« That's Sweet Music/James Brown | Main | 殺人の脅迫を受けたラツィオのロティート(会長)がローマ検察へ(だそうで...) »

February 16, 2006

My Baby's Gone/Hitchhikers

Hitchhikers-Hitchhikers1976年のアルバム。
当時マニアの間では少しは話題になった筈。今となっては覚えていないな。「Free」いかにも歌えそうなリードボーカルですが少しだけで目立っているのは酷いコーラス。曲が悪い性でしょうね。「Rolling Dice」フィリー調のサウンドでまともなコーラスで出来は普通。「My Baby's Gone」はスローナンバー。僅かな出番のコーラスはちゃんとしてるし、リードはテディ・ペンダーグラス風サウンドはバリー・ホワイト、後半には語りまで入っていて良いところを寄せ集めた感じがしないでも無いですがまずまずの出来でしょう。「Don't Want To Live Without You」ここではコーラスが頑張っていますね。しかしリードとのバランスがわるいかんじです。また後半にはフージョンかと思う様なアレンジ。「You're Making A Big Mistake」はミディアムテンポのバラードと云ったところか。コーラスもなかなかイケてる感じ。一瞬期待するんですがやっぱりバランスが悪いな。
B面1曲目は「Music Fills Your Heart」これはファンキーなナンバー。中盤からの楽器のソロがこのグループをしっかり表しています。「Bad, Bad Girl」も同様でボコーダーまで...。こう云った曲の方が生き生きしてますね。「Love Keeps Knocking At My Door」は一転してファルセットリードです。残念なのは曲が単調な事。「Good Time Man」はファンクナンバー。ラストは「This Song's For You Mama」これはオーソドックスなバラードナンバー。

|

« That's Sweet Music/James Brown | Main | 殺人の脅迫を受けたラツィオのロティート(会長)がローマ検察へ(だそうで...) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« That's Sweet Music/James Brown | Main | 殺人の脅迫を受けたラツィオのロティート(会長)がローマ検察へ(だそうで...) »