« Otis Clay-Live!その1 | Main | Otis Clay-Live!その2 »

February 13, 2006

The Language Of Love/The Intrigues

the_intriguesin_a_moment1990年に「Collectable」から出ているもの。アルバム「In A Moment」の再発かな?
「Moja Hanna」は古い感じがします。出来はイマイチか。「I Wish It Would Rain」どういう訳かテンプスのカバー。そんなに悪くはないですね。「Love Is Just Around The Corner」は早い話60年代のモータウンサウンドって感じ。「I Got Love」は古めのフィリーサウンドって感じ。「I Gotta Find Out For Myself」もアップテンポの作品。
B面1曲目は「In A Moment」軽快なナンバーでなかなかな出来。「Let's Dance」はギターの刻みが印象的なナンバー。素朴な感じが強いですね。「Light My Fire」はドアーズの曲でしたっけ?黒人のグループが取り上げるのは珍しい。「You Just Got To Believe It」は並み。「I'm Gonna Love You」は早めのテンポですがコーラス、リードともによく出来ていて良い感じですね。このアルバムのベストはラストの「The Language Of Love」で間違いないところ。完璧な出来ですが音が良くないんですが何故?

|

« Otis Clay-Live!その1 | Main | Otis Clay-Live!その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Otis Clay-Live!その1 | Main | Otis Clay-Live!その2 »