« Coyboys To Girls/The Intruders | Main | (At Your Best) You Are Love/The Isley Brothers »

February 03, 2006

The Only Thing That Saved Me/O.V.Wright

o1973年のアルバム。
定評のある作品ですが個人的にはイマイチの印象が強いのですが.....。「I've Been Searching」ウィリー・ミッチェルのプロデュースで「Hi-サウンド」っぽい音ですが泥臭いという印象が強いですね。「Nothing Comes To A Sleeper」も同様ですが、聞いていてもツッコミどころが無いというかある意味完璧。でもつまらないのよね。結局ポップさとは縁のない作りの為でしょうかね。「The Only Thing That Saved Me」は鈍い重さのリズムがうねる様な感じで迫ってきて迫力のある感じです。「He's My Son (Just The Same)」どっしりとしたバラード。聞いていて物凄く落ち込みそうな感じ。「You Must Believe In Yourself」はアル・グリーンのリズミカルなナンバーを重くした感じ。「Lost In The Shuffle」もリズミカルなナンバー。派手さは全然無いですね。
B面1曲目は「I'd Rather Be Blind, Cripple, And Crazy」なんか楽器が足りない気がします。「Please Forgive Me」悪くはないのですが地味。「Are You Going Where I'm Coming From」単調な曲ですが結構味が有る様にも思えます。「Ghetto Child」は無茶苦茶落ち込みそうなバラード。「Memory Blues」もバラードタイプですが途中のギターソロが聞き物かな。ラストは「I'm Going Home (To Live With God)」リズムの良く効いた作品。
アルバム全体を聞き直してみていえるのは、正座するとか本気で向かえばこのアルバムの良さが分かると思います。どっぷり落ち込みたい時には最高でしょう。でも、あまり聞きたくないな〜。

|

« Coyboys To Girls/The Intruders | Main | (At Your Best) You Are Love/The Isley Brothers »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Coyboys To Girls/The Intruders | Main | (At Your Best) You Are Love/The Isley Brothers »