« I'm Willing/Lee Shot Williams | Main | 障害? »

February 27, 2006

Gladys Knight & the Pips-Anthologyその2

gladys_knight__the_pipsanthologyこの頃は既に移籍でモータウンを離れている頃ですかね。2枚組のため2回に分けます。2回目になります。

Side 3
「Friendship Train」はアップテンポの作品。曲の感じはブレイクした「Buddah」時代と同じですね。と同時にテンプス流ロックの感じもします。「Tracks Of My Tears」一転してさわやかな感じ。「You Need Love Like I Do (Don't You_)」もテンプス風。「Every Little Bit Hurts」はスローナンバー。まずまずな出来かな。「If I Were Your Woman」は大ヒット曲もう素晴らしすぎ。「I Don't Want To Do Wrong」も良い出来。この頃の完成度は凄いです。
Side 4
「Make Me The Woman That You Go Home To」はミディアムテンポ。流石の歌いっぷり。コーラス隊のサポートもしっかりしています。「Help Me Make It Through The Night」は珍しく語り入り。良く聞いていたつもりだったのにすっかり抜け落ちていたな〜。それともっとテンポが速い記憶だったのに.....。「For Once In My Life」おなじみのスティービー・ワンダーの曲ですがゆっくりとしたテンポで別の曲のように聞こえます。「Neither One Of Us (Wants To Be The First To Say Goodbye)」これまた素晴らしい出来で「If I Were Your Woman」と甲乙付け難い位のお気に入りです。しっとりとした大人の女性シンガーの歌いっぷりに惚れます。ラストはアップテンポの「Daddy Could Swear, I Declare」スローが凄すぎてから目の評価になちゃう事を考えると出来はまずまずかな。


Gladys Knight & the Pipsの「Buddah」時代のディスコグラフィーはこちら

|

« I'm Willing/Lee Shot Williams | Main | 障害? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« I'm Willing/Lee Shot Williams | Main | 障害? »