります。残念なのはそれを活かし切れていないところで残念。

|

« Me And My Gemini/First Class | Main | 町内の旅行〜犬山城 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Me And My Gemini/First Class | Main | 町内の旅行〜犬山城 »