« ウイルスバリア X4導入 | Main | The Language Of Love/The Intrigues »

February 13, 2006

Otis Clay-Live!その1

otis_claylive1978年に東京の虎ノ門ホールで行われたライブの録音盤。
二日間にわたるステージを2枚組にしたものです。記憶を辿ると2日目のステージには行っていた筈です。ブラザーが珍しく電話をしてきてチケットが入った....。で、会社を休んではるばる東京まで出かけました。会場では中央の右側で、10M程左斜め前には当時飛ぶ鳥を落とす勢いだったシャネルズ(?)も見ににきてましたね。
「Rehearsal;I Die A Little Each Day」は珍しいリハーサル風景を録音したもの。「I've Got To Find A Way (To Get You Back)」MCから始まって代表曲を短くリレー。その後曲に入ります。「I'm Qualified」はアップテンポの曲。まあ、この辺りまでは軽いジョブって感じかな。中盤からはライブらしくなってきます。あらあら、後半にはサム・クックの「Good Times」に成ってますね。おしゃべりの後は「Let Me In」雰囲気は切ない感じに聞こえますが途中のサックスソロも良い感じ。「Precious Precious」こう云った曲はライブ向きかな。「If I Could Reach Out (And Help Somebody)」リズミカルで手拍子にいかにも合いそうな感じ。「I Can't Take It」はブルース調ですがさすがにスリリングな感じはなんともいえませんね。途中にはマイク無しのところも聞かせてくれます。「Slow And Easy」リズムに身を任せられる感じはなんとも心地良いですね。これもまた好きな曲です。
後半に続く。

|

« ウイルスバリア X4導入 | Main | The Language Of Love/The Intrigues »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« ウイルスバリア X4導入 | Main | The Language Of Love/The Intrigues »