« 障害? | Main | Living In The Footsteps Of Another Man/The Chi-Lites »

February 28, 2006

You've got my mind messed up/James Carr

james_carryou_got_my_mind_messed_up1977年のVivid Sound盤。
一時マニアには垂涎のアルバムでしたが比較的容易に入る様になって嬉しかった記憶が有ります。それとジャケットデザインは素晴らしいものだと思いますね。

A面1曲目は「Pouring water on a drowning man」ミディアムテンポの作品。サザンソウルとしてはもう完璧な出来。オーティス・クレイも歌ってますがこちらの方が良い出来ですね。「Love attack」スローナンバーでどことなくオーティス・レデイングみたいな感じがします。「Coming back to me baby」はアップテンポな感じ。やはりオーティスを意識した作りに思えます。「I don't want to be hurt anymore」これまたオーソドックスな感じです。「That's what I want to know」はリズムが珍しいですね。「These ain't raindrops」
B面1曲目は「The dark end of the street」じっくり歌い上げられているのが分かります。「I'm going for myself」流石の出来ですがサビが少し弱いかな。「Lovable girl」まずまずな出来。「Forgetting you」はゆっくりとしたテンポの作品。やはりオーティス・レデイングをサザンソウル寄りにした感じですね。「She's better than you」曲がイマイチとは思いますが歌だけを見たら完璧ですね。文句の付け用が無いくらいにしっかり頑張っています。ラストは「You've got my mind messed up」やはり完璧な出来だと思いますが、同じ曲をやってるクワィエット・エレガンスには負けますね。やっぱり色気が有った方が良いじゃない。

|

« 障害? | Main | Living In The Footsteps Of Another Man/The Chi-Lites »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 障害? | Main | Living In The Footsteps Of Another Man/The Chi-Lites »