« Special Deals/整備済製品 | Main | Time Be My Lover/Harold Melvin & The Blue Notes »

February 24, 2006

Patches/Clarence Carter

clarence_carterpatches1970年のアルバム。
「Willie And Laura Mae Jones」はブルースの雰囲気が少々、どちらかというとノベルティタイプですね。「Say Man」もブルース風。「I'm Just A Prisoner (Of Your Good Lovin')」はピアノが印象的なリズミカルな作品。「Let It Be」何故かビートルズの作品。何処か悲し気な感じ。「I Can't Leave Your Love Alone」はミディアムテンポのサザンソウルらしい作品。良い感じですね。「Your Love Lifted Me」もミディアムテンポの作品。イマイチこなれてない感じ。
B面1曲目は「Till I Can't Take It Anymore」ストーリーが有りそうな感じで途中に語り入り、雰囲気は良いですね。「Patches」は名作中の名作でしょう。当時は全米で大ヒットでした。歌詞も歌もアレンジも最高です。当然歌もです。「Patches」が父親の事を歌った歌だとすると「It's All In Your Mind」はママの事を歌った歌のようですね。「Changes」はミディアム〜アップテンポの作品このアルバムの中では雰囲気が違いますが個人的には好きなタイプ。「C.C. Blues」はタイトルからしてブルース。ラストは「Getting The Bills (But No Merchandise)」早めのテンポの作品。

|

« Special Deals/整備済製品 | Main | Time Be My Lover/Harold Melvin & The Blue Notes »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Special Deals/整備済製品 | Main | Time Be My Lover/Harold Melvin & The Blue Notes »