« You're What's Missing In My life/G.C.Cameron | Main | Love, Love, Love/The Impressions »

January 21, 2006

zouky's select #14

hide_and_seek以前こちらでもコメントをいただいたP5さんたちが行われているセレクト交換のzoukyさんのzouky's select #14を聞かせていただけましたので感想を書いておきます。

1-大好きなシャツ/渡辺満里奈
学芸会レベルの歌は予想通りですがそれなりに好感がもてます。しかし何か聞いていても恥ずかしい気がします。演奏はある意味完璧かも、しかし終わりのおまけ部分のほうに惹かれるのは何故?
2-YOU DIDN'T LOVE ME THEN/HIT PARADE
「どこか郷愁を誘うメロディは青春期の.....」正にそんな印象。「85年のイギリスのギターポップバンド」って、イギリスではとっくに絶滅した(?)と思っていた音で、そうしてみるとイギリスの曲と云っても紹介されていない曲が多いのだと改めて実感しました。
3-ARE YOU LONELY ?/SISTERS LOVE
コーラス、曲調、アレンジとかなりポップな作りですが何故かリードだけがディープというか、正統派レディソウルという印象。後半に進むに従っての盛り上がりからもかなりの力量が認められます。ポップとディープの競演というバランスを見ても珍しい作りですね。一言で云えば完璧。
4-HIDE AND SEEK (PT.1)/NATURAL EXPERIENCE
スィートの名盤の一枚。かなりドラマチックな作りの筈なのに印象としては曲が平坦な感じなんでのめり切れない気がします。zoukyさんが書かれている「淡白な持ち味」ってこのことか。
5-SILENT EVE/JUPITER PROJECT
リズムはレゲエですが、確かにハウス系の印象。隙の無いサウンドで個人的には疲れる気がします。クリスマスソングの様ですが受ける印象はフランスっぽい感じ。このセレクト全体を聞いてもzoukyさんの好みはフランスっぽい音の気がします。
6-SELLIN' COCAINE AS USUAL/YOUNG "D" BOYZ
ラップ色が強くなってからは追い切れなくなっていましたが流石フラミンゴ・テリーの選曲。「せつなくも甘く危険な香り」の通りの印象です。
7-6,SIX STREET/LOUISA MARKS
レゲエの中でも甘くて優しい音は歓迎です。後半のダブ部分に関してはソウルでも似た音が使われている事が有りますが、リラックスした状態で聞くにはこちらの方が良いかも。
6-GETTING CLOSER/COCOA TEA
雰囲気からサム・クックを思い出しました。細かいところでは女性ボーカルとか色々気に入らないところは有るのですが、何回か聞いてみるとレゲエですからゆったりと気に入った歌だけ聞いていれば良いかと納得。
7-EVANESCENCE/MADJUMBE
フランス語なんですかね?「ボサノヴァ風味のジャジーで軽いタッチの曲」そのままの印象ですね。予想した音とだいぶ違った。
8-SUBLIME/ERIC VIRGAL
夏になってから聞いてみたい。
9-感情線/黒木真由美
10-LUI-LUI/太川陽介
都倉俊一って自分には合わない気がします。

ソウルの3.4は別として、6.7.8が好印象。
6の系統は手を出さない様にしておこう。また泥沼にハマりかねないから。7.8はベスト盤あたりは良いかも。

|

« You're What's Missing In My life/G.C.Cameron | Main | Love, Love, Love/The Impressions »

Comments

とても細かな感想どうも有難うございました。

>>NATURAL EXPERIENCE

画像あり、ということはお皿お持ちということですか?凄いですね。画像拝借させてもらっていいですか。「淡白な持ち味」なのでこれもセレクト界隈では受けはいまひとつでしたね。狂気乱舞される方が出ると思ってたのですが、、、。

>>GETTING CLOSER/COCOA TEA
>>雰囲気からサム・クックを思い出しました。

サムクックと来ましたか。私はアーロンネヴィルとかその辺りの感想がくるかと思ってましたが。この曲もセレクトではほとんど反応なしでした。DEEPソウルもっともDEEPソウル好きな方に向けて入れた曲なので、こうしてアドヒスタさんに気に入ってもらえたのでかなり満足です。

ギャングスタラップはDEEPソウルよりも受けが良さそうなのでこれからもセレクトに使っていこうと思います。

どうも有難うございました。

Posted by: zouky | January 21, 2006 at 11:06 PM

こちらこそ、ありがとうございました。

>とても細かな感想...

書き始めてから他の方の感想を見て、しまったと思いました(笑)

>画像あり、ということはお皿お持ちということですか?凄いですね。画像拝借させてもらっていいですか。

どうぞ御使いください。私も最初は画像が無くて探すのに大変でしたから、いっそのこと持っているものはブログで提供しようと考えています。
ただし画像は裏表間違えて「pt.2」の方になっていますのでご注意ください。シングルの裏表はかなり大変なのでどうしようか悩んでいます。

>サムクックと来ましたか。私はアーロンネヴィルとかその辺りの感想がくるかと思ってましたが。

節回しというか所々にチラチラしてます。アーロン・ネヴィルはロック寄りの印象が有ってスルーしてます。また曲自体がシンプルなので味わいまではなかなか分かりにくいかとも思います。

Posted by: アドヒスタ | January 22, 2006 at 06:38 AM

>>>とても細かな感想...

>>書き始めてから他の方の感想を見て、しまったと思いました(笑)

いえいえ、とても細かな感想頂けると嬉しいという意味です。最近あっさりとしたものに慣らされてしまい久々に良かったです。私自身、あまり良く感じない音楽はコメントしようがないですから、そういうときはすまなく感じますよ。濃いコメントはディープ、甘茶ソウル系の伝統ですかねえ。

Posted by: zouky | January 22, 2006 at 11:17 PM

>濃いコメントはディープ、甘茶ソウル系の伝統ですかねえ。

好きなジャンルは間違いなく甘茶ソウル系ですね。しかし出来不出来の差が激しくて......。ディープ系は良いものも多いのですが気合いを入れないとうざいだけだったりしますから。それ以外は基本的に良いか悪いかだけの判断ですから3.4.を除けば
「ELLIN' COCAINE AS USUAL」「6,SIX STREET」「GETTING CLOSER」がOK。「感情線」「LUI-LUI」が.....。

SANTANAの「Black Magic Woman」で有名なアルバム「ABRAXAS」はヘルマン・ヘッセの「デミアン」に出てくる神の名前から取られたものですが、
この小説の中に好きな音楽について主人公が説明する場面が有ります。
「人間がその音楽で天国や地獄を揺さぶる事の出来る様なものが好き」
と云った内容を話をしていますが、自分も30年以上にわたってそういったものを追いかけてきたつもりです。もちろん今後も。

Posted by: アドヒスタ | January 23, 2006 at 06:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« You're What's Missing In My life/G.C.Cameron | Main | Love, Love, Love/The Impressions »