« Automatorのスクリプト | Main | Souled Out その2 »

March 24, 2006

A Woman Is A Man's Best Friend/James Carr

james_carra_man_needs_a_woman1977年のVivid Soundから出された日本盤。
「You've got my mind messed up」に続く2枚目のアルバム。良く有る様にまとまり過ぎてイマイチ面白みに欠ける典型的な作品。そんなんで全然悪くはないですがプラスな面も見られない。

A面1曲目は「A Man Needs A Woman」スローバラード。深みの有る歌いっぷりは流石。「Stronger Than Love」はリズミカルなアップテンポのナンバー。こう云った曲はサザンソウルらしい感じですね。「More Love」はミディアムスロー。サザンソウルのお手本の様な雰囲気。「You Didn't Know It But You Had Me」はアップテンポのナンバー。まずまずの出来。「A Woman Is A Man's Best Friend」は素晴らしい出来のスローナンバー。「I'm Fool For You」は珍しく女性シンガーが参加。少し印象が違って面白いが女性シンガーの高い声はやはり苦手。
B面1曲目は「Life Turned Her That Way」はまずまずか。「Gonna Send You Back To Georgia」は普通のシンガーになっちゃてますね。イマイチか。「That's The Way Love Turned Out For Me」やはりこれくらいのゆったりとしたテンポの作品の方が似合うな。「Sowed Love And Reaped A Heartache」はしっかりとしたルズムが印象的なかなか良いのでは有りますが他の曲と同様にポップさが足りないと思う。「A Message To Young Lovers」もソウルフルなスローナンバー。ある意味完璧なナンバーですがまとまり過ぎかな。ラストは「A Losing Game」はリズムの効いた作品。

|

« Automatorのスクリプト | Main | Souled Out その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Automatorのスクリプト | Main | Souled Out その2 »