« 旅の友 | Main | Youg Girls/The Isley Brothers »

February 06, 2006

I Can't Take It/Otis Clay

otis_clayi_cant_take_it1977年のアルバム。
「Pussy Footing Around」はアップテンポの作品でファンキーですね。ハイサウンドにしてはサラッとしてるかも。「Too Much Mystery」も軽快なナンバーで出来は並みかな。「I Can't Take It」はアルバムタイトルでブルース。流石の出来。ブルースがどうのこうのでなくやはり「Otis Clay」の実力の性でしょうね。「Home Is Where The Heart Is」はまずまずの出来。「I've Got To Find A Way (To Get You Back)」は速めのテンポ。
B面1曲目は「Slow And Easy」シャカシャカリズムが心地良い作品。ライブなんかではもっと良い味を出してますがこの曲の女性コーラスは最高です。「House Ain't A Home (Without A Woman)」は典型的なスローバラード。「Keep On Loving Me」なかなか良い感じ。ラストは「Born To Be With You」ミディアムテンポでよい味を出していますね。

|

« 旅の友 | Main | Youg Girls/The Isley Brothers »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 旅の友 | Main | Youg Girls/The Isley Brothers »